FC2ブログ
仙台市営地下鉄東西線荒井駅 駅デザイン - 鉄道-(高架化事業・駅整備・新駅)

仙台市営地下鉄東西線荒井駅 駅デザイン

  •   10, 2017 15:00
  •  0
  •  0
仙台市営地下鉄東西線は2015年12月6日に開業した、宮城県仙台市太白区の八木山動物公園駅から若林区の荒井駅の全長14.38kmを結ぶ、仙台市交通局の地下鉄路線です。
現在建設中の福岡市営地下鉄七隈線を除くと、日本で最も新しい地下鉄路線となります。
今回はその仙台市営地下鉄東西線の東端駅「荒井駅」の駅デザインについてまとめます。



◆参考資料、引用元
一般社団法人 日本地下鉄協会
仙台市交通局
仙台市地下鉄 駅別乗車人員の推移




荒井駅(あらいえき)は、宮城県仙台市若林区荒井字沓形に位置し、駅舎は地上3階、地下1階建て、延べ床面積は6,150㎡、1面2線のホームを持つ駅となっています。
改札・コンコースが地上1階に、ホームが地下1階にあり、駅南側にバスプールを併設した駅前広場が整備されているほか、駅舎内には東北地方太平洋沖地震によって引き起こされた東日本大震災の仙台市内の被害を後世に伝えるため「せんだい3・11メモリアル交流館」や保育園が併設されています。

ちなみに一日平均乗降客数は4,622人(2016年)となっており、計画段階での一日平均乗降客数見込み約8,912人(乗車人員は4,456人)と比較すると、現段階では計画の約半分の乗降客数となっています。
20171209103756893.jpg





荒井駅の外観デザインは金属とガラス、そして黒色に塗装されたパネル部分がうまく調和したモダンなデザインです。
将来的には壁面緑化もされていくのか、一部には写真のような壁面緑化の赤ちゃんのような状態の植物がありました。
これから乗降客数の増加や駅の成長と共に植物も育っていくことでしょう。
20171209103506686.jpg






荒井駅のコンコースの様子です。
木目調パネルを格子状、ランダムに配置した天井がとても格好良く、美しいですね。
壁面も黒、白のコントラストが効いてるほか、木目の横長格子も設置されており、和モダンな空間です。
20171209103458544.jpg






改札口の様子です。
改札機もブルーのLEDライトが美しく、近未来的でした。
壁面や壁などが美しいため、若干照明の照度を落としても見劣りせず、むしろ案内板も見やすく、木目調の壁面が高級感を出していました。
改札の奥に大きなガラス窓もあるので自然の光も入り、地上に上がってきたという感覚になることから空間的に非常に良い設計でした。
DSC08385.jpg






誰もいなかったのでエスカレーターを下から見上げてみました。
壁面は「打消しの色」である黒一色に塗装され、エスカレーター壁面の金属部分が一直線に地上へ伸びる様子が、強調されていました。
20171209103456303.jpg






ホームです。
ホームは一般的な幅で、天井の明るい若草色や間接照明が良い雰囲気でした。
20171209103306233.jpg




ベンチも木目調のものでした。
床タイルはグレーの落ち着いた色のタイルで、奥の壁は黒色のパネルでした。
ベンチ周辺は若干暗めでしたが、この駅は照明に何かのこだわりがあるのでしょうか。演出が上手いので色々と気になります。
20171209103302952.jpg






奥の黒色の壁に、白色で目立つホームドア壁、オレンジ色(八木山動物公園方面が黄緑色)のホームドア扉がアイストップになります。
20171209103309095.jpg





地上に戻り、こちらは併設されている「せんだい3・11メモリアル交流館」です。
2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災に関連する資料が展示されています。
東日本大震災から何年も経ちましたが、当時中学3年で高校受験を終えたその日、東北地方で発生したマグニチュード9の地震は自分の住んでいた愛知県までも震度4で激しい揺れが何分間も続き、更にはテレビで大津波の様子、煙を出す原子力発電所の様子が流れて唖然としていた記憶があります。
20171209103513092.jpg





「せんだい3・11メモリアル交流館」の内部には時系列で震災発生から復興までのことがらが記されています。
もう二度とこんな悲惨な出来事が起きないよう願いながら、防災、減災には力を入れていきたいですね。
DSC08394.jpg






駅舎屋上にはテラスもあり、発展する荒井の街並みを眺めることができます。
20171209103541611.jpg


整理番号 鉄道-仙台市営地下鉄東西線荒井駅 駅デザイン
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment