FC2ブログ
Hareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟 - 豊島区

Hareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟

  •   11, 2018 07:41
  •  0
  •  0
Hareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟は(仮称)豊島プロジェクトとして東京都豊島区東池袋で建設中の33階建て、高さ158.28mの超高層ビルで、豊島区庁舎跡地(A敷地)と豊島公会堂跡地(B敷地)を再開発し、A敷地には池袋の新たなランドマークとなる超高層ビルの建設が行われています。

また、池袋最大級の高規格オフィスに加え、低層部分にはシネマコンプレックスや多彩な商業店舗が整備されます。

コンセプトが「誰もが輝く劇場都市」となっており、B敷地に建設予定の新ホール棟には、豊島区が取得・運営予定の「(仮称)豊島区新ホール」やライブ劇場等を整備し、多様な文化を発信する新たなにぎわい空間が創出されます。






◆参考資料、引用元
ハレザ池袋 オフィスタワー 公式サイト





■過去の記事
→2017年4月29日投稿 (仮称)豊島プロジェクト







harezaikebukurokannseiyosouzu.png







■概要
・名称  Hareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟 
・所在地 東京都豊島区東池袋1丁目18番
・階数  地上33階、地下2階建て
・高さ  158.28m
・構造  鉄骨造、鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 3,619.67㎡(街区全体:6,603.26㎡)
・建築面積 2,194.10㎡(街区全体:4,209.10㎡)
・延床面積 68,605.39㎡(街区全体:79,210.88㎡)
・着工  2016年12月8日
・竣工  2020年5月予定
・建築主 東京建物、サンケイビル
・設計  鹿島建設
・施工  鹿島建設
・最寄駅 池袋
(2018年7月1日撮影)














建築計画の概要が書かれた板です。
20180702090256505.jpg









南側から見上げた建設中のHareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟の様子です。
DSC09050.jpg









北側から見上げた建設中のHareza (ハレザ) 池袋 オフィス棟の様子です。








仮囲いに貼られている低層部分8つの劇場空間と中池袋公園の完成予想パースです。
オフィス棟低層部分には、TOHO シネマズによる10 スクリーン、約1,700席の大規模シネマコンプレックスができ、シネコンの玄関口には階段状の半屋外劇場空間ができることにより様々なイベントも開催可能なようです。

また、敷地真ん中の棟には宝塚歌劇や歌舞伎、ミュージカルなど多様な演目に対応する1,300席の大規模な「新ホール (芸術文化劇場)」 が建設され、未来型の「ライブ劇場」やイベント空間としての大階段である「パークプラザ」が設置されます。

一番南側のアニメイト池袋寄りの建物には、約500人を収容可能な多目的ホールと約160人を収容可能な小ホールが設置され、講演会や発表会、演奏会、ピアノ発表会など様々なニーズを満たす施設となるようです。








仮囲いに貼られているHareza (ハレザ) 池袋の低層部分の完成予想図です。
一番左側がオフィス棟となります。
低層部分は暖色系の色をしたスリットが目立つデザインで、和風モダンな趣があります。








現在の低層部分(商業施設エリア)の様子です。
街区真ん中の新ホール棟は外観ができてきています。








縦に入ったスリットが非常に美しいですね。
スリットそのものも異なる幅で配置されており、単調でつまらないデザインにならずにモダンさを上手く表現していると思います。








地上階はまだ荷下ろしに使用しているのか、ゲートが設置されており、外壁になる外装材も鉄骨に取り付けられていない状態でした。








東側から見た建設中のHareza (ハレザ) 池袋の様子です。
ビルの谷間に超高層ビルが伸びていきます。


整理番号B-0520-02

スポンサーサイト

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comment

Post a comment