FC2ブログ
長久手市片平・市が洞 都市景観 Vol.1 - ■都市景観

長久手市片平・市が洞 都市景観 Vol.1

  •   03, 2018 06:43
  •  0
  •  0
長久手市片平、市が洞は名古屋の東、東部丘陵に位置する愛知県長久手市の南部にあり、「長湫南部土地区画整理事業」として区画整理された新興住宅街となっています。
「歩くことが楽しくなるまち」を目指し、緑豊かな街並みを形成し、道路上への自動販売機設置を禁止(※やむを得ない場合は建物に隣接して設置)や落ち着いた街並みとするために、建物外壁面に原色を使用しないなどの様々なまちづくりのルールを定めて約98.2haが開発されてきました。

区画整理組合は、2015年3月10日に解散され、約16年間続いた区画整理事業も終わり、計画人口約5,000人、計画戸数約1,880戸もの美しい景観を誇る新興住宅街が完成しました。





DSC02239.jpg




◆参考資料、引用元
長久手市 長久手の区画整理





1.道路空間



長久手市片平、市が洞エリアを南北に縦断する「都市計画道路 長湫西部線」です。
幅員約20m~25m確保された2車線の車道を有する道路で、両側に幅の広い歩道が配置されています。
歩道には赤茶系の色をしたインターロッキング舗装が施され、住宅街内部へ入る街路との平面交差部分は、朱色でカラー舗装されています。
20180802000326515.jpg






都市計画道路 長湫西部線にあるバス停です。
植栽に囲まれた場所にベンチが設置してあるだけのシンプルなバス停ですが、植栽の壁部分が石積み風で意匠性が高く、インターロッキングとの色合いも合わせてあるため美しいですね。
20180802233127440.jpg




歩道のインターロッキングです。
歩行者スペースと自転車スペースがタイルの配置からわかるようになっているほか、歩行者のイラストも描かれ、字が読めない子どもなどが見てもわかりやすく工夫が施されています。
20180802233218588.jpg







2車線車道の両側に歩道。
車道と歩道の境目には植栽や街路種が施され、照明灯も設置されています。
20180802233138257.jpg





こちらは日進市との境目方面です。
やや急な登り坂奥はすぐに急な下り坂となっており、奥の街並みが見えないことから、空に向かって進む感覚になります。
20180802233147075.jpg





新興住宅街内部の街路です。
1車線ですが、このように歩道が配置されている街路もあります。
20180802233156589.jpg






こちらは歩道が無いタイプの街路です。
横断歩道の代わりにカラー舗装がなされています。
「ゾーン30」と呼ばれる生活道路における歩行者や自転車の安全な通行を確保することを目的とした交通安全対策の一つがなされており、自動車は時速30km以下で走ることが義務付けられている道路空間となります。
20180802233211309.jpg






平面交差点です。
従来通り信号機が設置されていますが、横断歩道のカラー舗装化がなされ、横断歩道とカラー舗装の紅白色の対比から視認性が向上しています。
20180802233207621.jpg





歩行者専用道路です。
歩車分離がなされ、歩行者や自転車のみが通行可能な空間となっています。
アスファルト舗装ではなく、このようにインターロッキング舗装になっている点が、街並みを美しくするコツになっているものと思います。
20180802233228431.jpg







2.ロードサイド商業



「歩くことが楽しくなるまち」を目指しつつ、移動が自動車主体となる郊外住宅地域において快適に自動車でショッピングや飲食が可能になるよう、ロードサイド商業が道路沿いに展開されています。
このように一度に大勢のお客さんが入店するスーパーマーケットは、店舗の建物と道路との間に広大な駐車場を設け、道路からの自動車での軽快なアクセスを実現しています。
20180802000456158.jpg





交差点に面したスーパー銭湯の建物です。
建物自体が看板のような役割を果たすような巨大な銘板やロゴが取り付けられています。
自動車を運転しているとそこそこスピードが出ており、瞬間的に判断する必要があるため、一瞬で目に留まるような「情報」としての建物外壁となっていることがわかります。
20180802000436479.jpg





傾斜地を利用して、2階に大きな窓ガラスを設け、ショーウインドウの役割をしているファッションストアです。
ロードサイド商業は画一的な街並みになりがちですが、こうした「地形」の特徴を活かした「建物」も建っています。
20180802235050987.jpg





非常に目立つ看板を掲げつつ、周りとの景観調和を図るために看板の高さが抑えられているロードサイド飲食店です。
自動車を運転しながら、食事をとることを可能にするため、ドライブスルーを設けた飲食店も郊外都市のロードサイドショップでは目立ちます。
20180802235057332.jpg




こちらも看板高さを抑えつつ、巨大なサイズの看板にすることで建物よりもブランド名やブランドロゴが主張しています。
ロードサイド商業では、自動車からの視点を基にして設計するため、看板が巨大化する傾向があります。
20180802235105516.jpg






ドライブスルーは遂に銀行ATMにまで浸透してきています。
大垣共立銀行のドライブスルーながくて出張所は、車に乗ったままお金を降ろすことが可能な銀行です。

人々の生活様式や移動方法が建物の形態にまで現れている顕著な例で、看板の巨大化、建物の情報化以外にもこうしたドライブスルーという形にもなってきています。
20180803000105428.jpg
※Google Mapから拝借


整理番号 長久手市片平・市が洞 都市景観 Vol.1
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment