FC2ブログ
シティタワー武蔵小山 - 品川区

シティタワー武蔵小山

  •   06, 2019 18:30
  •  0
  •  0
シティタワー武蔵小山は東京都品川区の東急目黒線武蔵小山駅東側で建設中の41階建て、高さ144.504m、総戸数506戸の超高層タワーマンションで、計画名が武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業として行われている再開発事業となります。

武蔵小山駅周辺は下町情緒溢れる商店街であることから、外観デザインに一工夫なされています。
横へのつながりを意識した落ち着きある意匠が街に安らぎを与える基壇部や、縦方向の白いラインを際立たせることで空に向かって伸びゆく印象を演出しており、ガラスのきらめきが精悍さも感じさせる洗練されたファサードとなっています。





◆参考資料、引用元
→シティタワー武蔵小山 公式サイト













■概要
・名称  シティタワー武蔵小山
・計画名 武蔵小山駅前通り地区第一種市街地再開発事業施設建築物
・name  City Tower Musashikoyama
・中文名 城市塔楼武藏小山
・所在地 東京都品川区小山三丁目1番24
・階数  地上41階、地下2階建て
・高さ  144.504m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・総戸数 506戸(非分譲住戸188戸含む)、その他店舗・公益施設・事務所(詳細未定) 
・敷地面積 5,416.38㎡
・建築面積 3,257.06㎡
・延床面積 53,456.13㎡
・着工  2018年4月28日
・竣工  2021年6月15日
・建築主 武蔵小山駅前通り地区市街地再開発組合
・設計  アール・アイ・エー
・施工  五洋建設
・最寄駅 武蔵小山
(2019年1月8日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









北西側から見上げた建設中のシティタワー武蔵小山の様子です。
タワークレーンが設置されており、工事が進んでいます。








北東側から見た建設中のシティタワー武蔵小山の様子です。
共用施設にはタワーマンションという特徴を活かしたスカイラウンジ&パーティールーム(36階)、オーナーズスイート、ライブラリー、スタディルーム、キッスルームなどが入ります。








建設中のシティタワー武蔵小山に隣接してパークシティ武蔵小山 ザ タワーの建設も進みます。










西側にはアーケード商店街、東側はこのような商店街となっています。









仮囲いにはこのようにパークシティ武蔵小山 ザ タワーから見た景色の写真も貼り付けられています。










東側から見た建設中のパークシティ武蔵小山 ザ タワーの様子です。
パークシティ武蔵小山 ザ タワーでは、基礎免震および中間階免震併用構造を採用しており、積層ゴムとオイルダンパー等を用いた免震装置が地震のエネルギーを吸収するため、建物の変形、揺れを抑制することができる構造となっています。



整理番号B-0721-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment