FC2ブログ
エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー) - 知立市

エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)

  •   15, 2019 06:45
  •  0
  •  0
エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)は愛知県知立市栄の名鉄名古屋本線知立駅北側に建つ21階建て、総戸数107戸のタワーマンションです。
知立市最高層、知立駅北地区第一種市街地再開発事業によりまちなか居住と商業の再開発ビルとして建設されています。
敷地南側に住宅棟、中央に駐車場棟、北側に別棟が建設されており、1階には商業機能が入ります。

元々は17階建てで計画されていましたが、17階建てから19階建て、高さ63mに規模拡大された後、更に21階建て、(高さ不明)へと規模が拡大されています。





◆参考資料、引用元
知立駅北地区 第一種市街地再開発事業 公式サイト
エムズシティ知立ザ・タワー 公式サイト





◆過去の記事
→2014年12月27日投稿 知立駅北地区第一種市街地再開発事業
→2016年2月17日投稿 知立駅北地区第一種市街地再開発事業
→2017年5月7日投稿 エムズシティ知立ザ・タワー
→2017年8月22日投稿 エムズシティ知立ザ・タワー
→2017年12月9日投稿 エムズシティ知立ザ・タワー
→2018年3月10日投稿 エムズシティ知立ザ・タワー
→2018年8月22日投稿 エムズシティ知立ザ・タワー











■概要
・名称  エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)
・計画名 知立駅北地区第一市街地再開発事業
・name  EKITAS Chiryu (M's City Chiryu the Tower)
・中文名 EKITAS知立(M's城市知立塔楼)
・所在地 愛知県知立市栄一丁目18番他
・階数  地上21階建て
・高さ  約70m(高さ推定/詳細不明)
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(免震構造)
・総戸数 107戸 (非分譲7戸含む)
・敷地面積 3,917.39㎡(登記記録面積)、3,222.20㎡(建築確認面積・仮換地面積)
・建築面積 2,498.52㎡
・延床面積 18,070.78㎡
・着工  2015年末
・竣工  2018年10月末日
・建築主 知立駅北地区市街地再開発組合(参加組合員:名鉄不動産)
・設計  知立駅北地区再開発設計共同企業体(岡田建築計画事務所、アール・アイ・エー)
・施工  鉄建建設
・最寄駅 知立
(2019年1月3日撮影)






参考資料から拝借した1階平面図、配置図です。








参考資料から拝借した断面図です。










北東側から見たエキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の様子です。
エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)では、交通系ICカード「manaca」を採用しており、エントランスホールへの開錠、エレベーターの認証など、住戸の玄関も含め、3重のセキュリティシステムにより、不審者の侵入を未然に抑止しています。

また、宅配ボックスや24時間ゴミステーション、自転車置き場、バイク置き場でも「manaca」が採用されています。









エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の別棟です。
別棟には商業機能として店舗が入ります。
ガラス張りの空間と白黒のコントラストがはっきりとした外観デザインが美しいですね。








エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の駐車場棟です。
駐車場棟1階には店舗も入ります。
面積が結構広いのでスーパーマーケットでしょうか。








北西側から見上げたエキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の様子です。
エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)では、積層ゴムとオイルダンパーによる免震構造が採用されています。

免震構造によって地震時の激しい水平方向の揺れを吸収し、建物躯体への被害、家具転倒などの二次被害を軽減します。
また、通常の耐震構造のタワーマンションでは高層階になるほど揺れが激しくなりますが、免震構造によって揺れを防ぐことで心理的な安心感もあります。

基礎工法は鋼管コンクリート拡底杭工法で、地中約50mの洪積層に位置するN値50以上の支持地盤に、場所打ち鋼管コンクリート拡底杭14本が打ち込まれています。

更にハード面のみならず、ソフト面でも防災対策が施されており、全戸に防災備品が備蓄されています。









南西側から見上げたエキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の様子です。
外観デザインには、知立山車文楽の「山車」の垂直・水平の欄干をモチーフとしたファサードデザインを取り入れています。

縦方向に伸びるマリオンや多用したガラス手摺により、先進的で都会的な外観デザインとなっています。
また、建物の四方にはガラスパネル手すりが用いられています。








低層部分の様子です。
低層部の柱や壁は黒の御影石を用いた外観デザインとなっており、建物中央より西側は都市型商業施設としての店舗、東側はエントランス等の共用施設が入ります。

また、共用施設にはパーティールームやキッズルームのほかに、ペットと暮らせるマンションということでグルーミングルームも設けられており、敷地北側には立体駐車場、24時間対応ゴミステーションが設置されています。









エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)のうち、マンション部分となるエムズシティ知立ザ・タワーのエントランスアプローチです。
植栽には、エゴノキやツバキ、ハナミズキ、モミジなどの四季を彩る植栽が植えられています。










建物東側、幅員約30mのメインストリートに面して建設された低層部分店舗用の非常階段です。
エキタス知立の銘板としての役割も果たしています。








エキタス知立のロゴです。









低層部分は大理石貼りの外観デザインが非常に美しく、軒天部分も格子状のデザインとなっており、和の趣を感じられます。









南側から見上げたエキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の様子です。
周辺では知立駅土地区画整理事業と知立駅付近連続立体交差事業が行われており、高架化は2023年度完了予定、区画整理事業は2026年度完了予定となっています。








知立駅と竣工したエキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の様子です。
名古屋都心の名鉄名古屋駅まで特急、快速特急により20分でアクセスでき、一日平均乗降客数は近年急激に伸びており、3万3,102人となっています。



整理番号B-0271-09
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment