FC2ブログ
守山区瓢箪山 〈名古屋近郊の下町商業地〉 都市景観 - ■都市景観

守山区瓢箪山 〈名古屋近郊の下町商業地〉 都市景観

瓢箪山は愛知県名古屋市守山区の南西部に位置する街で、名鉄瀬戸線瓢箪山駅が最寄り駅となります。
名古屋では珍しく駅前通りが狭く、下町商業地らしさが残り、雰囲気ある街並みが特徴となっています。
しかし、近年、駅前通りに面した建物が閉店、解体されたり、瀬戸街道沿いに駐車場付きのコンビニが建設され、下町商業地らしさが失われつつあるという問題点を抱えています。

瓢箪山は名古屋市都市景観基本計画にて、自立地区が「守山」に指定され、景観整備の基本目標に「住宅のまちに、緑と歴史をいかし、にぎわいをつくる」とあり、景観整備の基本方針には「住宅のまちに段丘をいかし、緑豊かな見晴らしのよい家並みをつくる。史跡や旧集落のたたずまいなど歴史的景観をいかす。」とされており、下町商業地らしさについては記載されていません。



20180224212701537.jpg





◆参考資料、引用元
名古屋市都市景観基本計画 景観自立地区区域図






最寄り駅の名鉄瀬戸線瓢箪山駅です。
地上に電車が走っている光景が少ない名古屋市内で、地上の駅がこうした狭い道路に面しており、なおかつ駅前通り沿いに商業ビルなどが並んでいて商店街っぽさが出ている場所は、名古屋市内ではここ瓢箪山だけかと思います。
隣の守山自衛隊前駅や名鉄名古屋本線の呼続駅も雰囲気は似ていますが、どちらも商業地としてはほぼ壊滅しており、どちらかというと低層高密度な住宅街となってしまっています。
20180224212704159.jpg



現在の瓢箪山駅北側の様子です。
駅前通り沿いではえきまえゴルフの建物が新築されましたが、小さな出入り口が駅前通りに面しているだけで賑わいを感じられません。
20180224212706296.jpg





3年前の2015年当時の瓢箪山駅北側の様子です。
ここにはコンビニのデイリーヤマザキがありました。
駐車場が無く、名古屋郊外の住宅地では珍しく駅前通りからすぐに入れる店舗でしたが、北側の交差点付近に新たにできたコンビニに客を取られたのか閉店してしまいました。
ここのこの場所が東京郊外の下町(池上線や大井町線、井之頭線沿いの駅前)にそっくりで大好きだったので、このようなコンビニが無くなってしまい、残念極まりないです。
20180224212708453.jpg




また、2年前まで下町らしさの残る建物が建っていた場所が空き地になり、コインパーキングになっています。
駐車場が無い駅前ラーメン店や居酒屋、牛丼屋ができれば嬉しいですが、なかなか難しいところです。
20180224212710603.jpg





駅前通りを少し北へ進むと花屋や喫茶店、床屋が並んでいます。
徒歩で移動しやすい道路幅で、車よりも徒歩優先のこの雰囲気は名古屋では大変珍しい道路空間となっています。
20180224212712862.jpg





瓢箪山駅から北へ少し歩いた場所にある県道15号線(瀬戸街道)との交差点「ひょうたん山交差点」の様子です。
ここの交差点はスクランブル交差点となっており、歩行者信号が青になると縦横無尽に人が行き交います。

交差点北東側にあったパチンコ店兼マンションの「コンコルド守山店」が解体され、13階建て、高さ38.655m、総戸数175戸の大規模マンション「ライオンズ守山マークヒルズ」が建設中です。
下町らしさが出ていた派手なコンコルドの建物から、ガラス手摺と温かみのあるベージュ色の外観が特徴の大規模なマンションに変わります。
建物高さはコンコルド時代より若干高いものになり、道路ギリギリに建てられているので見上げるような感じになり、都会感は増すかと思います。完成が楽しみですね。
ライオンズ守山マークヒルズ公式サイト
20180224212715006.jpg





自分で撮影したコンコルド守山の写真が見つからなかったので、GoogleEarthから拝借しました。
道路側に立っていたコンコルド守山の巨大な看板がこの周辺のアイストップの役割を担っていました。
このど派手なパチンコ店の外観が、1980年代前後に建てられた感じで、昭和の下町らしさがとてもよく出ていました。
コンコルド守山付近google





建設中の「ライオンズ守山マークヒルズ」のクレーンが目立ちます。
高層マンションの谷間になり、守山区もだんだんと都会的になってきました。
20180224212749404.jpg






コンコルド守山跡地とは反対側、ひょうたん山交差点北西側にあった4階建ての茶色の雑居ビルが解体され、書き方が悪いですが、実につまらなく単調でどこにでもある、ただの駐車場付きコンビニエンスストアになっていました。
これには残念を通り越して、何でこんなことになってしまったのか・・・と唖然としました。
本当にこれは酷いです。駅前通りのデイリーヤマザキではダメだったのでしょうか。
ここに飲食店の入るビルが建っていれば別に良かったのですが、アスファルトで覆われた駐車場のせいで、下町らしさが消えました。本当にもったいないです。
20180224234948062.jpg





手持ちの写真が無いので、GoogleEarthから拝借しました。
味のある茶色をしたビルで、昭和時代に建てられた雰囲気ある建物でした。
建て替えならば、ただのコンビニではなく、せめてガラス張りの飲食店や物販店の入るビルにできなかったんでしょうか。
瓢箪山昔ビル2





瀬戸街道沿いは商業地が形成されています。
守山区の中心が小幡に移ったとはいえ、守山区西部の生活拠点はここ瓢箪山から守山自衛隊前にかけての瀬戸街道沿い。
東京郊外にありそうなコンパクトなスーパーマーケットや銀行などが所狭しと並んでいます。
名古屋では珍しくスーパーマーケットの店内も幅の狭いエスカレーターや通路となっており、東京郊外の下町にあるスーパーマーケットと似ていてここは本当に好きです。
瀬戸街道の歩道幅も1~2人分しかない狭いもので、雰囲気が良いですね。
20180224212745002.jpg




次は瓢箪山駅南側を見てみます。
東京では、こうした道幅の狭い下町の駅前通りは人が道路の真ん中を歩いていることが多いですが、ここは名古屋。
こうした道でも車の交通量は非常に多く、人は道路脇を歩いています。
東京の下町駅前に降りたとき、とても自由を感じましたが、やはり名古屋では車の往来を気にしなくてはなりません。
こうした下町の狭い道路でも、心理的に車に支配されてしまうところは、惜しいところです。
20180224212757044.jpg




瓢箪山駅の栄町方面改札前に建つビルの1階には商業施設が入っています。
駐車場が無いので駅前の狭い道路からすぐに入れます。
名古屋郊外ではこうした建物はなかなか見られないので貴重です。(※歩道のある通りに面しているビルや都心部は別です)
20180224212717041.jpg




中層マンションの1階には居酒屋や薬屋が入ります。
いつまでもこうした光景が残っていて欲しいですが、どうでしょう。
もし閉店してしまうのであれば、せめてチャエーン店のマツモトキヨシでも入れて欲しいものです。
駐車場付きドラッグストアはここには必要ありません。
駐車場が建物目の前にない、こうした建物の入りやすさは良いですね。
20180224212719414.jpg




道路ギリギリまで建てられた中層ビルやマンション。
昭和時代に建てられた味のある外観が特徴的です。
20180224212721555.jpg





瓢箪山駅は守山台地の丘陵地頂上にあり、南側は矢田川や茶屋ヶ坂方面まで緩やかな下り坂が続いています。
駅から少し離れると、南垂れの丘に閑静な住宅街が広がります。
20180224212742552.jpg





名鉄瀬戸線瓢箪山駅付近の様子です。
昭和っぽさの残る架線柱や線路脇のガタガタの柵がローカル感を出しています。
東京の下町私鉄だと、パイプの柵やガードレールのようなしっかりとした柵が設置されていますが、そのうちそうなるのでしょうか。
現在、守山区内では喜多山付近の高架化が行われており、将来的には小幡から大曽根にかけて高架化や地下化が行われるかもしれません。
高架化や地下化がなされるとしても20年後、30年後の話かと思いますが、高架化や地下化がなされると雰囲気が大きく変わりそうです。
20180224212751660.jpg




瓢箪山駅から東へ少し歩いたところにある踏切は、車の通れない歩行者と自転車専用の踏切でした。
名古屋市内ではなかなか見かけないこうした踏切。
自分が小さい頃は遮断機すらついていない、警報機のみの踏切もあったような気がしますが、今では遮断機も取り付けられて安全性が増しています。
20180224212754330.jpg





名鉄瀬戸線瓢箪山駅です。
一日平均乗降客数は4,276人(2015年度)で、普通停車駅のため、昼間は15分おきに電車が停車、朝ラッシュ時は4分おきに電車が来ます。利用者も増加してきているので、そのうち10分おきに普通電車が来るようになると良いですね。

駅は上りと下りが別々の改札になっており、行き来はできません。
下りの尾張瀬戸方面のホームは幅1mほど?の狭小ホームで黄色い線の内側が外側よりも狭くなっています。
ベンチも平均台並みの狭さで、背もたれはありません。
個人的には安全性向上のためにホームドアの設置を行ってほしいものですが、ホームドアを設置すると横向きにしか歩けなくなるくらい狭いため、何らかの工夫が必要です。

自分はここの駅での人身事故を急行電車車内の先頭から目撃しており、また、それとは別件で高校時代に仲の良かった友人女性も少し前に亡くしています。
一刻も早く、瓢箪山駅の安全性向上を願っていますし、自分は安全性向上の提案と、推進して欲しいという熱い気持ちを表すことくらいしかできないです。あの2つの痛ましい事故は一生忘れられません。
20180224212759755.jpg




こうした狭いホームは線路両側に迫る密集した住宅街に原因があり、これ以上のホーム幅拡張は物理的に不可能となっています。
解決するにはホームや線路を地下に移設するしかなさそうです。
個人的には名鉄瀬戸線を大曽根から矢田川までは高架化、守山自衛隊前付近・県道30号線手前で地下へ、瓢箪山駅はホームドア付きの地下駅にし、小幡で地上へ出るといった感じにできれば、沿線の交通円滑化や安全性向上ができるのではと思います。

最後は少し暗い話になってしまいましたが、瓢箪山の発展を願いつつ、下町商業地らしい雰囲気を取り戻していただければと思っています。

下のリンクのTOPPYさんのインターネットサイトに瓢箪山の様々な話が載っています。興味のある方はご覧ください。
TOPPY.NET 瓢箪はどこだ~ざけんなよ~
20180224212802116.jpg



整理番号 守山区瓢箪山 〈名古屋近郊の下町商業地〉 都市景観
スポンサーサイト
広告

11 Comment

尾張小牧  

何だか、名古屋の郊外のまちづくりって最低ですね( ´•ω•` )

2018/02/27 (Tue) 19:29 | EDIT | REPLY |   

天白区の人  

同じ名鉄瀬戸線沿線の駅でも、印場駅は駅前が殺風景すぎます。
まあ改札が半地下式なのでなおさら人通りが少なく見えるのもありますが。
一応名古屋市営バスは3系統も駅前ロータリーのバス停に乗り入れはしているのですが。(印場駅は厳密に言えば尾張旭市)

2018/02/27 (Tue) 20:33 | EDIT | REPLY |   

コメダ  

残念ですが、名古屋で東京大阪のような町並みは無理でしょう。
徒歩5分のコンビニに行くのにも車を使う県民性に多くを期待するのは酷というものです。

強いて言うなら現状車の方が便利だから車を使うわけで、徒歩や電車のほうが便利になれば自然とそちらを使うと思います。
もしかすると名古屋の都心部に限り将来的に可能かもしれないですね。

ただ、市内にあるイオンの数。。。。これがすべてを物語っていると思います。

2018/02/27 (Tue) 20:40 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

名古屋だけでなく東海地方では未だ都市再生=車が便利な街の発想が根強い気がします。だけど実際には車優先の開発を行っている所に行くと空間がどこか広すぎて空疎な感じがしてしまいます。
近年米国の研究では自家用車前提の低密度のロードサイド商業地よりも徒歩・自転車・公交通を中心とした都心型の高密度集積商業地のほうが開発後10年後の不動産価値が高く、かつインフラ維持費が抑えられるとの報告もあります。半世紀前からこの戦略で街づくりをしてきたポートランド等はこの高実例です。
名古屋・東海地方が発想を転換してポートランド型の都市造りに転換したら関東・関西に比べまだ開発余地がある分、大化けできるかもしれません。

2018/02/27 (Tue) 23:06 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

そうですね、すぐ目の前に車で行く…これはよく聞きます。
名鉄瀬戸線沿線は元々、駅前の下町商業文化であったはずですが、瀬戸が衰退してしまい、車で長久手や春日井などのロードサイドに買い物へ行くのがメジャーになってしまいました。
こうした駅前の下町商業文化を感じられる場所は名古屋には他にないので、瓢箪山は慎重に都市計画や開発を進めてほしいです。

2018/02/27 (Tue) 23:48 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

印場駅は名鉄瀬戸線沿線では小幡に次ぐ人気郊外住宅地ですが、何となく長久手や日進とあまり変わらず特徴がない街並みですよね。
もう少し、駅前に商業ビルが建ち並んでいれば埼玉っぽくなっていたかもしれません…

人通りは朝夕はそこそこいますが、昼間は殆どいないですね。
ただ、2015年度の一日平均乗降客数は5,134人と統計を取りはじめてから最多、初めて5,000人を超えたのでまだまだ成長の続いている駅です。
印場駅は今後に期待したいと思います。

2018/02/27 (Tue) 23:53 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

自分も仰る通り、そのままその通り同じ事を思っています。
名古屋は都市構造、特に人のネットワークの部分が変わるだけで都市が大きく変わると思います。
ただ、自動車会社のトヨタ自動車がそういった社会でどう新たなモビリティを創るか、世界に提案できるかで、名古屋の車社会が小型モビリティ+公共交通の社会に変化できるのではと思います。

2018/02/27 (Tue) 23:57 | EDIT | REPLY |   

-  

瓢箪山の街づくりは、このブログの原点のように思えます
確かに段々と昭和の面影が消えて行くというのは寂しい限りですね
我々、昭和を生きた事のない平成の人間でも昭和の面影が消えるというのは、なんだか胸が痛くなりますよ
なんとか駅周辺が良い方向に向かって昔のように?駅の利用者や買い物客で溢れるような街づくりを期待したいですね(名古屋の都心は失敗した街づくり ばかりですから…)

2018/02/28 (Wed) 01:56 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

個人的にはこういった都市開発についてのブログを書いていると、ここ最近で昭和な雰囲気のある街並みが一気に消えているなと感じます。
もちろん、防災上の理由で建て替えや再開発が進められているとは思いますが、まとまって昭和な雰囲気の残っている場所は建物の外観にも工夫が必要かなと思います。
自分は再開発推進派のため、やはり綺麗な街並みも好きですが、こういった昭和な場所もあって良いと思っています。

高層ビルができて、より多くの人を集客できるのはベストだと思っていますが、瓢箪山のコンビニのようにただのつまらないロードサイド店舗を駅近くに作るのは何とかならないのかと思ってしまいます。

2018/02/28 (Wed) 16:06 | EDIT | REPLY |   

ひょうたん山えきまえゴルフ  

今昔ありがとうございます

ひょうたん山えきまえゴルフ支配人のKです
以前コンビニだったことは知ってましたが瓢箪山駅付近も色々変わっているんですね
楽しく拝見しました、ありがとうございます

2018/03/24 (Sat) 21:58 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re: 今昔ありがとうございます

コメントありがとうございます。
賑わいが感じられないと書いてしまい、申し訳ございません。
現在、どのようになっているかわからないですが、人が集えるような小さな広場的空間があると面白いかと思いました。
樹木一本、ベンチ一つでも意外と大きく変わるかと思います。
瓢箪山の雰囲気がとても好きなので、えきまえゴルフによって瓢箪山駅周辺が更に活性化していけば大変嬉しいです。

2018/03/24 (Sat) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment