FC2ブログ
(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区) - 港区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)

  •   14, 2019 20:00
  •  0
  •  0
(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)は東京都港区虎ノ門で進められている再開発の「虎ノ門ヒルズステーションタワー」のA-3街区として計画されている12階建て、高さ59.00mの高層ビルです。

A-3街区のフロア構成は、低層部分に商業施設、中層部分に住宅、高層部分に事務所(オフィス)が入る構成となります。








◆参考資料、引用元
森ビル (仮称) 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー
森ビル 国際新都心へ「虎ノ門ヒルズ」が拡大・進化
3つの大規模プロジェクトと地下鉄新駅の一体的都市づくりを一気に加速


日経不動産マーケット情報 【開発】森ビルが虎ノ門に超高層3棟4000億円、外需呼び込めるか
都市再生特別地区(虎ノ門一・二丁目地区) 都市計画(素案)の概要






◆過去の記事
→2017年12月1日投稿 (仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー













■概要
・名称  (仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)
・計画名 (仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)
・name  (Tentative name) Toranomon I, 2-chome district plan A-3 block (Toranomon Hills station tower A-3 block)
・中文名 (暂定名)虎之门I,2丁目地区计划A-3街区(虎之门山站A-3街区)
・所在地 東京都港区虎ノ門二丁目17番1外
・階数  地上12階建て、地下1階建て
・高さ  59.00m
・構造  鉄骨造、(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
・敷地面積 1,610.98㎡
・建築面積 975.47㎡
・延床面積 7,986.11㎡
・着工  2021年5月6日
・竣工  2023年7月15日
・建築主 (仮称)虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合
・設計  森ビル
・施工  森ビル
・最寄駅 虎ノ門
(2019年4月2日撮影)













現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。










参考資料から拝借した平面図です。
(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)は街区西側に建設されます。









南東側から見た(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)の計画地の様子です。
現在は既存建築物の「発明会館」や「虎ノ門互助会ビル新館」が残っています。








南西側から見た(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)の計画地の様子です。










北西側から見た(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)の計画地の様子です。
着工は2021年5月とまだ先です。


整理番号B-0626-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment