FC2ブログ
■ 超高層ビル 東京都 - 1ページ目24 - 超高層ビル・都市開発研究所

南池袋二丁目C地区再開発

南池袋二丁目C地区は東京都豊島区南池袋のとしまエコミューゼタウン東側で計画されている再開発で、51階建て、高さ190mと185mの超高層ツインタワーマンションや商業施設を含む大規模複合施設が建設される計画です。タワーマンションの総戸数は約1450戸、全体の竣工は2024年度が目標とされています。◆参考資料、引用元豊島区 市街地再開発事業(南池袋二丁目C地区)豊島区 南池袋二丁目C地区地区計画・市街地再開発事業 ​南池袋二丁...
  •  18, 2019 12:30
  •  0

パークコート乃木坂 ザ タワー

パークコート乃木坂 ザ タワーは東京都港区南青山で建設中の25階建て、高さ89.29m、総戸数88戸のタワーマンションで、1978年竣工の乃木坂ナショナルコートマンションの建て替えとなります。◆過去の記事→2015年月22日投稿 (仮称)乃木坂ナショナルコートマンション建替え計画 →2017年12月13日投稿 パークコート乃木坂 ザ タワー→2018年9月6日投稿 パークコート乃木坂 ザ タワー■概要・名称  パークコート乃木坂 ザ タワー・計画...
  •  17, 2019 18:35
  •  0

日本橋室町一丁目地区 再開発

日本橋室町一丁目地区は東京都中央区日本橋室町の日本橋室町162ビルや山本ビルなどのある街区で計画されている再開発で、A街区では36階建て、高さ180mの超高層ビルが建設される計画となっています。低層階に店舗やライフサイエンス産業支援施設、中層階をオフィス、上層階に住宅を配置する計画で、国際競争力の高いライフサイエンスビジネス拠点を形成することを目的として国家戦略特区に認定されています。◆参考資料、引用元建設...
  •  17, 2019 12:30
  •  0

東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業)A棟

東京駅前常盤橋プロジェクト(大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業) は東京都千代田区大手町、東京都中央区八重洲の東京駅日本橋口前で行われている大規模複合再開発です。合計4棟のビルが建設され、うち2棟は高さ100m以上の超高層ビルとなります。A棟は2021年4月末竣工予定、地上40階、地下5階建て、高さ212mの超高層ビル、B棟は2027年度竣工予定、地上61階建て、地下5階建て、高さ390mとなり、B棟は日本一の高さを誇...
  •  16, 2019 18:30
  •  0

大崎ガーデンレジデンス

大崎ガーデンレジデンスは東京都品川区西品川の東海道新幹線と湘南新宿ラインで囲まれた場所に建つ23階建て、高さ82.59m、総戸数423戸のタワーマンションで、フロントサービスや各階ごみステーションなどを完備した住友不動産の都心居住型高級賃貸マンションです。◆過去の記事→2016年6月4日投稿 西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)■概要・名称  大崎ガーデンレジデンス・計画名 西品川一丁目地区第一種市街地再開発...
  •  14, 2019 12:35
  •  0

八重洲一丁目北地区 再開発

八重洲一丁目北地区は東京都中央区八重洲の新呉服橋ビルとTGビルの建つ街区で計画されている再開発で、45階建て、高さ235mの超高層ビルが建設される計画となっています。フロア構成は低層階に店舗、中層階にホテル、上層階を事務所とする計画で、ビジネスサポート機能なども配置する計画です。また、日本橋川沿いの北街区は2030年度に既存建築物の解体、除去を開始し、地下に首都高を整備したのち、地上2階、地下1階建て、延床面積...
  •  12, 2019 12:40
  •  0

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事 A-1街区

八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業新築工事 A-1街区は東京都中央区八重洲で建設中の45階建て、高さ240mの超高層ビルです。国際空港や地方都市を結ぶ大規模バスターミナルの整備や東京駅と周辺市街地等を結ぶ、地上・地下の歩行者ネットワークの整備、区立小学校の整備が行われます。また、日本橋エリアで進められているライフサイエンスビジネス拠点と連携したビジネスサポート施設を整備することで、国際競争力を高める都...
  •  11, 2019 06:45
  •  0

住友不動産大崎ガーデンタワー

住友不動産大崎ガーデンタワーは東京都品川区西品川の東海道新幹線と湘南新宿ラインで囲まれた場所に建つ24階建て、高さ114.12mの超高層ビルで、2000年以降建てられた都心オフィスビルの中では4番目の大きさを誇る、1フロア5,485㎡もの広さが確保されたオフィス空間が特徴的です。◆参考資料、引用元総延床面積約 22 万㎡の大規模複合開発の中核となる 都内最大級の基準階面積5,485㎡超、大崎エリア最大の賃貸オフィスビル 「住友...
  •  10, 2019 12:50
  •  0

新呉服橋ビル

新呉服橋ビルは東京都中央区八重洲に建つ21階建て、高さ106.56mの超高層ビルで、1977年竣工当時は東京都中央区内で最も高い超高層ビルでした。当時の安田信託銀行(現・みずほ信託銀行)の創業50周年事業として建設され、現在でもみずほ信託銀行の本店が置かれています。■概要・名称  新呉服橋ビル・計画名 ---・name  shingohukubashi building・中文名 新吴服桥大厦・所在地 東京都中央区八重洲1丁目2番1・階数  地上21...
  •  09, 2019 11:05
  •  0

日本橋室町三井タワー (COREDO室町テラス)

日本橋室町三井タワーは、日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区として、東京都中央区日本橋室町で建設中の26階建て、高さ142mの超高層ビルで、「日本橋三井タワー」北側の一帯の再開発プロジェクトです。日本橋室町三丁目地区第一種市街地再開発事業A地区では鹿島建設が開発した「HiDAX-R (Revolution)」という振動エネルギー回生システムに変換する制震ダンパーを世界で初めて導入している点が特徴的です。◆参考資料...
  •  07, 2019 06:45
  •  0

ミュージアムタワー京橋

ミュージアムタワー京橋は東京都中央区京橋で建設中の23階建て、高さ149.22mの超高層ビルで、京橋一丁目東地区 A街区の再開発として、永坂産業が事業主体となり建設が進められています。元々この地に建っていたブリジストン美術館はアーティゾン美術館(ARTIZON MUSEUM)と名を変え、低層部分に入る計画です。◆参考資料、引用元戸田建設 京橋一丁目東地区における都市計画の決定について ◆過去の記事→2017年6月3日投稿 京橋一丁目...
  •  05, 2019 19:08
  •  0

住友不動産秋葉原駅前ビル

住友不動産秋葉原駅前ビルは東京都千代田区のJR秋葉原駅北東側で建設中の21階建て、高さ111.99mの超高層ビルで、中間免震構造を採用したオフィスビルとなります。■概要・名称  住友不動産秋葉原駅前ビル・計画名 神田練塀町地区第一種市街地再開発事業 施設建築物建築計画・name  Sumitomo Real Estate Akihabara Ekimae Building・中文名 住友房地产秋叶原站前大楼・所在地 東京都千代田区神田練塀町1番他・階数  地上21...
  •  05, 2019 13:04
  •  0

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業

浜松町二丁目地区第一種市街地再開発事業は東京都港区浜松町の世界貿易センタービル南西側で計画されている再開発事業で、47階建て、高さ190mの超高層ビルの建設が計画されています。都市再生特別地区の指定を受けている隣接街区とともに、東京の玄関口である浜松町駅のポテンシャルを活かしながら、利便性の高い国際性豊かなにぎわいある複合市街地の形成を進めるものとされています。◆参考資料、引用元東京都 浜松町二丁目地区第...
  •  03, 2019 18:03
  •  0

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画

(仮称)千代田区飯田橋四丁目計画は東京都千代田区飯田橋で建設中の24階建て、高さ82.00m、総戸数99戸のタワーマンションで、建築主がミサワホームとトヨタホーム、設計施工が淺沼組のタワーマンションとなります。◆参考資料、引用元千代田区建築物環境計画書制度環境評価書(住宅)■概要・名称  (仮称)千代田区飯田橋四丁目計画・計画名 (仮称)千代田区飯田橋四丁目計画・name  (Tentative name) Iidabashi 4-chome plan, Chi...
  •  02, 2019 18:27
  •  0

(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物

(仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物は東京都新宿区本塩町の四ツ谷駅北西側で建設中の31階建て、高さ144.68mの超高層ビルで「財務省公務員宿舎」や「旧四谷第三小学校」跡地、周囲の雑居ビル等の跡地を再開発されて建設されます。◆過去の記事→2016年11月12日投稿 (仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物■概要・名称  (仮称)四谷駅前地区第一種市街地再開発事業施設建築物・name (Tentative name) ...
  •  01, 2019 17:00
  •  0