FC2ブログ
リーフィアタワー海老名アクロスコート [Reefia Tower Ebina Ebosu Court] - 海老名市

リーフィアタワー海老名アクロスコート [Reefia Tower Ebina Ebosu Court]

  •   14, 2018 07:10
  •  0
  •  0
リーフィアタワー海老名アクロスコートは神奈川県海老名市の小田急海老名駅とJR相模線海老名駅の間で開発の進むエリアである「ViNA GARDENS(ビナガーデンズ)」で建設中の31階建て、高さ99.95m、総戸数304戸の超高層タワーマンションです。
海老名駅間地区 A地区(住宅エリア)では最も東側のタワーマンションとなります。



◆参考資料、引用元
リーフィアタワー海老名アクロスコート 公式サイト





◆過去の記事
→2017年9月8日投稿 海老名駅間地区 A地区
→2017年10月24日投稿 リーフィアタワー海老名アクロスコート
→2018年7月18日投稿 リーフィアタワー海老名アクロスコート










■概要
・名称  リーフィアタワー海老名アクロスコート (A棟)
・所在地 神奈川県海老名市めぐみ町512番11
・階数  地上31階建て
・高さ  99.95m
・構造  鉄筋コンクリート造、(一部鉄骨造(基礎免震構造))
・総戸数 304戸(3棟全約900戸)
・敷地面積 6,038.59㎡ (販売対象面積5,035.77㎡)
・建築面積 2,720.23㎡ (販売対象面積2,500.73㎡)
・延床面積 33,811.77㎡(販売対象面積33,612.58㎡)
・着工  2017年8月1日 ※A棟
・竣工  2020年1月末日予定(公式サイト:2019年10月下旬) ※A棟
・建築主 小田急不動産、三菱地所レジデンス、小田急電鉄
・設計  三井住友建設(基本設計:アール・アイ・エー)
・施工  三井住友建設
・最寄駅 海老名
(2018年7月8日撮影)




現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








東側の海老名駅自由通路から見た建設中のリーフィアタワー海老名アクロスコート (A棟)の様子です。
このアクロスコート(A棟)の奥側(西側)に立体駐車場、その手前側にはB棟が建設されます。
B棟はアクロスコート(A棟)と同規模ですが、着工は2018年1月4日、竣工予定は2022年1月末日となっています。









東側から見上げた建設中のリーフィアタワー海老名アクロスコート (A棟)の様子です。
撮影時は3~5階付近の躯体を建設していました。

街区初のタワーマンションとなり、タワーマンションであることを活かして28階にはスカイラウンジが設置されるほか、低層階にはコミュニティルームやゲストルーム、オーナーズライブラリーなど共用施設が充実しています。








柱部に長く伸びた鉄筋やコンパネ等の型枠が全く見当たらないので、プレキャストコンクリートを使用した施工が行われているものと思われます。










北側から見た建設中のリーフィアタワー海老名アクロスコート (A棟)の様子です。








仮囲いに貼られているリーフィアタワー海老名アクロスコート (A棟)の外観完成予想図です。







海老名駅間地区開発計画(ViNA GARDENS)全体の様子です。
今から数年以内にここにタワーマンション群ができ、2025年には海老名駅周辺の超高層ビルやタワーマンションは合計11棟となりそうです。



整理番号B-0356-A1-04
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment