FC2ブログ
愛知環状鉄道、2019年3月2日からTOICA(トイカ)、manaca(マナカ)利用可能へ - ■ 鉄道

愛知環状鉄道、2019年3月2日からTOICA(トイカ)、manaca(マナカ)利用可能へ

  •   02, 2019 13:00
  •  2
  •  0
愛知県春日井市の高蔵寺から、瀬戸市、豊田市を経由し、岡崎市へ至る愛知環状鉄道(通称:愛環)で2019年3月2日から交通系ICカードのTOICA(トイカ)、manaca(マナカ)の利用が可能になります。

具体的にはJR東海の交通系ICカードであるTOICA(トイカ)の導入とし、JR東海とのTOICA連絡定期券の発行も行われます。
TOICA(トイカ)導入に合わせ、市営地下鉄や名鉄などが採用しているmanaca(マナカ)や首都圏のSuica(スイカ)、PASMO(パスモ)、関西圏のICOCA(イコカ)との相互利用も可能となります。















愛知環状鉄道の現在の駅改札機です。
2018年12月時点ではこのように交通系ICカードをタッチする部分に「ICカードのエリア外です」と書かれたステッカーが貼り付けられています。
交通系ICカードの利用が可能となる2019年3月2日にこちらのステッカーが外されるものと思われます。








JR中央本線との乗換駅である高蔵寺駅では、2018年12月時点ではこのようにICカード乗車券での利用ができないとの案内がなされています。







愛知環状鉄道は第三セクターの鉄道ながら、黒字経営となっており、2016年度の利用者数は1,711万人と年間利用者数は1,000万人を超えています。
沿線にはトヨタ系列の企業や大学などが集まっているほか、四郷駅周辺では大規模な土地区画整理事業も行われており、愛知環状鉄道沿線では今後も中水野や八草といった駅周辺のまちづくりが行われる計画もあります。

こうした計画から今後も利用者が増えると思われ、円滑で利用しやすい鉄道にするためにもICカード乗車券の導入は必須です。
ICカード乗車券導入と共に愛環沿線は今後も更に発展し、賑やかで華やかな街が形成されていくことでしょう。


整理番号 鉄道 愛知環状鉄道、2019年3月2日からTOICA(トイカ)、manaca(マナカ)利用可能へ
スポンサーサイト
広告

2 Comment

きりぼう  

Re:

愛環のトイカチャージ機械の設置工事が自分の撮影した後あたりから、各駅で設置が始まったそうで無人駅にも簡易的な改札ができるのではと思われます。
岡崎駅は12/29に乗換改札の設置工事が始まったとツイッターで見かけたので、岡崎経由のみ改札を通すといった形で処理するものかと思われます。

2019/01/03 (Thu) 12:51 | EDIT | REPLY |   

天白区の人  

愛知環状鉄道は車内検札や無人駅などICカード化にするには障害になるような部分があったんですけど、ICカード化後はどうするんでしょうかねぇ。
車内検札には、名鉄とかが使っているポータブル機器を使うのでしょうか?
または中間改札を高蔵寺とか岡崎駅に設置するのでしょうか?
あと無人駅は簡易ICカード改札機でも設置するのでしょうか?
高蔵寺→岡崎→名古屋(愛知環状鉄道・東海道線ルート 片道1,490円)と
高蔵寺→千種→鶴舞→金山→名古屋(中央線ルート 片道410円)では料金が約1000円違います

2019/01/03 (Thu) 10:41 | EDIT | REPLY |   

Post a comment