FC2ブログ
横浜市市庁舎移転新築工事 - 横浜市

横浜市市庁舎移転新築工事

  •   13, 2017 07:03
  •  0
  •  0
横浜市市庁舎移転新築工事は神奈川県横浜市中区本町で建設中の32階建て、高さ155mの超高層ビルで、市役所執務室や議場、商業施設などが入る計画となっています。

フロア構成は地下が駐車場、1から3階は商業施設、3階にグランドロビーと総合受付、3階から8階は議場となっており、8階より上は市役所が入ります。
ちなみに31階にあるレセプションルームはパーティー等も開ける大きな部屋となる模様です。




◆参考資料、引用元
横浜市 新市庁舎整備について




◆過去の記事
→2017年3月5日投稿 横浜市市庁舎移転新築工事












■概要
・名称  横浜市市庁舎移転新築工事
・所在地 神奈川県横浜市中区本町6丁目50番地10
・階数  地上32階、地下2階建て
・高さ  155.4m
・構造  鉄骨造 (コンクリート充填鋼管造)、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 13,155.38㎡
・建築面積 約8,080㎡
・延床面積 140,700㎡
・着工  2017年8月1日
・竣工  2020年5月29日
・建築主 横浜市
・設計  竹中工務店
・施工  竹中・西松建設共同企業体
・最寄駅 馬車道、桜木町
(2016年9月7日撮影)






建築計画の概要板です。









南側から見た建設中の横浜市市庁舎移転新築工事の様子です。
建物東側にはみなとみらい線の馬車道駅へ通じるアトリウム空間が整備されるようです。










仮囲いの覗き窓から中を見ると、基礎工事や杭・構真柱工事を行っていることがわかります。
全てで約120本の杭が打ち込まれる計画で、杭を打ち込んだ後で地上階と地下階を同時に施工する逆打工法が採用されています。







仮囲いに貼られていた北西側の外観完成予想図です。
手前側、低層階には店舗などの商業機能が入る計画となっています。
壁面緑化や角ばったガラス張りの窓など、特徴的な外観ですね。


整理番号B-0495-02

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment