FC2ブログ
渋谷ストリーム - 渋谷区

渋谷ストリーム

  •   08, 2018 07:40
  •  0
  •  0
渋谷ストリームは東京都渋谷区の東急東横線高架線路跡地に計画されている地上36階建て、高さ179.95mの超高層ビルです。

フロア構成は1-3階は商業施設、4階には、コワーキングスペースとスモールオフィスで構成されるインキュベーションオフィス、6階にカンファレンスフロア、9階から13階は客室数約180室の東急ホテルズ運営のシティホテルが入居、14-35階はオフィスフロアとなる計画です。





◆参考資料、引用元
東横線跡地開発「渋谷駅南街区プロジェクト」の施設名称が「渋谷ストリーム(SHIBUYA STREAM)」に決定
渋谷文化プロジェクト 渋谷ストリーム




■過去の記事
→2014年12月16日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
→2015年12月16日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
→2016年3月26日投稿 (仮称)渋谷駅南街区プロジェクト B-1棟
→2017年9月30日投稿 渋谷ストリーム
→2017年11月27日投稿 渋谷ストリーム










■概要
・名称  渋谷ストリーム
・所在地 東京都渋谷区渋谷3丁目49番1ほか
・階数  地上36階、地下4階
・高さ  179.95m
・構造  鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 4,774.52㎡
・建築面積 4,304.11㎡
・延床面積 108,778.50㎡
・着工  2015年(平成27年)8月上旬
・竣工  2018年(平成30年)7月末日予定
・建築主 東京急行電鉄、東急東横線跡地隣接街区の権利者(鈴基恒産、名取康治、名取政俊、山善商事、叶不動産、渋谷丸十池田製パン、清風荘平野ビル)
・設計 東急設計コンサルタント
・施工  渋谷駅南街区プロジェクト新築工事共同企業体(東急建設・大林組)
・最寄駅 渋谷
(2018年2月17日撮影)











北側から見上げた建設中の渋谷ストリームの様子です。
竣工は2018年ということで、外観はほぼ完成といったところです。











渋谷ストリームの頂部の様子です。
屋上付近も完成しており、タワークレーンも撤去されているようでした。
また、塔屋部分もガラス張りの壁で覆われ、景観に配慮されています。









東側の明治通りから見上げた建設中の渋谷ストリームの様子です。
渋谷ストリームのコンセプトは「クリエイティブワーカーの聖地」となっており、ITや映像、デザインなど、様々な分野のクリエイティブワーカーたちが集い交流し、様々なチャレンジができる場を目指すものとされています。







低層部分の様子です。
ランダムに壁が張り付けてある特徴的なアルミカーテンウォールで、白色の外壁とダークブルーのガラスのコントラストが美しく、一部には壁面緑化も施されるようです。









この円形のガラス張りの部分は「アーバン・コア」と呼ばれる場所です。
アーバン・コアは地上1階から地下2階を階段、エスカレーター、エレベーターで結び、12月2日に16b出入り口として一部供用開始されています。
最終的には地上2階までを繋ぐ動線となるようです。








明治通りから見上げた建設中の渋谷ストリームと渋谷スクランブルスクエアの様子です。
今まで渋谷は超高層ビルが建っているイメージは全くありませんでしたが、渋谷ヒカリエの建設以降、超高層ビルが次々と計画、建設されています。







渋谷川に沿った地上時代の東横線跡地に渋谷ストリームは建設されています。
渋谷川は現在のドブ川のような状態から官民連携のもと、清流復活水を活用した「壁泉」と呼ばれる水景施設の整備によって再生されます。
今までは汚いイメージだった渋谷が、明るく、自然とも触れあえる街に変わりつつあります。









南側から見上げた建設中の渋谷ストリームの様子です。
商業施設コンセプトは「 “シブヤ・カスタム”が集まるストリート 」とされ、総店舗面積は約900坪、約30区画の流行に左右されない“渋谷流=シブヤ・カスタム”が集まる商業空間が計画されています。










渋谷ストリームと渋谷ストリームホールの間の道路の様子です。
北側の敷地には223.9㎡、収容人数スタンディング700名、シアター294席、スクール180席を誇る「渋谷ストリームホール」が2018年秋に開業します。










西側から見た建設中の渋谷ストリームと渋谷スクランブルスクエアの様子です。
あの雑多な印象の渋谷が、クリエイターの街として、急激に近未来的な景観に変化してきました。



整理番号B-0285-07
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment