FC2ブログ
東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト (大規模に工事中!「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を再現!!) - 都市開発

東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト (大規模に工事中!「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を再現!!)

  •   12, 2019 12:02
  •  4
  •  0
東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトは千葉県浦安市舞浜にあるテーマパークである東京ディズニーシーを拡張、拡大する計画で、新たに8番目のテーマポートが開発されます。

東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトでは、「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」をテーマとし、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」の世界を、本プロジェクトのために新たに開発する4つのアトラクションなどで再現した3つのエリアと、パーク内に位置し、最上級ランクの部屋を有するディズニーホテルで構成されます。

 この「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」では、既存施設への追加投資として過去最高となる約2,500億円をかけ、東京ディズニーシー開業以来最大の面積を拡張し、2022年度中の開業を目指すものとされています。





◆参考資料、引用元
【ニュース!】今後の施設開発計画について 東京ディズニーランド/東京ディズニーシー 今後の開発計画について
「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」基本計画の合意およびディズニー社とのライセンス契約の延長について 「東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト」基本計画の合意 およびディズニー社とのライセンス契約の延長について 2022年度の開業に向け、過去最大規模のプロジェクトがスタート
「東京ディズニーシー®大規模拡張プロジェクト」基本計画の合意 およびディズニー社とのライセンス契約の延長について 2022 年度の開業に向け、過去最大規模のプロジェクトがスタート




2019-02-12 (4)





■概要
・名称  東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト
・name  Tokyo DisneySea Large Scale Expansion Project
・中文名 东京迪士尼海洋大规模扩建项目
・所在地 千葉県浦安市舞浜1番2他
・階数  地上9階、地下1階建て
・高さ  38.2m
・敷地面積 137,906.79㎡
・建築面積 49,750㎡
・延床面積 103,240㎡
・竣工・開業 2022年度中
・建築主 オリエンタルランド
・設計  日建設計
・施工  ---
・最寄駅 ベイサイド・ステーション、舞浜
(2019年2月5日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。
20190212003016964.jpg






参考資料から拝借した「塔の上のラプンツェル」をテーマとしたエリアの完成予想パースです。
2019-02-12 (5)







参考資料から拝借した「ピーター・パン」をテーマとしたエリアの完成予想図です。
3D映像技術の活用などにより、ネバーランドの冒険が楽しめる大型アトラクションになります。
2019-02-12 (6)







作成した東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの配置図です。
場所は東京ディズニーリゾートの駐車場、ディズニーリゾートラインに沿った場所(赤色で塗りつぶしたエリア)で建設がなされています。
dysny111112_201902120117465e6.jpg






ディズニーリゾートライン車内、西側から見た東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの様子です。
現在は整地と基礎杭工事が行われています。

自分がディズニーリゾートラインからこの工事現場の写真を撮影していると、近くにいた学校帰りに立ち寄ったと思われる女子高生軍団から、「あのお兄さん、なに撮ってんだろう・・・」と会話が聞こえてきましたが、きっと数年後にわかりますよ?

東京の東京ディズニーリゾートと大阪のUSJは鉄道で容易にアクセスが可能で、学生でも気軽に訪れることができます。
名古屋大都市圏(三重県)のナガシマスパーランドも見習って欲しいものですが、それをこのブログで書いてしまっているためかそういう話は一切出てきません。
20190212003010655.jpg






南西側から見た東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの様子です。
現在は基礎、杭工事が行われており、大型杭打機である三点式パイルドライバとクローラークレーンが並んでいます。
20190212003012821.jpg





南側から見た東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの様子です。
奥の東京ディズニーリゾート西側では客室数475室の新ディズニーホテルも建設しており、ディズニーリゾートが工事現場と化しています。
20190212003015049.jpg






工事車両出入口から見た東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの様子です。
皆さんがディズニーリゾートで楽しく遊んでいる裏側では、このような大規模な工事が行われています。
20190212003018588.jpg






ディズニーリゾートライのベイサイド・ステーションを降りたところから見た東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの様子です。
20190212003020833.jpg






◇東京ディズニーリゾート
東京ディズニーリゾートは、ウォルト・ディズニー作品の世界観を表現した日本最大のテーマパーク群です。
主に2つのディズニーパーク(東京ディズニーランドおよび東京ディズニーシー)により構成され、2013年以降、両パーク合わせた年間入場者数は約3000万人を超えており、世界でも有数の集客力を誇ります。

ディズニーブランド施設については京成グループのオリエンタルランドがディズニー・エンタプライゼズ・インクよりライセンスを受け運営しており、キャッチコピーは「夢がかなう場所」です。
20190212003022904.jpg






こちらは隣接する東京ディズニーランドに建つシンデレラ城です。
高さは51mとなっています。
20190212003024989.jpg





こちらは東京ディズニーリゾートで最高層のタワー・オブ・テラーです。
タワー・オブ・テラーはディズニーシーにあり、高さはパーク最高層の59m(アトラクション高さ約33m)となっています。

日本国内では航空法で高さ60m以上の高さの建築物には航空障害灯の設置が義務付けられています。
主に鉄塔では白色点滅灯、高層ビルなどでは赤色点灯、150m以上の高さには赤色点滅灯を設置せねばならず、高さ60mを超えてしまうとディズニーの世界観が台無しになってしまうため、高さは59mに抑えられています。

なお、近年の規制緩和により、ライトアップ時には航空障害灯を点灯させなくても良くなり、今後もしも高さ60m以上のアトラクションができた場合、航空障害灯はライトアップ消灯時のみ点けられます。
20190212003027219.jpg





最後は東京スカイツリーの展望台から見た東京ディズニーリゾート方面の景色です。
東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクトの完成、開業は2022年度となっています。
DSC07520_20190212021040235.jpg

整理番号 東京ディズニーシー大規模拡張プロジェクト201902
スポンサーサイト
広告

4 Comment

きりぼう  

Re:

そうですよね。
人工的に出現した土地なら楽なんですが、所有者が多いと非常に難しい問題です。
ただ、道路上空の利用が可能であれば、わりとすんなり計画できそうなんですけどね…。

2019/02/13 (Wed) 21:22 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

浦安から千葉に至る海浜地域の団地群・倉庫群と京葉線はオイルショックと産業・物流構造の変化でとん挫した重厚長大型臨海工業用地と貨物用幹線鉄道の敷地を利用したもので、海を埋めて造成したある意味無主の土地故に容易に転用できたのですが、ナガシマの場合は土地の収用からせな行かんのでなかなかハードルが高いですね。

2019/02/13 (Wed) 21:14 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

京葉線も数十年前までは何もないような湿地や更地のど真ん中を貫いていたので、開発需要さえ出すことができれば今からでも田んぼの真ん中に鉄道を敷いて沿線も開発しながらということもできそうです。
ただ、問題は開発需要をどのように出すかということなんですけどね。
できれば子どもが増えて人口が増加し始めれば良いんですが…。

2019/02/13 (Wed) 02:46 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

USJとTDLは桜島線と京葉線という既存の鉄道路線が使えましたが長嶋はもともと干拓地の農業地帯の真ん中に出来たので鉄道は引きにくいですね。新名神と並走するまだ研究の域を出ない新東海道貨物線構想が現実のモノとなれば鉄道によるアクセスが検討できるかと思いますが。

2019/02/12 (Tue) 22:40 | EDIT | REPLY |   

Post a comment