FC2ブログ
大崎ガーデンレジデンス - 品川区

大崎ガーデンレジデンス

  •   14, 2019 12:35
  •  0
  •  0
大崎ガーデンレジデンスは東京都品川区西品川の東海道新幹線と湘南新宿ラインで囲まれた場所に建つ23階建て、高さ82.59m、総戸数423戸のタワーマンションで、フロントサービスや各階ごみステーションなどを完備した住友不動産の都心居住型高級賃貸マンションです。




◆過去の記事
→2016年6月4日投稿 西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)











■概要
・名称  大崎ガーデンレジデンス
・計画名 西品川一丁目地区第一種市街地再開発事業(B街区)
・name  Osaki Garden Residence
・中文名 大崎花园住宅
・所在地 東京都品川区西品川一丁目2番1
・階数  地上23階、地下1階建て
・高さ  82.59m
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 423戸
・敷地面積 10,153.09㎡
・建築面積 2,799.99㎡
・延床面積 41,429.90㎡
・着工  2016年1月5日
・竣工  2018年6月30日予定
・設計  日建設計
・建築主 西品川一丁目地区市街地再開発組合(住友不動産)
・施工  前田建設工業
・最寄駅 大崎
(2018年12月2日撮影)





北側から見上げた大崎ガーデンレジデンスの様子です。
建物は階段状の形状をしており、こちら側は11階分の高さとなっています。









大崎ガーデンレジデンスは非常に建物桁行方向が長く、タワー型というよりは壁のようなタワーマンションになっています。
ガラス面とバルコニー面が上手く組合わさり、外観デザインの表情に変化を生んでいます。










南側から見た大崎ガーデンレジデンスの様子です。
こちら側から見ると、ごく普通のタワーマンションにありそうな縦横比率に見えます。









周辺は傾斜地となっており、雰囲気の良い街が広がります。









大崎ガーデンレジデンスは敷地西側と東側で高低差が2階分ほどあるため、建物一部を貫く階段が設けられています。








北東側の広場から見た大崎ガーデンレジデンスの様子です。
タワーマンションというよりは巨大な大規模マンションといった印象ですが、建物を高層化する代わりにこのような緑豊かな広場が設けられる再開発に魅力を感じます。


整理番号B-0402-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment