FC2ブログ
遠州鉄道、天竜浜名湖線への乗り入れ・相互直通を計画か - 鉄道-(高架化事業・駅整備・新駅)

遠州鉄道、天竜浜名湖線への乗り入れ・相互直通を計画か

  •   13, 2018 07:31
  •  2
  •  0
お正月に浜松駅前の再開発を見に行ったついでに遠鉄に乗り、上島で途中下車して終点の西鹿島まで行って来ました。
行って来ましたとはいえ、卒業設計で寝不足だったので上島から終点まで暖かな車内で爆睡してしまいましたが、せっかく行ってきたので記事にします。


本題に戻り、赤電こと遠州鉄道鉄道線は静岡県浜松市を中心とする浜松都市圏を走る鉄道路線で、浜松市中区の新浜松駅をターミナルとし、天竜区の西鹿島までを結んでいます。
西鹿島では掛川から天竜二俣を経て、新所原までを結ぶ天竜浜名湖線(もと、国鉄二俣線)と接続しています。

終点の西鹿島駅から、天竜浜名湖線の天竜二俣駅またはスイッチバックして気賀駅へ乗り入れることが、浜松市の新市建設計画にて「要検討」ランクに位置づけられています。





◆参考資料、引用元
地域協議会へ諮問する新市建設計画登載主要事業一覧
浜松市 遠鉄電車の天浜線乗り入れ調査について
静岡情報通信 不動産だより 浜松市、遠鉄・天浜線乗り入れ 庁内研究会が発足











現在の終着駅である西鹿島駅です。
過去には1966年まで遠江森駅(現在の遠州森町駅)への直通列車もあり、遠鉄から国鉄二俣線への片乗り入れが行われていました。
不採算性や車両性能の問題から、当時は廃止されていましたが、北遠の玄関口としての機能強化と都市基盤の整備を図り、交流の促進と地域の活性化を促進することを目的に乗り入れが検討されています。









西鹿島駅の改札口の様子です。
西鹿島駅は電車が到着するまで駅構内には入れない仕組みになっています。
また、改札機が無いため駅員が集札を行っていますが、「ナイスパス」という交通系ICカードが使うことができ、古くからの切符と最新のICカード乗車券が共存する不思議な鉄道です。
ちなみにSuicaやmanacaは使えないようです。







現在、西鹿島駅で遠鉄から天浜線へ乗り換えるにはこの地下道を通ります。
急な階段を一度降りて、登らなければならないため、高齢者には少し厳しいかもしれません。
遠鉄と天浜線の相互直通運転が実現すれば、免許返納をした高齢者が浜松の中心部へ容易に出られるようになりますね。







現在は駅のすぐ南側に車庫があります。
折り返して気賀駅方面への乗り入れが実現すると、この車庫はどうなるのでしょうか。









天竜浜名湖線、通称天浜線ですが、こちらは非電化路線のため、ディーゼルカーが走ります。









天浜線のホームです。
天浜線は掛川から新所原を結んでいますが、西掛川 - 桜木間にあるアピタ掛川店付近で掛川市は新駅設置の計画を立てています。
2017年度に工事を着手し、2018年度内の完成を目指すとのことで、年々減り続けている天浜線の利用者を増やすことができそうです。







西鹿島駅周辺を見てみます。
地方都市末端の終着駅という雰囲気が漂っており、正月だったこともあってか商店が全く開いていませんでした。
遠鉄と天浜線の相互直通で西鹿島駅周辺がどう変わるか青写真が見えてきませんが、個人的には駅近くにサービス付き高齢者住宅や医療施設、そして商業施設など「目的地」となるような施設が集まれば駅前に活気が出てくるのではないかと思いました。








少し北へ進むと天竜川があります。
こうした自然の豊かな景色も観光スポットとなりえるので、手ぶらで電車に乗って川辺へ行き、バーベキューセットを借りて川辺でバーベキューができるような体験型施設があると面白いかもしれません。
全てを揃えて車で行くのも楽しいは楽しいですが、週末にふらっと立ち寄れる気軽さがあると良いですね。









と色々なことを思いながら、西鹿島駅周辺を歩いていました。
現在、自分の住んでいる愛知県では、新駅設置は河和線高横須賀 - 南加木屋間と東海道線大府 - 共和間、そして東山線の柳橋駅が検討されていますが、鉄道の乗り入れ計画や新線計画は皆無です。
乗り入れは他社同士の調整が必要ですが、ぜひ遠鉄と天浜線、浜松市には頑張ってもらい、浜松都市圏の拡大や公共交通機関の拡充を進めていって欲しいと思います。



整理番号 鉄道 遠鉄天浜線乗り入れ20180112
スポンサーサイト
広告

2 Comment

天白区の人  

地図で見るとちょうど新所原駅が愛知県と静岡県の県境になっているようですね。
豊橋鉄道の市内線を新所原駅の手前(愛知県側)まで延伸して、豊橋の観光客をそのまま天竜浜名湖鉄道に誘導するようにすれば乗客は増えると思いますが。

豊橋鉄道は名鉄グループ、天竜浜名湖鉄道はあくまで第三セクターですので双方にとってもいい宣伝になると思います。

JR東海道線と競合はしますが、豊橋鉄道を乗る客はあくまで豊橋市内を観光したりする目的のお客も多いと思います。
最近は池井戸潤さんのドラマでよく豊橋市内のロケが行われていますし。
(陸王というドラマでは豊橋市役所や豊橋駅前付近、ルーズヴェルトゲームというドラマでは豊橋市民球場がロケ地に使われました)

2018/01/13 (Sat) 22:59 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

確かに運動公園前から二川を経て、新所原まで豊橋鉄道が伸びると面白いかもしれませんね。
路面電車も高速運転可能な車両を導入できれば、天竜浜名湖線へも直通できそうですし、イベントものの観光列車なども走らせられそうです。

2018/01/14 (Sun) 10:19 | EDIT | REPLY |   

Post a comment