FC2ブログ
新国立競技場 - ★2020東京五輪関連

新国立競技場

  •   05, 2019 12:30
  •  0
  •  0
新国立競技場は東京都新宿区霞ヶ丘で建設中の5階建て、高さ47.35m、延床面積193,573.03㎡の大規模競技施設で、2020年東京オリンピックのメイン会場となります。

2020年東京オリンピック開催決定時は脱構成主義の一人であり、アンビルトの女王ことザハ・ハディド氏設計の流線型デザインの奇抜な競技場となる計画がコンペで決定されていましたが、費用と工期の面から再コンペがなされて隈研吾氏の案が採用されました。

現在は建物外観がほぼ完成してきており、2019年11月30日竣工予定となっています。




◆参考資料、引用元
新国立競技場 公式サイト
日本経済新聞 日本らしさ世界にアピール 木で覆う新国立競技場
nippon.com新国立競技場に込められたメッセージ——建築家・隈研吾さん
新国立競技場 公式サイト イメージパース 公開パース
日刊スポーツ新聞 新国立に47都道府県木材「全国の人が心ひとつに」





◆過去の記事
→2014年5月31日投稿 新国立競技場
→2017年11月18日投稿 新国立競技場(仮称)












■概要
・名称  新国立競技場
・所在地 東京都新宿区霞ヶ丘10番1ほか、東京都渋谷区千駄ヶ谷一丁目15番1ほか
・階数  地上5階、地下2階建て
・高さ  47.35m
・構造  鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 109,767.83㎡
・建築面積 69,611.46㎡
・延床面積 193,023.91㎡
・着工  2016年12月1日
・竣工  2019年11月30日予定
・建築主 日本スポーツ振興センター
・設計  新国立競技場整備事業 大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体
・施工  大成建設
・最寄駅 国立競技場、千駄ヶ谷、外苑前
(2019年1月22日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










設計・工事監理は和の大家、負ける建築で有名な建築家「隈研吾 氏」の設計事務所である「隈研吾建築都市設計事務所」が担当しています。










南側から見た建設中の新国立競技場の様子です。
まるで巨大な円盤かUFOが降り立ったかのような建物が出来上がっていました。









南西側から見た建設中の新国立競技場の様子です。
杉か松か目の前の二本の針葉樹が象徴的でした。









軒天の木製格子が特徴的な外観デザインとなっています。
ちなみにこの木製格子は47都道府県全国各地の木材が利用されています。







軒天部分、庇に拡大してみると、木製格子と鉄骨の柱の組み合わせとなっていることがわかります。
新国立競技場の屋根や壁面には木材が多用されていますが、主要構造部は鉄骨造となっており、建基法で規定する長期・短期荷重で生じた応力は、すべて鉄骨で負担する設計となっているとのことです。

屋根も法律上の制限から、全てを木造で構成することは不可能で骨部材を集成材で挟み込む「木と鉄のハイブリッド構造」の屋根トラスになりました。









照明関係の設備でしょうか。
構造部分以外の工事にも着手し始めています。










北西側から見た建設中の新国立競技場の様子です。









北側、地下鉄大江戸線国立競技場駅出入口付近から見た建設中の新国立競技場の様子です。








地下鉄大江戸線国立競技場駅出入口付近の整備も進みます。








新国立競技場と新宿方面の超高層ビル群の組み合わせです。
建築家の隈研吾氏は年始に放送された「NHKスペシャル「空から見る 昭和 平成 そして未来」で、「いかに高さを低くするか」、「これからの東京は高さを競うのではなく、低層の建物や路地があるまちづくりをして、歩いて楽しい街にする」と言っていましたが、個人的には歩いて楽しい街にするべきだと思いますし、クルマを気にしなくて良い路地空間は大好きです。

しかし、低層建築と超高層建築のこのコントラストが美しいと思っているので隈研吾さんが地味で、小さく、儚さの文化である銀閣に例えるのであれば私の好きな超高層は壮大で華やかな金閣でしょうか。


過去の日本建築を見ても法隆寺の五重塔と講堂、金堂など超高層と低層の組み合わせ、コントラストが多い気がします。
ですので、木材を積極的に用いる隈研吾さんの建築は大好きですが、私は超高層を推していきたいと思います。

ただ、クルマを気にせず歩き回れる都市にはしていくべきですし、路地空間は再開発エリアでもあえて創っていくべきと思います。










最後に六本木ヒルズ展望台から見た建設中の新国立競技場の様子です。
巨大低層建築が東京のど真ん中にできてきましたね。
東京オリンピックも来年に控え、本当に楽しみです。


整理番号 2020東京五輪関連-03
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment