FC2ブログ
JR東海道線 村岡新駅 - 高架化事業・駅整備・既存路線新駅設置

JR東海道線 村岡新駅

  •   05, 2019 12:30
  •  0
  •  0
JR東海道線 村岡新駅は神奈川県藤沢市の武田薬品工業湘南研究所南東側の湘南貨物駅跡地に計画されているJR東海道本線と上野東京ライン、湘南新宿ラインの新駅で、駅周辺で行われる「村岡新駅周辺地区のまちづくり」と合わせて整備が計画されています。

試算では、設置には約160億円かかるとしれており、駅設置費用のうち神奈川県が全体の3割を負担し、藤沢市と鎌倉市が5割ずつ負担、残りはJRなどが負担する割合の合意が2018年12月27日になされました。









◆参考資料、引用元
藤沢市 村岡新駅周辺地区まちづくりガイドライン
神奈川県 村岡・深沢のまちづくりと新駅の実現に向けた合意 ~県、藤沢市、鎌倉市が、新駅設置協議会を設立~
日本経済新聞 東海道線「村岡新駅」、神奈川県など地元負担割合合意













■概要
・名称   JR東海道線 村岡新駅
・name   JR Tokaido Line Muraoka Shin Station
・中文名  JR东海道线村冈新站
・開発箇所 神奈川県藤沢市村岡東 付近
・所属路線 JR東海道本線、上野東京ライン、湘南新宿ライン
・着工   ---
・竣工   ---
・開業予定 ---
(2019年3月19日撮影)







参考資料から拝借したJR東海道線 村岡新駅の設置予定箇所の位置図です。










参考資料から拝借したJR東海道線 村岡新駅の計画平面図です。
駅の南北に出入口が設けられ、自由通路も設けられる計画となっています。







南東側から見たJR東海道線 村岡新駅の計画地の現在の様子です。
現在は農地が広がります。

新駅設置は藤沢市、鎌倉市の両市で行われる村岡・深沢地区のまちづくりのために行われるもので、試算では新駅は1日当たり6万5,000人の利用が見込まれているとのことです。








東海道線の線路南側です。
この辺りにはホームができるのでしょうか。
今、現在は将来の姿が想像すらできない田園風景が広がります。








北側から見たJR東海道線 村岡新駅の計画地の様子です。
計画決定から着工、竣工までは10年ほどでしょうか。2030年ごろには供用開始されているかもしれませんね。


整理番号 JR東海道線 村岡新駅201904予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment