FC2ブログ
リズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園) - 練馬区の超高層ビル・タワーマンション

リズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)

  •   06, 2019 06:45
  •  0
  •  0
リズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)は東京都練馬区の西武池袋線大泉学園駅北口に建つ27階建て、高さ99.80m、総戸数168戸の超高層タワーマンションで、大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業として再開発がなされ、2004年に北口地区まちづくり懇談会が設立されてから約11年で完成しています。

低層部分には西武系都市型ショッピングモールのGrand Emio(グランエミオ)大泉学園が入っており、大泉学園駅から直結するペデストリアンデッキ上には「大泉アニメゲート」があります。





◆参考資料、引用元
2013.01.29大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業 再開発ビル本体工事及び公共施設工事の着工について










■概要
・名称  リズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)
・計画名 大泉学園駅北口地区第一種市街地再開発事業
・name  Rizumo Oizumi Gakuen (Proud Tower Oizumi Gakuen)
・中文名 Rizumo 大泉学园 (骄傲的塔大泉学园)
・所在地 東京都練馬区東大泉一丁目28番2
・階数  地上27階、地下1階建て
・高さ  99.80m (軒高または建築物高さ:93.90m)
・構造  鉄筋コンクリート造、鉄骨造
・総戸数 168戸
・敷地面積 5,110.71㎡
・建築面積 4,079.43㎡
・延床面積 37,805.47㎡
・着工  2013年1月29日
・竣工  2015年3月
・建築主 大泉学園駅北口地区市街地再開発組合 (参加組合員:野村不動産、権利者:個人権利者5名、西武鉄道、東京あおば農業共同組合、野村不動産)
・設計  アール・アイ・エー
・施工  清水建設
・最寄駅 大泉学園
(2019年1月16日撮影)





西側、真下から見上げたリズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)の様子です。
外観デザインは近年の野村不動産のタワーマンションでよく見かけるベージュ色を基調として、乳白色のバルコニー手すり、白色のバルコニー軒の組み合わせとなっています。









西武池袋線大泉学園駅からはペデストリアンデッキで直結しています。
大泉学園駅は一日平均乗降客数8万7,981人(2017年度)となっており、準急や通勤急行などが停車します。








南西側から見たリズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)の様子です。

大泉学園駅からペデストリアンデッキで直結しており、都心部で深夜まで残業している忙しい人でも電車で駅まで来れば、低層階の商業施設で買い物をしてそのまま帰宅という夢のような楽々生活ができます。










北側から見上げたリズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)の様子です。
低層部分が大きく、更に北側の道路も狭いため、高層部分は殆ど見えません。








リズモ大泉学園(プラウドタワー大泉学園)の低層部分の様子です。
低層部分には西武系都市型ショッピングモールのGrand Emio(グランエミオ)大泉学園が入っているほか、1階には北口バスターミナルもあります。

外観デザインは高層部分のプラウドタワー大泉学園に合わせたベージュを基調とした色合いが用いられており、一部には濃茶系色を使うことでコントラストが生まれ、引き締まった外観となっています。


整理番号B-0723-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment