FC2ブログ
HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) ※東京五輪 選手村 [HARUMI FLAG (Harmi Flag) * Tokyo Olympic Village Village] - 中央区

HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) ※東京五輪 選手村 [HARUMI FLAG (Harmi Flag) * Tokyo Olympic Village Village]

  •   17, 2018 06:32
  •  0
  •  0
HARUMI FLAG (ハルミフラッグ)は晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業として、東京都中央区晴海で建設予定の東京オリンピック・パラリンピック選手村で、大会後に建設されるツインタワーの高層棟(50階建て、高さ180m)、選手村として使用される選手村棟(14~18階建て、高さ約50m~70m)の計24棟、総戸数5,632戸が計画されています。







◆参考資料、引用元
東京都 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業の特定建築者予定者を決定しました
~晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業~  「HARUMI FLAG」に名称決定  東京のどまんなかに24棟(※1)・5,632戸の街づくりを実現





◆過去の記事
→2016年12月31日投稿 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業
→2017年10月26日投稿 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業 (東京五輪選手村)
→2018年9月23日投稿 晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業(東京五輪 選手村)












■全体概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ)
・所在地 東京都中央区晴海五丁目
・階数  地上50階、地下1階建て(高層棟)、地上14~18階建て(選手村棟)、地上4階建て(商業棟)
・高さ  180m、約50~70m(※詳細は記事下部へ)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 5,632戸(分譲住宅街区4,145戸、賃貸住宅街区1,487戸)
・敷地面積 133,906.26㎡(事業面積:約18ha)
・建築面積 約47,400㎡※変更されている可能性あり
・延床面積 約677,900㎡※変更されている可能性あり
・着工  2017年1月上旬
・竣工  タワー棟:2024年3月下旬
     板状住宅棟:2022年9月下旬改修完了
     (※選手村部分:2019年12月)
・建築主 三井不動産レジデンシャル、三菱地所
レジデンス、野村不動産、住友不動産、住友商事、東急不動産、東京建物、NTT 都市開発、新日鉄興和不動産、大和ハウス工業、三井不動産
・設計  日建ハウジングシステム、東急建設、日本設計、長谷工コーポレーション、三菱地所設計、前田建設工業、三井住友建設
・施工  東急建設、長谷工コーポレーション、前田建設工業、三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前
(2018年11月7日撮影)







現地仮囲いに掲載されているHARUMI FLAG (ハルミフラッグ)、東京五輪選手村全体の完成予想図です。

50階建て、高さ約180mのツインタワーマンションは東京五輪後に建設され、周囲の14 - 18階建ての高層マンションは東京五輪までに建設されて選手村として使われたあと、分譲及び賃貸マンションとなります。
完成予想図手前側、埠頭先端部には広々とした緑地を持つ晴海ふ頭公園が整備されます。











◆HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-3街区
・用途:賃貸住宅(シニア住宅、シェアハウス含む)、介護住宅、保育施設
・街区面積:26,300.14㎡
・総戸数:1,487戸
・棟数:4棟









◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-3街区 3-A棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-3街区 3-A棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目501番
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  62.82m(軒高または建築物高さ59.02m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  1,487戸※街区全体
・敷地面積 26,300.14㎡※街区全体
・建築面積 1,758.22㎡(街区全体:7,592.79㎡)
・延床面積 26,912.17㎡(街区全体:112,883.49㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム、東急建設
・施工  東急建設
・最寄駅 勝どき、市場前








■HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-3街区 3-B棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-3街区 3-B棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目501番
・階数  地上17階、地下1階建て
・高さ  62.82m(軒高または建築物高さ59.02m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  1,487戸※街区全体
・敷地面積 26,300.14㎡※街区全体
・建築面積 1,754.13㎡(街区全体:7,592.79㎡)
・延床面積 26,129.16㎡(街区全体:112,879.72㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム、東急建設
・施工  東急建設
・最寄駅 勝どき、市場前











◆HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4街区
・用途:分譲住宅
・街区面積:23,633.20㎡
・総戸数:686戸
・棟数:5棟






◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4-A棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4-A棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.12m(軒高または建築物高さ59.46m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  686戸 ※街区全体
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,874.86㎡(街区全体:7,891.73㎡)
・延床面積 26,961.56㎡(街区全体:104,497.46㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日本設計、長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4-D棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4-D棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.04m(軒高または建築物高さ59.47m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  686戸 ※第5-4街区全体
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,898.03㎡(街区全体:7,891.73㎡)
・延床面積 25,045.49㎡(街区全体:104,497.46㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日本設計、長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前











◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 4-E棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-4街区 4-E棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目502番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  60.10m(軒高または建築物高さ59.53m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  686戸 ※第5-4街区全体
・敷地面積 23,633.20㎡※街区全体
・建築面積 1,862.75㎡(街区全体:7,892.70㎡)
・延床面積 24,807.65㎡(街区全体:104,586.09㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2022年9月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日本設計、長谷工コーポレーション
・施工  長谷工コーポレーション
・最寄駅 勝どき、市場前







◆HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区
・用途:分譲住宅、店舗
・街区面積:37,441.27㎡
・総戸数:1,822戸
・棟数:7棟








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-C棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-C棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上16階、地下1階建て
・高さ  57.97m(軒高または建築物高さ52.37m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  1,822戸※街区全体
・敷地面積 37,441.27㎡※街区全体
・建築面積 2,323.90㎡(街区全体:12,994.85㎡)
・延床面積 27,047.41㎡(街区全体:226,144.50㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  三菱地所設計、前田建設工業
・施工  前田建設工業
・最寄駅 勝どき、市場前








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-E棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-E棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.41m(軒高または建築物高さ58.81m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  1,822戸※街区全体
・敷地面積 37,441.27㎡※街区全体
・建築面積 1,243.25㎡(街区全体:12,974.36㎡)
・延床面積 17,593.91㎡(街区全体:225,282.40㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  三菱地所設計、前田建設工業
・施工  前田建設工業
・最寄駅 勝どき、市場前








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-F棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-5街区 5-F棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目503番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.31m(軒高または建築物高さ58.71m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  ---
・敷地面積 37,441.27㎡※街区全体
・建築面積 1,559.78㎡(街区全体:12,974.36㎡)
・延床面積 21,678.49㎡(街区全体:225,282.40㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  前田建設工業
・最寄駅 勝どき、市場前







◆HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区
・用途:分譲住宅、店舗
・街区面積:35,175.79㎡
・総戸数:1,637戸
・棟数:7棟








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区 6-B棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ)第5-6街区 6-B棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.66m(軒高または建築物高さ59.49m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  1,637戸※街区全体
・敷地面積 35,175.79㎡※街区全体
・建築面積 1,731.93㎡(街区全体:10,980.66㎡)
・延床面積 22,920.27㎡(街区全体:210,742.05㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム、三井住友建設
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前









◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区 6-C棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区 6-C棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上18階、地下1階建て
・高さ  64.45m(軒高または建築物高さ59.28m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数  1,637戸※街区全体
・敷地面積 35,175.79㎡※街区全体
・建築面積 1,787.19㎡(街区全体:10,980.66㎡)
・延床面積 25,748.14㎡(街区全体:210,742.05㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム
・施工  三井住友建設、三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場前








◇HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区 6-E棟 概要
・名称  HARUMI FLAG (ハルミフラッグ) 第5-6街区 6-E棟
・住所  東京都中央区晴海五丁目504番
・階数  地上16階、地下1階建て
・高さ  57.51m(軒高または建築物高さ52.24m)
・構造  鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)
・総戸数  1,637戸※街区全体
・敷地面積 35,175.79㎡※街区全体
・建築面積 1,295.31㎡(街区全体:10,998.92㎡)
・延床面積 16,897.94㎡(街区全体:210,785.14㎡)
・着工  2017年1月中旬
・竣工  2024年3月下旬
・建築主 三井不動産レジデンシャル(代表会社)、NTT都市開発、新日鉄興和不動産、住友商事、住友不動産、大和ハウス工業、東急不動産、東京建物、野村不動産、三井不動産、三菱地所レジデンス
・設計  日建ハウジングシステム、三井住友建設
・施工  三井住友建設
・最寄駅 勝どき、市場







◆晴海地区新設小学校中学校建設予定地
ここには東京五輪後に小中学校が建設されます。
東京五輪後の選手村は分譲や賃貸のマンションとして扱われ、約1万2,000人ほどが引っ越してくると予想されています。

2023年度開校予定で、地上5階建て、小学校・中学校共に1学年5クラスというマンモス校になるとのことです。










◆5-7街区 商業施設建設予定地
中央清掃工場に隣接した場所に建設予定となっており、スーパーマーケットをはじめ、地域住民の生活を支える商業施設となります。







◆水素ステーション建設予定地
HARUMI FLAGは次世代エネルギーとして期待の高い水素を活用する街を目指しており、エリア内のマンションや商業施設に水素エネルギーを供給するための水素ステーションを中央清掃工場東側に整備する計画となっています。

この水素ステーションは新都市交通BRTで導入予定の燃料電池バスや、一般の燃料電池自動車(FCV)に水素を供給する場所として機能するほか、水素ステーションからHARUMI FLAGへ送りこまれた水素は、各街区に設置された純水素型燃料電池 (PEFC) により、電気と熱となり、住宅の共用部電力や6街区のASHIYU LOUNGEなどに利用される計画です。









◆晴海ふ頭公園予定地
埠頭の西端は晴海ふ頭公園として整備されます。








現地仮囲いに貼られているHARUMI FLAG (ハルミフラッグ)の完成予想パースです。







仮囲いに貼られているHARUMI FLAG (ハルミフラッグ)5-4街区の低層部分完成予想パースと平面図です。







建物の細かいところを見てみます。
一部の角部屋はこのように床から天井まである大きな窓ガラスが設置されていたりします。
選手村として利用している時は選手や委員の集うラウンジとして利用されるのでしょうか。







現場打ちとプレキャストコンクリートの併用工法のようですね。







晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業全体の街区割り、配置図です。







開通した環状2号線豊洲大橋から見た建設中のHARUMI FLAG (ハルミフラッグ)の様子です。
総開発面積133,906.26㎡、合計24棟の過去類を見ない大規模開発で数多くのタワークレーンやクローラークレーンが並びます。

2020年東京五輪を目指し、怒濤の勢いで再開発の進む東京の中心。
2020年東京五輪が終わると次は2027年リニア中央新幹線開業と開発は更に続き、東京に集中している開発も老朽化しているビルが多く、オフィス需要の逼迫している名古屋や大阪などにも広がっていくものと思われます。



整理番号B-0466-04

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment