FC2ブログ
東京、夜景観 ~トウキョウ、ヤケミ~ Vol.2。東京タワーから見た東京湾岸エリアの夜景!! - ■ 風景写真

東京、夜景観 ~トウキョウ、ヤケミ~ Vol.2。東京タワーから見た東京湾岸エリアの夜景!!

  •   30, 2019 19:47
  •  0
  •  0
日本国内では東京スカイツリーに次いで2番目に高い自立式鉄塔である東京タワー、その高さは333mあり、
東京タワーには高さ150mのメインデッキ、高さ250mのトップデッキの2つの展望台がありますが、今回はメインデッキから見た東京湾岸エリアの夜景です。















豊洲から勝どき方面の湾岸タワーマンション群方面の夜景です。
手前に建つのはアクティ汐留で地上56階、地下2階建て、高さは190.25mとなっています。











少し引きで見ると、浜松町付近の超高層ビルも確認できます。
写真右側で建設中の超高層ビルは(仮称) 竹芝地区開発計画建築計画(A街区(業務棟))で、地上40階、地下2階建て、高さ208.83mとなります。
タワークレーン3基で建設が進められていましたが、間もなく上棟でしょうか。
更に手前側では世界貿易センタービルディングの再開発も進められています。










夜景撮影は撮影モードを調整すると、こうした近未来的な写真を撮ることができます。










レインボーブリッジからは光の帯が放たれます。
巨大建築物、巨大建造物というのはそれだけ多くの人が建設、建造に携わり、利用します。
その人数分の人生のストーリーが一つの巨大建築物、巨大建造物に刻まれますので大変魅力的ですね。









田町から品川にもタワーマンション群が広がります。
こちらの方には話題の「高輪ゲートウェイ駅」が建設中です。









東京名古屋大阪の三大都市は都市圏人口1,000万を超える人口を有し、数千万に及ぶ人の流動があります。
それら血液の流れを止めず、スムーズな人の移動や物流を実現し、更に魅力的かつ便利な都市へ成長させていく都市開発は見ていてとても楽しいですね。



整理番号P-0114-02 フラッグシップ戦略記事201903
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment