FC2ブログ
静岡銀行 しずぎん本部タワー - 静岡市の超高層ビル・タワーマンション

静岡銀行 しずぎん本部タワー

  •   22, 2019 18:30
  •  0
  •  0
静岡銀行 しずぎん本部タワーは静岡銀行新本部棟 (仮称) 新築工事として、静岡県静岡市清水区草薙駅北側に建つ20階建て、高さ103.60mの超高層ビルで、元本部建物が1964年竣工と古く、静岡県内外に174の拠点を持つ静岡銀行が、創立70周年を契機に災害対策やサービス向上の為に建て替えています。

JR草薙駅北口ロータリーと国道を結ぶペデストリアンデッキも整備されたほか、旧本部棟跡地にはしずぎんの森が整備されています。





◆参考資料、引用元
建築物環境配慮事項概要書 しずぎん本部タワー
静岡銀行 Whats SHIZU-GIN







◆過去の記事
→2014年12月30日投稿 静岡銀行新本部棟 (仮称) 新築工事











■概要
・名称  静岡銀行 しずぎん本部タワー
・計画名 静岡銀行新本部棟 (仮称) 新築工事
・name  Shizuoka Bank Shizugin Headquarters Tower
・中文名 静冈银行总部大楼
・所在地 静岡市清水区草薙北2番1号
・階数  地上20階建て
・高さ  103.60m
・構造  鉄骨造(免震構造)
・敷地面積 17,058.51㎡
・建築面積 2,314.87㎡
・延床面積 37,164.78㎡
・着工  2013年4月
・竣工  2014年10月 (全体竣工:2016年3月)
・建築主 静岡銀行
・設計  日建設計
・施工  清水建設・木内建設工事共同企業体
・最寄駅 草薙
(2019年3月13日撮影)







東側から見上げた静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。
建物の外観デザインは両サイドを濃茶を基調とした外壁で、ガラス張りの南北面を囲ったデザインでガラス面には各層に白の庇が設置されています。









南側には8階建ての低層棟もあります。









北側から見た静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。









JR東海道線と静鉄清水線の草薙駅周辺では再開発や駅整備が盛んに行われ、ポーラ化成工業静岡工場跡地には2018年4月に常葉大学(とこはだいがく)が移転し、静岡の新たな若者の街として成長しています。








JR草薙駅北口ロータリーと国道を結ぶペデストリアンデッキも整備され、敷地東側にはこのようにスロープも設置されています。









西側の常葉大学草薙キャンパスから見た静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。








常葉大学草薙キャンパスと静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。
草薙駅周辺は再開発によって建設されたモダンな建築が建ち並びます。










南側から見た静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。
南北面の外観は打消しの色である黒と暗めのガラス張りとなっており、頂部に取り付けられた白色の静岡銀行のロゴがめだちます。










草薙駅前から見上げた静岡銀行 しずぎん本部タワーの様子です。









南側、低層部分は段階的にセットバックしている形状となっています。









静岡県庁の展望ロビーから見た草薙駅方面の様子です。
静岡銀行 しずぎん本部タワーのほか、地上27階建て、高さ106.35mの「マークス・アネシスタワー草薙」や「マークス・ザ・タワー清水(えじりあ)」も見えました。
超高層ビルは背が高いのでそこそこの高さの山が手前にあっても意外と見えますね。あと、駿河湾の海も少しだけ見えています。


整理番号B-0273-02予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment