FC2ブログ
西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業 - 土地区画整理事業・宅地開発

西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業

  •   03, 2019 20:03
  •  0
  •  0
西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業は愛知県知立市の名鉄名古屋本線、三河線知立駅周辺で行われている土地区画整理事業です。
知立駅周辺市街地における拠点性の強化と商業地の活性化、知立駅の高架化に合わせた都市基盤の機能強化を図り商業や居住などの現存機能の再構築、並びに新たな都市機能立地の受け皿づくりを目的に推進することを目的に進められています。






◆参考資料、引用元
知立市 知立駅周辺土地区画整理事業の概要
知立市 知立駅周辺土地区画整理事業











■概要
・名称   西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業
・name  Land Readjustment Project around Chiryu Station
・中文名  知立站周边土地整理工程
・所在地  愛知県知立市栄、本町、中通など
・開発面積 13.32ha
・着工   1999年6月24日
・完工   2027年3月31日
・総事業費 約210億円
・計画戸数 ---
・計画人口 ---
・施行者   知立市
(2018年1月3日撮影)







参考資料から拝借した西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業の計画図です。
計画中の西新地地区の再開発は区画整理エリア外となります。









北側から見た西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業の様子です。
区画整理そのものは進んでおり、空き地だった場所にも建物が建ち始めています。











エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)の北側では、区画整理が進行途中となっています。









西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業ではビジネスホテルの建設も進みます。
(仮称) 東横INN名鉄知立駅前は12階建てのビジネスホテルで、2019年8月オープン予定となっています。








現地に掲載されている(仮称) 東横INN名鉄知立駅前の外観完成予想パースです。










西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業、知立市最高層のタワーマンションとして建設された「エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)」です。
21階建て、総戸数107戸のタワーマンションで、敷地南側に住宅棟、中央に駐車場棟、北側に別棟が建設されており、1階には商業機能が入ります。
→2019年2月15日投稿 エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)








エキタス知立(エムズシティ知立ザ・タワー)南側、知立クロスゲートの手前も区画整理が進められてきています。
この付近には南北に貫く大通り「都市計画道路 知立南北線」が造られます。







駅前商業ビルの「知立クロスゲート」です。
8階建てとなっており、テナントは飲食 ・サービス、飲食・夜型飲食店、カラオケ、クリニック、学習塾、サービスオフィスなど多岐に渡るものとなるようです。
知立クロスゲート 公式サイト










車社会の都市構造であった名古屋大都市圏も都心部の再開発が進むにつれて、大量輸送可能な鉄道利用が増加し始め、駅前の賑わいも出始めています。
この知立クロスゲートも入居店舗が増え、人が多くなってきました。








名鉄名古屋本線、三河線の知立駅です。
知立駅では鉄道の高架化工事が行われており、2023年竣工予定となっています。
→2019年2月12日投稿 知立連続立体交差事業



整理番号 西三河都市計画事業 知立駅周辺土地区画整理事業201902
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment