FC2ブログ
シティタワー駒沢大学ステーションコート - 世田谷区の超高層ビル・タワーマンション

シティタワー駒沢大学ステーションコート

  •   24, 2019 18:30
  •  0
  •  0
シティタワー駒沢大学ステーションコートは東京都世田谷区の駒沢大学駅東側、玉川通り、首都高速3号渋谷線に隣接して建つ20階建て、高さ59.9mのタワーマンションで、14階建てのレジデンス棟合わせて総戸数156戸となっています。

敷地、建物計画は歩車分離設計、電動シャッター付き駐車場、歩道状空地などを採用し、敷地内の安全性やプライバシーにも配慮したランドプランとなっているほか、タワー棟の廊下は、道路側全面を巨大な壁とした内廊下となっています。





◆参考資料、引用元
シティタワー駒沢大学 ステーションコート 公式サイト












■概要
・名称  シティタワー駒沢大学ステーションコート
・計画名  (仮称)駒澤大学計画新築工事
・name  City Tower Komazawa University Station Court
・中文名 城市塔楼驹泽大学站法院
・所在地 東京都世田谷区上馬三丁目845番1
・階数  タワー棟:地上20階建て(※建築確認申請上:地上19階・地下1階建て)
     レジデンス棟:地上15階建て(※建築確認申請上:地上14階・地下1階建て)
・高さ  59.99m
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 156戸 
・敷地面積 3,692.20㎡(タワー棟:1,825.15㎡、レジデンス棟:1,867.05㎡)
・建築面積 1,521.33㎡(タワー棟:880.29㎡、レジデンス棟:641.04㎡)
・延床面積 14,326.79㎡(タワー棟:8,456.06㎡、レジデンス棟:5,870.73㎡) 
・着工  2016年11月1日
・竣工  2018年11月30日
・建築主 住友不動産
・設計  大豊建設
・施工  大豊建設
・最寄駅 駒沢大学
(2019年2月13日撮影)





北西側から見上げたシティタワー駒沢大学ステーションコート タワー棟の様子です。











玉川通りに面したタワー棟の廊下は、道路側全面を巨大な壁とした内廊下となっており、静粛性を向上させるとともに、外部からの視線をカットしてプライバシーに配慮されています。

また、ただの単調な壁とならないよう、正方形のスリットが設けられています。










シティタワー駒沢大学ステーションコート タワー棟の低層部分には商業施設の「日産プリンス246 上馬店」が入っています。








シティタワー駒沢大学ステーションコート タワー棟の低層部分に入る「日産プリンス246 上馬店」部分は、ガラス張りの開放的な空間となっています。










敷地南側に建つ15階建てのシティタワー駒沢大学ステーションコート レジデンス棟です。









シティタワー駒沢大学ステーションコートの建設と同時に周辺の道路には歩道整備もなされました。









シティタワー駒沢大学ステーションコート レジデンス棟では、住友不動産のオリジナル工法である「S-マルチコア」が採用されています。
室外機や配管等をS-マルチコアに格納することで、すっきりとした歩行空間を実現するだけでなく、室外機からの不快な排気が抑えられ、歩行時の快適性を高められるというものです。










シティタワー駒沢大学ステーションコートのエントランスの様子です。
コンクリート打ち放しの外壁に一面のガラス張りという、質感のコントラストが美しい外観デザインです。











東側から見上げたシティタワー駒沢大学ステーションコートの様子です。
角住戸には床から天井近くまである大型サッシが用いられており、採光と展望が良さそうです。


整理番号B-0774-01予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment