FC2ブログ
(仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ - 名古屋市

(仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ

  •   29, 2017 06:58
  •  5
  •  0
(仮称)中区錦一丁目計画Ⅱは愛知県名古屋市中区錦の丸の内駅、日銀前交差点南西側の一本奥へ入ったところで計画中の22階建て、高さ69.77mのタワーマンションです。




◆過去の記事
→2017年08月27日投稿 丸の内駅南西でタワーマンション計画?
→2017年11月25日投稿 (仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ












■概要
・名称  (仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ
・所在地 愛知県名古屋市中区錦1丁目411番、412番1、412番2、413番、414番、415番
・階数  地上22階建て
・高さ  69.77m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 ---
・敷地面積 1,400.90㎡
・建築面積 777.01㎡
・延床面積 13,029.05㎡
・着工  2018年(平成30年)1月中旬頃
・竣工  ---
・建築主 野村不動産
・設計  野口建築事務所、九尺設計
・施工  清水建設
・最寄駅 丸の内、伏見
(2017年12月22日撮影)












建築計画の概要が書かれた板です。
延床面積が変更されています。









北西側(※画像は北西側の隣接敷地)から見た(仮称)中区錦一丁目計画Ⅱ付近の様子です。







すぐ近くを通る伏見通の様子です。
名古屋の都心・名駅と繁華街の栄とのちょうど中間地点にあたる伏見、丸の内が最寄り駅となります。


整理番号B-0540-03
スポンサーサイト
広告

5 Comment

す  

もう都心部の30階未満のマンションの建設は規制してほしい。こんなのが大量にできたらますます一体開発がしづらくなる

2017/12/29 (Fri) 15:20 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

賃貸マンションやテナント商業ビルなら再開発の望みはありますが、永住する可能性のある分譲マンションは再開発しにくいですからね。
個人的にも都心部には30階建て以上のタワーマンションに限って分譲可能にした方が、後の一体再開発も行いやすいのではと思ってしまいます。

2017/12/29 (Fri) 15:51 | EDIT | REPLY |   

-  

なぜ名古屋はこんなに控えめんだろう...

2017/12/29 (Fri) 19:01 | EDIT | REPLY |   

ノボール  

みなさん、結構無茶苦茶言いますね。。。
マンションは、30階以上限定。オフィスやホテル、商業は限定なし?
なんて施策やったら、伏見や丸の内は空き地だらけになりますよ。
今でさえ、そこそこの面積がある平面駐車場や立体駐車場が
たくさんあるのに、再開発される場所は少ないですから。
まあ、プレサンスの15階マンションの大量生産に辟易しない、
とは言いませんが、無茶な規制は街の成長を却って阻害します。

地区計画などでの最低敷地面積や最低容積の指定などである程度
コマ切れ再開発は防げますが、それでも1000平米が限度でしょう。
それ以上の縛りを付けると、再開発のプレーヤー候補が減少して、
最悪の場合、地価が下落するなど資産価値の毀損につながります。
現在のような好況時であればまだましですが、これが不況時では
再開発のプレーヤーが全くなくなり、目も当てられなくなります。

2017/12/30 (Sat) 01:11 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

仰る通り、これはなかなか難しい問題です。
規制は緩和したほうがプレーヤーの数も増えますし、多様性も生まれ、都市の魅力にも繋がります。
景観や開発余地を考えることも重要ですが、取り決めがしていないというのは自治体も決めかねるからなんでしょうか。

個人的には建物の高さのほかにも、名古屋は鉄道網の新設計画が皆無であることが特に気になります。
昨日、奈良県から関空までを結ぶスーパー特急方式の新幹線構想が出されました。
10年後の着工を目指すとのことで、名古屋は柳橋駅の新設ですら進まない状態ということから、公共交通網の拡充もスムーズに進めることで都市開発も加速させてもらえたらと思います。

2017/12/30 (Sat) 01:56 | EDIT | REPLY |   

Post a comment