FC2ブログ
リニア中央新幹線名古屋駅  リニア駅周辺まちづくり西地区 - リニア中央新幹線 工事進捗

リニア中央新幹線名古屋駅  リニア駅周辺まちづくり西地区

  •   27, 2017 15:59
  •  0
  •  0
2027年にリニア中央新幹線が品川から名古屋間を最速40分で結ぶ計画となっています。
リニア中央新幹線名古屋駅直上は東西ともに広場が整備される計画で、現在の災害時の一時退避やイベントなどに利用できるオープンスペースの少なさも解消される見込みです。
名古屋駅西側、通称太閤通口、駅西地区では駅に繋がる貴重な大空間として、イベントなどの多様な活動により、周辺から多様な人々が集まり、にぎわいの核となる交流空間を目指すものとされています。




◆参考資料、引用元
名古屋市 リニア中央新幹線の開業を見据えた都心まちづくり




参考資料から拝借した西地区の計画図です。
現在の河合塾のある付近から南西方向へリニア中央新幹線名古屋駅が地下にでき、地上部分には広場が整備されます。
また、名古屋駅前は「広場と一体になった顔づくり」としてまちづくりが行われ、名古屋駅西銀座通商店街など駅・広場・まちをつなぐ賑わいの軸が広がっていきます。
20170827150640143.jpg






20170827152232988.jpg




リニア中央新幹線名古屋駅の工事は既に始まっており、バスターミナル北側では仮囲いもされ、工事が行われています。
また、バスターミナルも工事に伴い、一部閉鎖や移転が行われています。
20170827150632717.jpg




駅西の椿町北交差点です。
名古屋駅から駅西の電気店やアニメ、ゲーム関連の店舗、予備校などへ行くため、多くの人で行き交っていますが、車社会愛知と呼ばれるだけあり、名古屋駅までわざわざ自家用車で来るような人もおり、また景気改善によって急増するタクシー需要にも耐えられずご覧の状況になっている場合もあります。まるで高度成長期の東京のようですね。
再開発により、歩車分離を行う必要があり、警察などによる自動車の規制や誘導による歩行者保護も必要かと思います。
20170827150645172.jpg




名古屋駅西側は「夜の街」としても機能しているようですが、栄近隣の「錦」などに比べるとそういったお店も少なく感じます。
名古屋は東京ほど街の色がはっきりと出ていないので、しっかりと整備された場所は整備し、カオスな場所は混沌とした雰囲気が出ると、街に魅力が出てくることでしょう。
個人的には駅西よりも知立の方がディープで怪しげな雰囲気があるのかなと思います(そういった店には入ったことがまるで無いので、街並み的な意味合いです)。
20170827150649167.jpg





話を戻しまして、更に西へ進みます。
既にリニア中央新幹線名古屋駅予定地として虎柵や仮囲いで囲われ始めています。
付近は住宅街で、駅に近い立地を活かせておらず、商業地としても機能していませんでした。
20170827150653368.jpg





椿神明社西側まで仮囲い設置が行われています。
奥には名古屋駅前の超高層ビル群があり、ここには広場が駅へ向かって整備されます。
20170827150658592.jpg





椿神明社です。
駅から近く、観光スポットにして人の往来ができると良いですね。
現代はパワースポット巡りなども流行っていますし、インスタ映えする写真も神社仏閣では撮れると思うので、今後の動向に注目です。
20170827150704017.jpg





駅西地区ではホテル建設が盛んに行われています。
名古屋駅周辺ではオフィス需要が伸び、他都市や国外からもビジネスなどで訪れる人が多くなり、ホテルが不足気味となっているようです。
リニア中央新幹線が開通したとしても東京や大阪以外の都市からは、宿泊を伴う出張や観光などが必要になってくる場合もあると思うのでホテルの供給増は必須です。
20170827150708921.jpg





名古屋駅太閤通口目の前です。
現在は雑居ビルが建ち並んでいますが、駅西地区のランドマークであり、核となる超高層ビルが欲しいところですね。
セントラルタワーズのような巨大な建物にできるかはわかりませんが、新幹線で名古屋についた際、超高層ビルが駅前に見えないので地方都市っぽさがどうしても出てしまい、そうした景観面での都市化も図っていって欲しいものです。
20170827150721212.jpg

整理番号 リニア中央新幹線 工事進捗0004-01

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment