FC2ブログ
資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク)) - 横浜市

資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))

  •   18, 2019 06:45
  •  0
  •  0
資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))は神奈川県横浜市のみなとみらい21地区に建つ16階建て、高さ76.91mの高層研究所です。

基礎・基盤研究の拠点として重点的に強化するとともに、世界で展開する各地域の研究開発拠点のハブとしての機能を担いつつ、お客さまをはじめ様々な人々との交流の中から新たなイノベーションを創出していくという、これまでにない開かれた研究の形を具現化していくため、資生堂によって建設されました。



◆過去の記事
→2017年4月14日投稿 (仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター
→2017年4月14日投稿 (仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター










■概要
・名称  資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))
・計画名 (仮称)資生堂グローバルイノベーションセンター
・name  Shiseido Global Innovation Center
・中文名 资生堂全球创新中心
・所在地 神奈川県横浜市西区高島一丁目2番52ほか10筆
・階数  地上16階、地下1階建て
・高さ  76.91m(建築計画の概要板:77.96m)
・構造  鉄骨鉄筋コンクリート造
・敷地面積 6,543.81㎡
・建築面積 3,909.02㎡
・延床面積 58,226.05㎡
・着工  2016年10月24日
・竣工  2019年2月15日予定
・建築主 資生堂
・設計  鹿島建設
・施工  鹿島建設
・最寄駅 新高島
(2019年1月30日撮影)








北西側から見た資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))の様子です。











北東側から見た資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))の様子です。









資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))の低層部分の様子です。
1階と2階は「美のひらめきと出会う場所」をコンセプトにした美の複合体験施設となっています。

食と美の研究から生まれたメニューを楽しめる「S/PARK Cafe」、資生堂ランニングクラブの知見などに基づく美しくなるプログラムを体験できる
スポーツ施設「S/PARK Studio」、オリジナル化粧品をつくることができる「S/PARK Beauty Bar」、最先端技術が感じられる体験型ミュージアム「S/PARK Museum」の4コンテンツで構成されています。








みなとみらい線の新高島駅出入口も整備されています。
駅から降りてすぐのところに資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))があり、非常に利便性の高い造りとなっています。









S/PARK Cafeのサインも設置されています。
シンプルなデザインが近未来的な印象を受けます。








資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))のエントランス部分の様子です。
ガラスで覆われた透明感ある空間です。









東側から見た資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))の様子です。
カーテンウォールの方立が垂直水平のはっきりとしたラインを創り、美しい外観デザインを構成しています。









南側から見た資生堂グローバルイノベーションセンター (S/PARK (エスパーク))の様子です。
呼称のS/PARK には、多くの人が集まる「資生堂のパーク(公園)」と、イノベーションが次々とうまれる「スパークする研究所」という 2 つの意味が込められています。



整理番号B-0629-03


スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment