FC2ブログ
大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業 - さいたま市の超高層ビル・タワーマンション

大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業

  •   24, 2019 12:30
  •  0
  •  0
大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業は埼玉県さいたま市大宮区で建設中の18階建て、高さ94.50mの超高層ビルで、商業施設や業務施設のほか、公共公益施設としてホールも整備されます。






◆参考資料、引用元
さいたま市 大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業について












■概要
・名称  大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業
・計画名 大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業
・name  Omiya Eki Higashiguchi Daimon cho 2 - chome middle District urban area redevelopment project
・中文名 大宫駅东口大门町2丁目中地区市区再开发项目
・所在地 埼玉県さいたま市大宮区大門町二丁目118番
・階数  地上18階、地下3階建て
・高さ  94.50m
・構造  地上階:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
     地下階:鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(免震構造)
・敷地面積 8,558.34㎡
・建築面積 6,827.91㎡
・延床面積 82,084.64㎡
・着工  2018年3月9日
・竣工  2021年10月31日
・建築主 大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発組合(参加組合員:三井不動産、大栄不動産)
・設計  山下設計
・施工  鹿島・松永建設特定業務代行共同企業体
・最寄駅 大宮
(2019年2月26日撮影)







現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










参考資料から拝借した平面イメージです。
訪れる方々へのおもてなし広場として、また各種イベントの開催など、人々が集い、憩う新名所づくりとして、敷地中央に「辻広場」が設けられます。










参考資料から拝借した立面イメージ、断面図です。
フロア構成は地下に駐車場、1~5階低層部分に商業・業務、6、7階中層部分に公共公益施設のホール、8階から上高層部分が業務施設としてのオフィスとなります。








南西側から見た建設中の大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業の様子です。









南東側から見た建設中の大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業の様子です。










北東側から見た大宮駅東口大門町2丁目中地区市街地再開発事業の様子です。








基礎工法は逆打工法が用いられています。
逆打工法は1階床を先に造り、地上と地下を同時に施工する工法で、1階床を造ってから地下工事を行うため、従来の地下から地上へと順次積み上げていく工法と比べると工期を大幅に短縮できるだけでなく、工事中の騒音を減らすことができる特徴があります。


整理番号B-0761-01予約更新

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment