FC2ブログ
KiTARA (パークタワー豊田) - 豊田市

KiTARA (パークタワー豊田)

  •   05, 2017 11:44
  •  2
  •  0
KiTARA (パークタワー豊田)は愛知県豊田市喜多町で建設中の26階建て、高さ84m、総戸数161戸のタワーマンションで、再開発計画地には西側に複合映画館や商業施設の入る商業・業務棟、敷地中央には高齢者施設棟、屋上緑化や屋上菜園も設置される予定です。
豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業はA棟(商業・業務棟、高齢者施設棟)、B棟(住宅棟)、C棟(山車蔵)、D棟(駐車場棟)の4つの棟から構成され、パークタワー豊田はB棟住宅棟にあたります。※D棟駐車場棟に駐車スペース

現在、建物は竣工しており、周辺の外構整備や内装関連の工事を行っています。
また、KiTARAの開業は2017年11月25日となっています。




◆参考資料、引用元
豊田市駅前通り北地区再開発組合






■過去の記事

→2014年10月29日投稿 豊田市駅前通り北地区第一種市街地再開発事業
→2015年7月17日投稿 パークタワー豊田
→2015年10月17日投稿 パークタワー豊田
→2016年1月13日投稿 パークタワー豊田
→2016年6月15日投稿 パークタワー豊田
→2016年10月29日投稿 パークタワー豊田
→2017年4月30日投稿 KiTARA(パークタワー豊田)




DSC09293.jpg







■概要
・名称  KiTARA (パークタワー豊田)
・所在地 愛知県豊田市喜多町1丁目150番、2丁目170番、3丁目120番
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  84m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 161戸(分譲戸数157戸、権利者住戸4戸、他に店舗事務所2区画)
・敷地面積 8101.02㎡
・建築面積 883.23㎡
・延床面積 17934.47 ㎡
・着工  2014年度
・竣工  2017年9月下旬
・建築主 豊田市駅前通り北地区市街地再開発組合(住宅部分:三井不動産レジデンシャル)
・施工  大成建設、神谷組
・最寄駅 豊田市、新豊田
(2017年10月31日撮影)


















南西側、豊田市駅のペデストリアンデッキを降りた所から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
DSC09264.jpg




再開発街区全体の施設名称が「KiTARA(キタラ)」に決定し、ロゴが取り付けられています。
ロゴは、再開発ビルは3棟の建物と間にある2本の通り抜け空間で構成されていることを一筆書きで表現したものだそうです。
「KiTARA(キタラ)」は建設地の地名である喜多町や気軽に来訪を呼びかける「来たら?」の言葉の響きを含んでおり、「新鮮で、親しみやすい」との評価で、470件の中から選ばれたようですね。

今回は黒一色でロゴが描かれていましたが、以前は緑やオレンジ色も使われていたような気がします、、
今後とそうされるのか、変更になったのか勘違いなのかよくわかりません。
DSC09274.jpg






敷地西側には「商業・業務棟」の5-8階にはシネマコンプレックスの「イオンシネマ豊田KiTARA」が入り、計9スクリーン、1,138席の座席数となります。

近隣には日進市赤池に11月24日に開業する「プライムツリー赤池」にも10スクリーン、約1700席の映画館「TOHOシネマズ赤池」ができ、隣接する長久手市にもイオンシネマ長久手、みよし市にはMOVIX三好、岡崎市には複数の映画館があり、安城、刈谷にもあります。
愛知県東部は映画館の大戦乱状態となっている状況で駅前、駅直結という点がここの利点ですね。

残る隣接自治体で映画館が無いのは瀬戸市のみで、顧客獲得競争の中で愛環一本で豊田市へ出られる瀬戸市の顧客をどう取るかですね。
20171105103354844.jpg




「商業・業務棟」と「高齢者施設棟」の間にはデッキが渡され、2階レベルでも行き来ができるようになります。
20171105103404262.jpg







敷地中央の「高齢者施設棟」です。
特別養護老人ホームや介護付き有料老人ホームなど計160室が入ります。
木目調の格子や低層部分の外壁が特徴的で美しいですね。
バルコニーの手すりも半透過型ガラスパネル手摺りで、プライバシーを守りつつ、明るい室内空間が実現できていそうです。
20171105103357298.jpg





高齢者施設棟1-2階には商業施設が入るようで、1階にはバー?のようなものが入るのか赤いお洒落な扉が取り付けられていました。
20171105103359741.jpg




南西側から見た住宅棟のKiTARA(パークタワー豊田)です。
駅前立地でありながら自走式駐車場が住戸比約120%確保されており、自動車保有率の高い豊田市で住みやすく生活しやすいマンションとなっています。
半透過型のガラス手摺りのバルコニーが連続しており、角はL字型の大型窓が取り付けられています。
20171105103402113.jpg





北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
世界のTOYOTAのある豊田市らしく、駅前であってもこれだけ巨大な駐車場が整備されています。
中にはトヨタの高級車、レクサスやクラウン、ランドクルーザーが並ぶのでしょうか。
DSC09299.jpg





北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
住宅棟は黒と白のコントラストが美しく、エレベーターと階段部分の垂直移動部分が黒色で遠くから見ると黒の立てラインが目立ちます。
環境対策が重視されており、屋上緑化や太陽光パネル設置のほか、ドライミストによる気化熱で周辺気温低下に貢献するクールスポットを取り入れたり、「MEMS」と呼ばれる各邸のエネルギー使用量を確認でき、IT制御できるシステムが採用されているようです。


また、KiTARA(パークタワー豊田)の東側の通りは「ひまわり通り商店街」となっており、こちらの商店街にどう人を流すかが課題です。
DSC09308.jpg






北東側から見たKiTARA(パークタワー豊田)です。
映画館のある「商業・業務棟」の北側外壁が窓の無い真っ白な壁ですが、もう一つ北側の街区も再開発の話が進んでいるのでしょうか。
20171105103406513.jpg







北側では街路整備が進みます。
20171105103408668.jpg






KiTARA(パークタワー豊田から名鉄豊田線豊田市駅へペデストリアンデッキで接続される計画で、ペデストリアンデッキを通じて松坂屋や愛環新豊田駅まで行くことができるようになります。
20171105103411938.jpg





南側の歩道も以前に比べて広くなり、新たに整備されています。
おいでん祭りなどの際に、屋台を並べることができるくらいの余裕はありそうですね。
20171105103414611.jpg






「市駅」こと、豊田市駅のデッキです。
今後ここからペデストリアンデッキを延伸するものと思われます。
20171105103430504.jpg






再開発の次は駅前広場を整備するのか、豊田市駅前にこのような完成予想図が掲示されています。
20171105103351848.jpg






豊田市駅前から見たKiTARA(パークタワー豊田です。
豊田市駅前に新たに豊田市内最高層の超高層マンションができ、映画館も入る都市型商業施設ができたことによって豊田市の都会化が一気に進みました。
次回は開業後に訪れようと思います。完成が楽しみですね。
DSC09258.jpg


整理番号B-0233-07
スポンサーサイト
広告

2 Comment

天白区の人  

No title

緑区にあるイオン大高に併設されている映画館(イオンシネマ大高)も競合する映画館になりそうです。
以前はMOVIX三好とイオン大高くらいしか大きな映画館がなかったですから。
昨年のイオン長久手開業あたりから急激に映画館が増えてきました。
プライムツリー赤池の開業日(11月24日)から1日ずらしたのは、同じ国道153号線沿線で客の取り合いになるのを避けたかったからなのかもしれませんね

2017/11/05 (Sun) 15:13 | EDIT | REPLY |   

-  

Re: No title

仰る通り、ここ数年で映画館が急激に増えていますが、競合しないか心配ですね。
ただ、人口10万規模でも映画館のない市もあるのでそういった場所は拠点駅前に映画館があればと思います。

2017/11/07 (Tue) 09:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment