FC2ブログ
三郷駅周辺まちづくり - 尾張旭市

三郷駅周辺まちづくり

  •   25, 2018 09:59
  •  0
  •  0
三郷駅周辺まちづくりは愛知県尾張旭市三郷町にある名鉄瀬戸線三郷駅周辺の再開発、駅前ロータリー整備、駅舎の整備等が行われる計画です。
現在は狭小道路や老朽化した住宅、雑居ビルが建ち並んでるほか、三郷駅前の踏切のある通りの森林公園通りの渋滞が激しいため、立体交差化も検討されているようです。

数十年前から再開発計画があるという噂がありましたが具体的な計画案も示され、再開発に向けて動き出しています。





◆参考資料、引用元
尾張旭市 平成30年度:三郷駅周辺まちづくり協議会実績




◆過去の記事
→2015年10月28日投稿 【再開発】三郷駅周辺まちづくり












■概要
・名称  三郷駅周辺まちづくり
・所在地 愛知県尾張旭市三郷町栄
・階数  地上18階建て(計画イメージより推定)
・高さ  60~80m程度(計画イメージより推定)
・構造  ---
・総戸数 100~最大150戸程度
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  既存建築物解体開始は2023年以降?
・竣工  ---
・建築主 ---
・施工  ---
・最寄駅 三郷
(2018年8月14日撮影)





参考資料から拝借した検討段階の配置計画図です。
第1期と第2期に分けて再開発が行われ、先に南街区の再開発が進められます。
南街区にはバス停留所にも対応した南口駅前広場を中心に店舗、公益施設、マンション、駐車場・駐輪場、駅舎が整備される計画となっています。

第2期の北街区は住宅が多いことから地権者の協力が得られていない箇所も多く、再開発着手にはまだ時間がかかる見込みです。







参考資料から拝借した断面図の描かれたコンセプトシートです。
断面図を見ると、マンションの入る高層建築物部分は18階建てとなっており、デベロッパー等が「タワーマンション」として販売する基準である20階にギリギリ達しておりません。

個人的には23~25階程度のタワーマンションであれば良いなと思うことと、人気の集中するタワーマンションとして販売することができる階数であれば資産価値の下落率も抑えられ、更なる地価上昇も期待できるのではないかと思い、もう少し高さのある建物になればと思いました。









南西側から見た三郷駅周辺まちづくりの予定地です。
三郷駅周辺は商業施設や高層マンションが集積しており、飲み屋も点在しているなど、ちょっとした繁華街のような雰囲気になっています。
夕方には通勤通学客や週末には娯楽を求めて集まる人々で賑わいます。







現在はこのように少し古めの雑居ビルや高層マンションがところ狭しと建ち並んでおり、首都圏郊外都市のような街並みです。







再開発計画地にはこのように古くからあるような趣ある個人商店もあります。
再開発後も商業施設にチェーン店と地元の個人商店を半々くらいで入るとチェーン店の便利さを享受しつつ三郷らしさも出て良いかもしれません。








西側の森林公園通りから見た三郷駅駅舎です。
1984年に駅舎が改築され、その後の利用客増加と利便性向上を目的として南改札口と東改札口が増設されています。
2016年度の一日平均乗降客数は9,851人となっており1万人を切っています。

2015年度の一日平均乗降客数は10,003人と一時的に1万人を超えましたが、再び9,000人台に戻っており、再開発によって駅乗降客数が多くなり、賑やかな駅前になると良いなと感じます。









現在は駐車場となっている駅北側、三郷駅東口から見た名鉄瀬戸線のホームです。
現状は4両編成の長さしかホームも無く、幅も狭いため、もう少し広々としていてホームドアなどの安全対策も行われると良いですね。











駅北側、北街区の現在の様子です。
古くからの建物が所狭しと並ぶ中に新しい住宅があったりします。北街区は第2期として、住宅や店舗、広場などが整備される計画です。
北側に隣接する道路が狭いため、歩道整備も必要になりますね。








三郷駅周辺まちづくり北街区北側の道路を挟んだ向こう側には駐車場や老朽家屋が点在しています。
北街区は非常に狭いため、更に北側の駐車場や老朽家屋等のある場所にも再開発区域を広げ、段階的に高層住宅や商業施設に再開発し、駅周辺へコンパクトに集積した都市への転換を図っていくというのはどうでしょうか。








イトーヨーカドー尾張旭店から見た三郷駅周辺まちづくりの計画地です。
周辺には高層のオフィス・商業ビル、高層マンションが建ち並び、人通りもかなりあります。

ちなみに再開発に参入する事業者はまだ決まっていませんが、民間事業者アンケートが行われており、7社から回答を得ているとのことです。
社名を伏せてマンションブランド名等でまとめると、
・ライオンズタワー 
・グランドメゾン 
・デュオヒルズ 
・プラウドタワー
・BIVI八潮(商業施設)
・Sakura fujinale
・ザ・パークハウス
あたりでしょうか。再開発には複数事業者が参画している場合も多いため、まだどうなるかわかりません。

調査結果をまとめると、マンションは総戸数100戸前後から最大150戸、販売価格は坪単価160万円前後~最大190万円、商業施設は1Fにスーパー、飲食・カフェ、ドラッグストア等、2Fに飲食・カフェ(デッキ面)、サービス(医療、高齢者施設含む)、オフィス等が入るものとされています。

個人的にはスタバやドトール等のカフェやドン・キホーテ等のディスカウントストア、ニトリやロフト等のインテリアや雑貨店、紀伊国屋書店や丸善などの大型書店、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店、カラオケ店など尾張旭に不足している業種の商業施設がまだまだあるため、そうした店舗も入ると良いなと感じます。
また、他にもコンビニや牛丼屋、ファミレス等も駅直結であると便利ですね。

各社の営業力、三郷駅から直通している栄町駅が栄にあるということを知らない名古屋市地下鉄沿線民をどれだけ取り込めるかにかかっていると思います。








イトーヨーカドー尾張旭店から見た再開発街区西側のビルやマンション群です。
イトーヨーカドーの北側には駐車場も多く、イトーヨーカドー自体の商業施設面積は近年、周辺にオープンしたイオンモール長久手やプライムツリー赤池に比べると狭くなっています。

増改築や建て替えで映画館やカラオケなどの娯楽施設を併設した大規模ショッピングモールにし、再開発される三郷駅からペデストリアンデッキで接続ということがなされれば更なる賑わいをもたらすことができるのではと思います。

敷地が足りなければ、新百合ヶ丘のイトーヨーカドーのように高層の商業施設にと思いましたが、商圏に名古屋市内が含まれないような立地だと需要予測面で赤池や長久手と同じようにいかないのでしょうか。








スカイワードあさひの展望台から見た三郷駅方面の様子です。
背後に写る瀬戸市の山の中腹まで名古屋から連続した市街地が続いています。

自分の地元で色々と思うことがあったので長文で書き込んでしまいましたが、三郷が賑やかで楽しい街になって欲しいという気持ちは上京した今でも変わりません。
再開発が成功し、新しい三郷駅が完成するのが待ち遠しいです。



整理番号B-0361-02
スポンサーサイト

スポンサーリンク

ここに広告のコードを入れる

0 Comment

Post a comment