FC2ブログ
晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業(東京五輪 選手村) - 中央区

晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業(東京五輪 選手村)

  •   23, 2018 09:03
  •  0
  •  0
晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業は東京都中央区晴海で建設予定の東京オリンピック・パラリンピック選手村で、大会後に建設されるツインタワーの高層棟(50階建て、高さ180m)、選手村として使用される選手村棟(14~18階建て、高さ約50m~70m)の計24棟、総戸数約5,650戸が計画されています。







◆参考資料、引用元
東京都 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の特定建築者予定者を決定しました






◆過去の記事
→2016年12月31日投稿 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業
→2017年10月26日投稿 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 (東京五輪選手村)














■全体概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業
・所在地 東京都中央区晴海五丁目
・階数  地上50階、地下1階建て(高層棟)、地上14~18階建て(選手村棟)、地上4階建て(商業棟)
・高さ  180m、約50~70m(※詳細は記事下部へ)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 約5,650戸
・敷地面積 約133,900㎡(事業面積:約18ha)※変更されている可能性あり
・建築面積 約47,400㎡※変更されている可能性あり
・延床面積 約677,900㎡※変更されている可能性あり
・着工  2017年1月上旬
・竣工  2024年3月下旬(※選手村部分のみ2019年12月)
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計 三菱地所設計
・施工  東急建設、長谷工コーポレーション、前田建設工業、三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前
(2018年9月16日撮影)







参考資料から拝借した選手村全体の完成予想図です。
50階建て、高さ約180mのツインタワーマンションは東京五輪後に建設され、周囲の14 - 18階建ての高層マンションは東京五輪までに建設されて選手村として使われたあと、分譲及び賃貸マンションとなります。
完成予想図手前側、埠頭先端部には広々とした緑地を持つ公園が整備されるようです。








■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-E棟
選手村南東部に建設中の5-4街区4-E棟です。
現在、6~8階付近の躯体を施工していました。
シートが張られていなかったため、構造がよくわかります。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-E棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-E棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.10m(軒高または建築物高さ59.53m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,862.75㎡(街区全体:7,892.70㎡)
・延床面積 24,807.65㎡(街区全体:104,586.09㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前









■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-B棟
先ほどの5-4街区4-E棟の二つ北側の棟です。
補助第314号に面しています。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-B棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-B棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目501番
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  62.82m(軒高または建築物高さ59.02m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 26,300.14㎡※街区全体
・建築面積 1,754.13㎡(街区全体:7,592.79㎡)
・延床面積 26,129.16㎡(街区全体:112,879.72㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  東急建設
・最寄駅 勝どき、市場前








選手村東側には環状2号線が通ります。
豊洲大橋を渡って対岸には豊洲新市場があり、2018年10月11日の取引開始が予定されています。
更に奥には有明で建設中のタワーマンション群が見えます。









環状2号線を反対側に見ると、ドゥ・トゥールやザ東京タワーズ等の東京を代表するような超高層高級タワーマンションが建ち並びます。









建設の進む晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-B棟。
選手村には合計24棟もの高層マンションが建設されるため、棟番号の振り分けが複雑になっています。










■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-A棟
第5-3街区 3-B棟の西隣に建設中の第5-3街区 3-A棟です。
選手村の高層マンションの中で最も建設進捗が進んでいます。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-A棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-3街区 3-A棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目501番
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  62.82m(軒高または建築物高さ59.02m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  ---
・敷地面積 26,300.14㎡※街区全体
・建築面積 1,758.22㎡(街区全体:7,592.79㎡)
・延床面積 26,912.17㎡(街区全体:112,883.49㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  東急建設
・最寄駅 勝どき、市場前






■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-D棟
第5-3街区 3-A棟の二つ南側の棟です。





■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-D棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-D棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.04m(軒高または建築物高さ59.47m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,898.03㎡(街区全体:7,891.73㎡)
・延床面積 25,045.49㎡(街区全体:104,497.46㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前










第5-3街区の西側には広大な空き地があります。
ここには東京五輪後に小中学校が建設されます。
東京五輪後の選手村は分譲や賃貸のマンションとして扱われ、約1万2,000人ほどが引っ越してくると予想されています。

2023年度開校予定で、地上5階建て、小学校・中学校共に1学年5クラスというマンモス校になるとのことです。









こちらは小中学校予定地北側の第5-7街区です。
商業施設が建設される計画となっています。









小中学校建設予定地北西側から見た5-5街区から5-6街区方面の景色です。
非常に多くのタワークレーンやクローラークレーンが並んでいます。









■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-A棟
小中学校予定地の南西側で建設が進められている棟です。






■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-A棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-4街区 4-A棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.12m(軒高または建築物高さ59.46m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  ---
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,874.86㎡(街区全体:7,891.73㎡)
・延床面積 26,961.56㎡(街区全体:104,497.46㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前





■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-C棟
第5-6街区中央の北側、区画道路5-3号線に面した場所で建設中で、上空から見るとくの字型の平面配置となっています。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-C棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-C棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.45m(軒高または建築物高さ59.28m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  ---
・敷地面積 35,175.79㎡※街区全体
・建築面積 1,787.19㎡(街区全体:10,980.66㎡)
・延床面積 25,748.14㎡(街区全体:210,742.05㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前







■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-B棟
建物です。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-B棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-6街区 6-B棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.66m(軒高または建築物高さ59.49m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 35,175.79㎡※街区全体
・建築面積 1,731.93㎡(街区全体:10,980.66㎡)
・延床面積 22,920.27㎡(街区全体:210,742.05㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前






■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-E棟
第5-5街区中央の南側に位置する建物です。
区画道路5-3号線に面しています。




■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-E棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-E棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.41m(軒高または建築物高さ58.81m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 37,441.27㎡※街区全体
・建築面積 1,243.25㎡(街区全体:12,974.36㎡)
・延床面積 17,593.91㎡(街区全体:225,282.40㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  前田建設工業
・最寄駅 勝どき、市場前








■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-F棟



■晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-F棟 概要
・名称  晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 第5-5街区 5-F棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.31m(軒高または建築物高さ58.71m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 37,441.27㎡※街区全体
・建築面積 1,559.78㎡(街区全体:12,974.36㎡)
・延床面積 21,678.49㎡(街区全体:225,282.40㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  前田建設工業
・最寄駅 勝どき、市場前









対岸の豊海から見た晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業(東京五輪 選手村)の様子です。
約18haを一気に開発するため、見渡す限りクレーンだらけの怒濤の建設ラッシュとなっています。

好景気で建設ラッシュに沸く中国やドバイなどを彷彿させる光景です。








先ほどの写真を拡大してみると、凄まじい規模の開発であることがわかります。
日本国内でこれだけの規模の開発を見るのはなかなかありません。










晴海埠頭の晴海客船ターミナル展望台から見た建設中の選手村です。
本当に凄い規模ですね。










選手村周辺の東京湾岸エリアは中国や盗難アジア諸国、ニューヨークなどの超高層タワーマンション群に負けず劣らずの迫力ある都市景観となっています。










サッシ類や外壁タイルなども少しずつですが取り付けられ始めていますね。








おまけで、
晴海客船ターミナル展望台からは対岸の豊洲に建つ豊洲新市場や有明で建設中のシティタワーズ東京ベイなどを眺めることができました。
低層の豊洲新市場、超高層のシティタワーズ東京ベイのコントラストや近未来的な外観デザインが美しく、東京湾岸エリアは近未来社会の形成に向けて動き出しています。



整理番号B-0466-03

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment