FC2ブログ
(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画 - 名古屋市

(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画

  •   01, 2018 07:37
  •  0
  •  0
名古屋三交ビル建替え計画は愛知県名古屋市中村区名駅で計画されている16階建ての高層ビルで、現地に建っていた名古屋三交ビルの再開発計画です。
建て替え後のビルは地下鉄桜通線国際センター駅の地下コンコースから直結するほか、1階には商業施設、2-7階にはオフィス、8-16階には三重交通グループのホテルである「三交イン Grande」が入る計画となっています。




◆参考資料、引用元
「名古屋三交ビル建替え計画」のお知らせ
「名古屋三交ビル建替計画」新築工事着工のお知らせ





◆過去の記事
→2017年10月13日投稿 名古屋三交ビル建替え計画
→2017年12月25日投稿 名古屋三交ビル建替え計画












■概要
・名称  (仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画
・所在地 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目2103番、2104番、2105番、2106番
・階数  地上16階、地下1階建て
・高さ  73.85m
・構造  鉄骨造
・敷地面積 1,229.03㎡
・建築面積 983.00㎡
・延床面積 10,486.68㎡
・着工  2018年6月1日頃
・竣工  2020年6月
・設計  竹中工務店
・建築主 三交不動産
・施工  竹中工務店
・最寄駅 国際センター、名古屋、名鉄名古屋、近鉄名古屋
(2018年8月13日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








南西側から見た(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画の様子です。
撮影時は仮囲いで覆われた状態となっていました。








南東側から見た建設中の(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画の様子です。
建築物の計画では、建物上層部の外壁を多面体の集合体で構築し、季節、時刻による日影での変化を表現したデザインを計画しているとのことです。










北西側から見た建設中の(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画の様子です。







(仮称)名古屋三交ビル 建て替え計画の計画地目の前から見た名駅の超高層ビル群です。
現在、名古屋では高さ200mを超す大規模な超高層オフィスビルが建設も計画もされておらず、好景気で名駅周辺の空室率が1.8%と殆どオフィスの空きが無い状況です。

リニア中央新幹線開通まではこの好景気が続くものと思われますから、大規模オフィスの供給は必要不可欠です。
今後、グローバル化や好景気の更なる拡大、地価の上昇、リニアによるアクセスの改善から30階~80階建て、高さが200m、300m、400mといった大規模な超高層オフィスが名古屋には必要になってきます。



整理番号B-0536-05
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment