FC2ブログ
(仮称)六本木一丁目計画 - 港区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)六本木一丁目計画

  •   10, 2019 07:45
  •  0
  •  0
(仮称)六本木一丁目計画は東京都港区六本木一丁目のアークヒルズ仙石山森タワー南西側で建設中の23階建て、高さ79.60m、総戸数74戸のタワーマンションで、建築主は森トラスト、設計、施工は竹中工務店となり、東京都環境局の建築物環境計画書制度によると分譲74戸となるとのことです。







◆参考資料、引用元
東京都環境局 (仮称)六本木一丁目計画 ( 分譲住宅 )











■概要
・名称  (仮称)六本木一丁目計画
・計画名 (仮称)六本木一丁目計画
・name  (Tentative name) Roppongi 1-chome plan
・中文名 (暂定名)六本木1丁目计划
・所在地 東京都港区六本木一丁目113番16
・階数  地上23階、地下2階建て
・高さ  79.60m(軒高または建築物高さ:79.24m)
・構造  鉄筋コンクリート造
・総戸数 74戸
・敷地面積 1,715.93㎡
・建築面積 490.58㎡
・延床面積 12,445.75㎡
・着工  2017年10月6日
・竣工  2019年9月30日
・建築主 森トラスト
・設計  竹中工務店
・施工  竹中工務店
・最寄駅 六本木一丁目、神谷町
(2019年3月20日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









北側から見た建設中の(仮称)六本木一丁目計画の様子です。









目視では23階に達しており、上棟しています。
物件の公式サイト等は見当たらないため、各百貨店の外商や建築主、施工主の顧客、関係者などに販売情報を提供し、ほぼ購入希望者が決まっているのではないかと思われます。










外観デザインは白色の腰壁に横長のガラス張りのタワーマンションとなっており、バルコニーが目立たないことから、まるでオフィスビルのような雰囲気です。








東側から見上げた建設中の(仮称)六本木一丁目計画の様子です。








周辺は一等地アドレスの六本木一丁目エリアのみならず、虎ノ門・麻布台地区第一種市街地再開発事業などの再開発が相次いでいるエリアでもあり、急激に発展しているエリアでもあります。
中古で売りに出たとしても数億円~数十億円単位の物件となることでしょう。


整理番号B-0797-01

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment