FC2ブログ
SAKUMACHI 商店街 (名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間高架下開発計画) - 高架下商業施設

SAKUMACHI 商店街 (名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間高架下開発計画)

  •   09, 2019 12:30
  •  4
  •  0
SAKUMACHI 商店街は名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間高架下開発計画として、愛知県名古屋市北区の尼ヶ坂駅~清水駅間で建設が進められている高架下商業施設で、飲食店、物販店、保育施設、オフィスなど1期7店舗+事務所、1期2期合わせて約25店舗が開発されます。

桜並木の続く立地特性から、明るく賑わいの溢れるまちの商店街のような 交流拠点でありたいという想いを込めて、「花咲くまちの商店街」から商業施設名称は 「SAKUMACHI 商店街」とされ、1期は2019年3月29日にオープンします。






◆参考資料、引用元
清水駅~尼ケ坂駅間 高架下に商業施設 「SAKUMACHI 商店街」Ⅰ期エリアが 3 月 29 日(金)にオープン!



◆過去の記事
→2018年10月18日投稿 名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間高架下開発計画




2019-03-08 (1)




■概要
・名称  SAKUMACHI 商店街
・name  SAKUMACHI Shopping district
・中文名 盛开的小镇购物区
・開発区域 愛知県名古屋市北区大杉一丁目1001番 ほか (※名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間)
・着工   Ⅰ期(東側)  2019年9月20日
       Ⅱ期(西側)  2019年夏
・竣工   Ⅰ期(東側)  2019年3月29日
       Ⅱ期(西側)  2020年春
・敷地面積 約2,600㎡
・テナント数 約25店舗 (1期:7店舗、事務所1室)
(2019年3月6日撮影)






参考資料から拝借したSAKUMACHI 商店街の完成予想パースです。
このように桜並木に面して店舗が並び、ガラス窓を介して中の様子も見え、人々の活動や姿を感じることができます。
2019-03-08.png





最寄り駅は名鉄瀬戸線尼ケ坂駅で、近隣には名古屋市立工芸高等学校や金城学院中学校・高等学校、南西側には愛知県立明和高等学校などが立地し、名古屋でも屈指の文教エリアとなります。
尼ケ坂駅の一日平均乗降客数は3,366人となっており、名古屋市内では非常に少ない乗降人員の駅となります。
このSAKUMACHI 商店街によって4,000人レベルに増加すれば良いですね。
20190308221733119.jpg






建設中のSAKUMACHI 商店街の様子です。
名鉄瀬戸線の高架下に木造で建設されています。
20190308221739650.jpg







構造は木造の軸組工法らしく、撮影時には外壁防水紙が一部向き出た状態で、外壁材となるガルバリウム鋼板の貼り付けも進められていました。
20190308221737478.jpg






出入り口や窓ガラス面は南側となっており、桜並木と建物を順光で望めるようになります。
20190308221739650.jpg







こちらは北側から見たSAKUMACHI 商店街の様子です。
裏側になるため、壁面となっていました。
20190308221741971.jpg







建物は一店舗一色の配色となっており、横にカラフルな建物が建ち並んでいます。
こちらの建物はほぼ完成し、オレンジ色の可愛らしい色の建物にFIX窓には木造の柱、ブレースといった建物構造を見ることができます。
20190308221744214.jpg







名鉄瀬戸線の尼ケ坂駅~清水駅間の西側半分は2期として、2020年春に竣工が予定されています。
20190308221746109.jpg





名鉄瀬戸線の清水駅から見た尼ケ坂駅方面の景色です。
周辺、南側には名古屋屈指の高級住宅街である「白壁」や「橦木町」といったエリアが広がります。
この白壁エリアの住人の方々の鉄道利用が増加し、街並みにも活気が生まれると良いですね。
個人的には日常的に鉄道や駅前商業を利用しやすいよう、駅前に更にスーパーマーケットなどの生活必需品が揃う商業施設があると良いかと思います。
20190308221748190.jpg







最後にお約束の「瀬戸線最強伝説」の動画を載せておきます。
こちらの桜並木も載せてあります。春には桜並木に沿って走る車窓が本当に綺麗です。
地元の沿線活性化のために自分が学生時代に作成した動画です。
各駅それぞれ賑わいが生まれ、多種多様な街並みができ、住んで暮らすのが楽しい沿線に育っていくと良いですね!



整理番号 鉄道 名鉄瀬戸線 尼ケ坂駅~清水駅間高架下開発計画201903 予約更新

スポンサーサイト
広告

4 Comment

きりぼう  

Re:

そうですね…、ちょっと戦略を変える必要がありそうですね。
女性ですか、、フォロワーさんの8割以上が男性なのでこれもまた大変です笑
歩き回れる街を実現するには仰る通り、自動車交通の規制が、名古屋では必要となりそうです。

2019/03/10 (Sun) 20:51 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

 ・・・出店する店の内容を見なければ断定できませんが、鉄道好きというのはそれ程充てに出来ないかと思われます。店舗の造りや場所柄からしてカフェやおしゃれ雑貨と服飾、花屋に趣味(例えばキャンピングや高額自転車)が主となる気がしますが、これ等は鉄道好きの興味範囲の外の事が多いでしょうから。むしろ鉄道好きより旅好き、男子より女子に重きを置いたほうがよろしいかと。
 それから如何にして栄地区に来るような客層に此方迄足を運んでもらうかも重要になってくるかと。となれば少しハイエンド寄りでかつ栄地区に無いような商品・店舗をも多く出店できるかがカギになりそうです。そういったラインナップは白壁や金城といった雰囲気とも合致します。
・・・増々一般的な鐵好きと重ならんくなりますが・・・
 あと商店街が面する並木道の自動車交通を土休日だけでも制限できれば魅力がませれると思うのですが。

2019/03/09 (Sat) 22:15 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re: タイトルなし

建物はそれこそ簡素なものですが、それ故、投資額も低く抑えているので成功はしやすいかと思います。
あとは白壁の住人と、鉄道好きな方が鉄道を利用してこうした商業施設を使っていただけるかという点ですね。
自分も急ピッチでツイッターにて鉄道好きの方々をフォローし、宣伝しているつもりではありますが・・・
なんとか成功して名鉄にもっと沿線開発を推し進めてほしいものです。

2019/03/09 (Sat) 21:25 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

何でしょうか・・・現地を見ていないので何とも言えませんが・・・今までの名古屋の開発とどこか毛色が違うような気がします。
もしかしたら細やかな開発ですが・・・ターニングポイントになるのかもしれません。

2019/03/09 (Sat) 18:46 | EDIT | REPLY |   

Post a comment