FC2ブログ
大阪・夢洲に55階建て、高さ275mの近未来的なデザインの超高層ビル建設へ - 大阪市

大阪・夢洲に55階建て、高さ275mの近未来的なデザインの超高層ビル建設へ

  •   21, 2018 06:43
  •  0
  •  0
2025年大阪万博が計画されている大阪府大阪市此花区夢洲で、カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を前提として、55階建て、高さ275mの超高層ビルが計画されました。総事業費は約1,000屋円規模となる見込みです。
フロア構成は低層部分が商業施設やエンターテインメント関連施設、中高層階にオフィス、ホテルなどが入る予定で、最上階には展望施設やレストランも計画されています。
また、延伸開業予定の大阪メトロ中央線の夢洲駅と一体化される計画となっています。



◆参考資料、引用元
朝日新聞 夢洲に55階建てタワー駅ビル構想 大阪メトロが発表
THE PAGE 夢洲に駅タワービル構想 万博開催までに大阪メトロ「新しい大阪の活力拠点に」
毎日新聞 夢洲新駅にタワービル、大阪メトロが構想 大阪万博会場
東京新聞 万博会場に駅直結の超高層ビル 大阪メトロが開発構想





2018-12-20.png





■概要
・名称  夢洲超高層ビル計画 (※正式な計画名が公表されていないため、管理人が暫定的に名称をつけています)
・name   Yumeshima skyscraper Plan
・中文名 梦洲摩天大楼计划
・所在地  大阪府大阪市此花区夢洲付近
・階数  地上55階、地下1階建て
・高さ  275m
・構造  ---
・敷地面積 ---
・建築面積 ---
・延床面積 ---
・着工  ---
・竣工  2024年度
・建築主 大阪メトロ
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 ---
(2014年~2018年撮影)





55階建て、高さ275mの超高層ビルが計画されている夢洲です。
この超高層ビルはここ夢洲のシンボルタワーとなる計画で、現在は更地ですが、2025年に大阪万博が開催され、IR(統合型リゾート計画)も建設が行われます。
DSC07117_20181220225748b2e.jpg





参考資料から拝借した大阪メトロ中央線夢洲駅の完成予想図です。
タワービルには延伸が計画されている大阪メトロ中央線の夢洲駅も直結されます。
このように近未来的なデザインの駅となる予定です。
2018-12-20 (1)





ここで大阪府に建つ超高層ビルの高さトップ3を見てみます。
まずは大阪府内第3位、「大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)」です。
こちらは55階建て、高さ256mで夢洲のお隣の人工島である咲洲に建っています。
DSC06947.jpg






こちらは大阪府内第2位の「りんくうゲートタワービル」です。
56階建て、高さ256.1mで、大阪府泉佐野市の関西国際空港の目の前に建っています。
DSC04728.jpg







そして1位は日本最高層の「あべのハルカス」です。
60階建て、高さ300mの超高層ビルで、日本で初めてのスーパートールであり、現時点で日本国内において最も高い超高層ビルです。

夢洲に新たに建設される超高層ビルはこちらよりも低いものではありますが、大阪府内高さ2位の超高層ビルとなり、更に奇抜で近未来的な外観デザインが特徴的な超高層ビルとなりそうです。
個人的には東京で高さ390mの超高層ビル計画もあり、大阪には高さ400m、500m級に挑戦してもらいたかったところですが、IRが開業すれば更なる需要も期待できますから、その時を楽しみに待ちたいと思います。
DSC03343_20181220225752b95.jpg

整理事業B-0679-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment