FC2ブログ
六本木ヒルズ森タワー展望台(東京シティビュー)から見た霧の中から顔を出す武蔵小杉、横浜方面の超高層。 - ■ 風景写真

六本木ヒルズ森タワー展望台(東京シティビュー)から見た霧の中から顔を出す武蔵小杉、横浜方面の超高層。

  •   03, 2019 19:32
  •  0
  •  0
六本木ヒルズ森タワーの展望台「東京シティビュー」から見た景色です。
東京シティビューは、東京の中心港区六本木に位置し、海抜250mの屋内展望回廊と海抜270mの屋上「スカイデッキ」を有する展望施設となっています。

今回は六本木ヒルズ展望台から南側、大崎から目黒、川崎、武蔵小杉、横浜方面の遠景を載せます。













目黒から武蔵小杉にかけて広域遠望写真です。
あまり超高層のイメージがない目黒ですが、最近駅前の再開発が完了し、一気に3棟の超高層ビル、タワーマンションが完成しています。

また、写真中央で建設中のタワーマンションが見えますが、そちらは東急目黒線沿いの武蔵小山で、こちらは駅前の商店街がそこそこ有名ですが、こちらでもタワーマンションの建設が2棟行われています。










目黒方面に拡大してみます。
ここまでズームをすると更に奥にも超高層ビルやタワーマンション群があることがわかります。
遥か遠く、新川崎や横浜みなとみらい21の超高層ビル群、タワーマンション群です。








かすかにランドマークタワーや新川崎のパークタワーが見えますね。
横浜より更にその先、東戸塚や藤沢、小田原と首都圏の郊外は途切れなく市街地が続きます。










こちらは工業地帯もある川崎市方面の景色です。










同じ川崎市でも武蔵小杉や新百合ヶ丘といった場所も川崎市なので、川崎といっても様々なエリアがあります。
写真奥には武蔵小杉のタワーマンション群が建ち並んでおり、地上付近の霞の中から筍のように生えている超高層のタワーマンション群が不思議な印象を受けます。







二子玉川方面の景色です。
本来ならこちらの方向に富士山が見えるはずです
撮影時は結構霞んでいたので南方向は遠くが見えませんでした。少し惜しいです。。


整理番号P-0108-02 予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment