FC2ブログ
パークシティ武蔵小山 ザ タワー - 品川区の超高層ビル・タワーマンション

パークシティ武蔵小山 ザ タワー

  •   23, 2019 12:30
  •  0
  •  0
パークシティ武蔵小山 ザ タワーは東京都品川区小山の東急電鉄目黒線武蔵小山駅南側で建設中の41階建て、高さ144.95mの超高層タワーマンションで、日本一元気な商店街とも呼ばれる「武蔵小山商店街PALM」というアーケード商店街に隣接した立地で再開発が行われています。

武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業では、武蔵小山駅周辺地域の交通利便性の向上や都市基盤整備の進捗、及びそれらに伴う都市計画的な位置付けの高まりにより、地区全体の拠点性の強化から、品川区の西の玄関口・荏原地区の中心核にふさわしい魅力ある複合市街地の整備を行うものとされています。






◆参考資料、引用元
東京都都市整備局 武蔵小山パルム駅前地区地区第一種市街地再開発事業 (品川区決定)
パークシティ武蔵小山 ザ タワー 公式サイト




◆過去の記事
→2016年11月24日投稿 武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業












■概要
・名称  パークシティ武蔵小山 ザ タワー
・計画名 武蔵小山パルム駅前地区第一種市街地再開発事業
・name  Musashikoyama Palum Front of the station area First type city redevelopment project
・中文名 武藏小山帕尔梅车站前区的第一站区更新片区项目
・所在地 東京都品川区小山三丁目15番他
・階数  地上41階、地下2階建て
・高さ  144.95m (141.95m)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 約640戸
・敷地面積 7,418.67㎡
・建築面積 4,964.69㎡
・延床面積 75,313.82㎡
・着工  2016年3月1日
・竣工  2019年5月31日
・設計  日建設計
・建築主 武蔵小山パルム駅前地区市街地再開組合(参加組合員:三井不動産レジデンシャル、旭化成不動産レジデンス)
・施工  鹿島建設
・最寄駅 武蔵小山
(2018年1月8日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








南西側から見上げた建設中のパークシティ武蔵小山 ザ タワーの様子です。
武蔵小山という下町風情ある商店街に隣接して建設されていることもあり、建物の外観デザインはまちの景観に馴染むアースカラーを採用しています。







公式サイトには、上質さを感じさせながら、武蔵小山のあたたかみのある雰囲気に溶け込む、ゲート性の高いファサードとあり、下町風情ある商店街が特徴の武蔵小山という地におけるランドマークとなるよう、デザインされています。

さらに、空と馴染むようガラスを多用するなど、人にも、まちにも、空にも、フレンドリーなタワーということで、今までのタワマン=お金持ちが住む場所という印象を取っ払い、武蔵小山の下町風情をそのままタワーマンションにも落とし込んでいます。

なお、予定販売価格は7,980万円~2億590万円ということで、庶民には手が出せない価格になっています。最低でも夫婦で大手企業勤務、共働きでないと購入できませんね。









東急目黒線武蔵小山駅東口から見た駅前の様子です。
東急目黒線は東急の路線の中ではあまり目立たない存在ですが、武蔵小山駅の一日平均乗降客数は5万3,186人となっていたりします。
写真左側にパークシティ武蔵小山 ザ タワーが建設されており、奥へ進むとアーケード商店街の武蔵小山商店街PALMがあります。









敷地西側に建設されている商業施設の「ザ モール」や屋上庭園の「ザ テラス」、広場の「ザ プラザ」などのできる低層部分です。
木調の縦格子や横桟格子、ガラス、白に塗装された床スラブの組み合わせが下町風情ある温かみをデザインしているものと思われます。








建築家 光井純氏の監修で設計がなされ、建物の随所でデザイン性の高さを感じることができます。
建築家 光井純氏の過去の作品としては、
東京国際空港(羽田)第2旅客ターミナルやアーバンドック パークシティ豊洲、SKYZ TOWER & GARDENなどがあるとのことです。









南東側から見上げた建設中のパークシティ武蔵小山 ザ タワーの様子です。









武蔵小山商店街PALMのアーケードに面した箇所も仮囲いがなされ、工事が行われています。









アーケード商店街の武蔵小山商店街PALMの様子です。
駅から人の流れがあり、かなり賑わっていました。



整理番号B-0455-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment