FC2ブログ
ヒルトン福岡シーホーク - ■ 超高層ビル 福岡県

ヒルトン福岡シーホーク

  •   27, 2017 08:01
  •  0
  •  0
ヒルトン福岡シーホークは福岡県福岡市中央区の福岡湾に面した地行浜に建つ36階建て、高さ142.25mの超高層ホテルで、コンベンションシティーとして計画されたホークスタウンの福岡ドームに続く2番目の施設として国際コンペが行われ、シーザーペリ&アソシエーツと竹中工務店の設計した船型形状のデザインをした現在のホテルが建設されました。




◆参考資料、引用元
http://www.jma.co.jp/jp/projects/seahawk-hotel-resort-former-name/





DSC08912.jpg






■概要
・名称  ヒルトン福岡シーホーク
・所在地 福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2番3
・階数  地上36階、地下2階建て
・高さ  142.25m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 21,927.30㎡
・建築面積 ---
・延床面積 140,910.00㎡
・着工  1992年12月
・竣工  1995年3月
・建築主 福岡ダイエー・リアル・エステート
・設計  シーザーペリ&アソシエーツ、竹中工務店
・施工  竹中工務店、前田建設工業、イチケン共同企業体
・最寄駅 唐人町
(2016年12月30日撮影)













南西側から見上げたヒルトン福岡シーホークです。
ヒルトン福岡シーホークはペトロナスツインタワーやワールドファイナンシャルセンターなど、様々な超高層ビルや大規模建築物の設計を手がけたアメリカの有名建築家「シーザーペリ」の設計で、日本国内では他にあべのハルカスや愛宕グリーンヒルズなども手掛けています。









南東側から見上げたヒルトン福岡シーホークです。
外観デザインは都市型リゾートホテルをコンセプトに、博多湾に漕ぎ出す巨大な船をモチーフとしているようです。







西側から見たヒルトン福岡シーホークです。
今まで名称が何度か変わっており、1995年4月28日に「シーホークホテル&リゾート」の名称で開業したのち、2005年3月1日に「JALリゾートシーホークホテル福岡」に変更、2010年6月1日から現在の名称に変更されています。









低層部分の様子です。
貝をイメージしたものでしょうか、複雑な形状をしたドーム形状の天窓が特徴的です。








頂部の様子です。
建物南側屋上に着陸可能なヘリポートが設置されています。








福岡タワー展望台から見たヒルトン福岡シーホークです。
福岡湾に面した立地で、シーサイドももち海浜公園の砂浜も目の前です。
右側に大きな更地が見えますが、そちらは「ホークスタウンモール跡地複合再開発計画」で、2018年秋に大規模商業施設の「MARK IS 福岡ももち」がオープン、2018年から2020年にかけて28階建ての超高層ツインタワーマンションも建設されます。
→2017年2月3日投稿 ホークスタウンモール跡地複合再開発計画 共同住宅棟
DSC09073.jpg



整理番号B-0558-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment