FC2ブログ
高島屋南地区第一種市街地再開発事業 [Takashimaya South District Type 1 Urban Area Redevelopment Project] - 岐阜市

高島屋南地区第一種市街地再開発事業 [Takashimaya South District Type 1 Urban Area Redevelopment Project]

  •   22, 2018 06:30
  •  6
  •  0
高島屋南地区第一種市街地再開発事業は岐阜県岐阜市の高島屋岐阜店南側の柳ヶ瀬地区を再開発する計画で、35階建て、高さ132.64mの超高層タワーマンションと商業施設が建設される計画です。

遂に建築計画のお知らせを表示する板が設置され、詳細な規模が判明しました。
当初の計画では27階建て、高さ100m、約34,000㎡での再開発計画でしたが、地権者などの積極的な参加により、敷地面積が約4,400㎡から6,467.47㎡に増加し、規模が拡大されています。





◆参考資料、引用元
高島屋南市街地再開発組合(通称「TMK」) 公式ホームページ






◆過去の記事
→2015年4月3日投稿 高島屋南地区第一種市街地再開発事業
→2016年2月22日投稿 高島屋南地区第一種市街地再開発事業
→2017年5月15日投稿 高島屋南地区第一種市街地再開発事業














■概要
・名称  高島屋南地区第一種市街地再開発事業
・所在地 岐阜県岐阜市徹明通二丁目、神室町二丁目及び金町四丁目のそれぞれ一部
・階数  地上35階、地下1階建て
・高さ  132.64m(軒高または建築物高さ:128.39m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数  約330戸
・敷地面積  6,467.47㎡
・建築面積  5,718.92㎡
・延床面積  57,790.65㎡
・着工   2019年3月1日予定
・竣工   2022年8月31日予定
・建築主 高島屋南市街地再開発組合(参加組合員:大京)
・設計  戸田建設
・施工  ---
・最寄駅 岐阜、名鉄岐阜
(2018年10月21日撮影)





現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








高島屋南地区第一種市街地再開発事業の建設予定地を南西側から見た様子です。
現在は既存建築物の解体は殆ど行われておらず、今後、2019年3月1日の着工を目指して解体、除去が行われていくものかと思われます。









南東側の金公園側から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業の建設予定地です。
今回の撮影は日曜日だったこともあり、岐阜駅方面から商業集積地であり商店街でもある柳ケ瀬エリアへ大勢の人が押し寄せていました。









高島屋南地区第一種市街地再開発事業の東端には劇場通のアーケードがあります。







高島屋南地区第一種市街地再開発事業の完成予想図を見てみると、アーケードは薄く残されていますが、実際の再開発後はアーケードがそのまま残るのか、それともこれからの時代に相応しいデザインの新たなアーケードに交換されるかはわかりません。
ただ、雨天でも快適に屋外で買い物ができるアーケード・屋根は欲しいところですね。







このようなポスターが貼られていました。
「ここから始まる街ものがたり…」というキャッチフレーズで、再開発に対する意気込みを感じられます。








高島屋南地区第一種市街地再開発事業の計画地北側には高島屋があります。
アーケードから直接出入り可能で柳ケ瀬エリアの拠点となっています。








この辺も既存建築物の解体、除去が行われるのでしょうか。
北東側から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業の計画地の様子です。







再開発エリア内にはこうした昭和の趣を感じられる空間も存在しています。
今だけしか見れない貴重な光景です。








再開発に対して相当意気込みがあり、勢いづいています。再開発を祝福する旗が並び、今後は街の世代交代が行われます。
きっと大勢の人が岐阜・柳ケ瀬に訪れ、今後も岐阜の中心地として栄え続けると思います。







こちらは龍でしょうか。
清流の国ぎふの「りゅう」からヒントを得たのでしょうか、今後も羽ばたいて上昇していくイメージでした。








古くからの商店も数多く並びます。








北西側から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業の建設予定地です。








再開発予定地北側には岐阜タカシマヤが建っています。









拝借したフロア構成図です。
1-2階が商業施設、3-4階が公益的施設、5-35階が分譲住宅となっています。
公的施設は岐阜市が再開発ビルの保留床を取得してトレーニング施設やプール施設、健康相談、子どもの遊び場や子育て相談、保育所などの公共施設の設置を検討しているそうです。








岐阜シティ・タワー43の展望台から見た高島屋南地区第一種市街地再開発事業計画地の様子です。









引きで見た柳ケ瀬方向の景色です。
弟の一人が岐阜の国立大学に通っていますが、通学に乗り換えが多く、東海道線以外は各停とバスで時間がかかるということもあって瀬戸から岐阜に引っ越していきました。

岐阜は大学もあり、若者も集まってくる都市であるため、今後も活気ある中心市街地、商業地を維持、発展させていくことができると思います。


整理番号B-0389-04
スポンサーサイト
広告

6 Comment

尾張小牧  

岐阜市は、近年玉宮町などの歓楽街が盛り上がってますね。
何だか、岐阜の地権者は街の将来を考えている人が多い印象があります。

それに比べて、名古屋の地権者は…大違いですね。

2018/10/22 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

そうですよね、
岐阜の地権者の方が積極的な印象です。
名古屋はリニアも来ますし、今後、日本で最も飛躍的な発展を遂げる可能性に満ち溢れているにも関わらず、盛り上がりがいまいちな気もします。
オフィス需要も現在の空室率から30~50階相当の超高層ビルが数本建ってもおかしくない状況だと思いますし。
住人の気質で言うと良く言えば慎重、悪く言えば臆病な性格の人が多いのかもしれませんね、自分がわりとそうだったりするんですけどね…。

2018/10/24 (Wed) 14:17 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

岐阜の中心部は名鉄600V線の全廃(21世紀の先進国内唯一の路面電車廃止?)等中心繁華街としてはどん底まで衰退した感が有りましたので再生にかける意気込みも半端なものではないのかもしれません。
津中心部の大門商店街もアーケードが老朽化で消え、戦前に建てられた旧百貨店のビルも再開発の予定もなく解体が始まるなど衰退の極みに達した感が有りますが岐阜のように再生への動きが出てくるのか・・・

2018/10/24 (Wed) 22:06 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

確かに岐阜は失ったものが大きく、その反動で今必死になっているというのも感じますね。
津は名古屋からも大阪からも遠く、かといって新幹線の駅があるわけでもなく、どちらかというと単独の地方都市という印象でした。
そのため、今後は三重県内でも四日市や桑名が右肩上がりに成長していくものと思われますが、津は何かしら手を打たなければ現状維持の状態が続きそうです。

2018/10/26 (Fri) 22:00 | EDIT | REPLY |   

岐阜駅まで徒歩15分  

路面電車オタクの人(失礼)は路面電車があるか無いかで都市の良し悪しを判断しますが
どうしてその都市の置かれている状況を考えないのか、いつも違和感を感じます
例えば岐阜市と富山市の比較

郊外の大型商業施設の実態(イオンモール級)
岐阜市は岐阜駅を中心に半径10km以内に5店舗(路面電車廃止時点で4店舗、すでにあるか出店表明済)
富山市はたった1店舗

近隣に大都市の有無
岐阜市はJRで20分のところに人口で6倍の名古屋市
富山市は無し

この2つが岐阜市中心部に与えた影響はかなり大きなものがあります
都市はその都市その都市で置かれている状況が異なります
よく岐阜市は路面電車を廃止した馬鹿な都市と言われますが
岐阜市の置かれている状況を理解してから書け!と言いたくなります

2018/10/27 (Sat) 23:30 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

私も上記二つの条件は知っておりますし、また岐阜より西側は東海道本線の運転本数増加と速達化によって岐阜中心部へ出るよりも瑞穂駅等JRの駅へ車で行って其処から名古屋駅に行ったほうが便利な状態になった事も岐阜中心部衰退の条件と言えましょう。
繊維産業衰退後の工場跡地再開発による郊外型大型店舗の増加や名古屋へのアクセスの改善が普段のモノは近くのモールへ、良いものは名駅・栄へと購買形態が変わった結果、宙ぶらりんになった故の岐阜中心商店街の(繊維産業の衰退による岐阜経済の地盤沈下も重なった事による)極端な衰退が路面電車の廃止の主因の一つにのつもりで書いたのであって、路面電車が廃止されたから中心街がさびれたつもりで書いたわけではありません。
同時期に愛知県は岡崎市の中心市街地も同じような衰退をしてますが、岐阜のほうは路面電車の廃止という判り易い象徴的出来事も有り、又世界の都市・交通政策がアルプス以北の欧州やアメリカ西海岸等を中心に自動車中心の低密度都市から自転車や公共交通機関も活用した高密度型都市へ大きく変わりつつあった中で岐阜の事例が目立ったというのは有ると思います。

2018/10/29 (Mon) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Post a comment