FC2ブログ
都市開発 - 1ページ目185 - 超高層ビル・都市開発研究所

浜松サザンクロス地区再開発 #現地の様子

浜松サザンクロス地区再開発は静岡県浜松市の浜松駅南側で計画されている再開発事業で、2019年7月現在は準備地区として指定されています。◆参考資料、引用元浜松市 浜松市の市街地再開発事業浜松駅周辺地域 PDF■概要・名称  浜松サザンクロス地区再開発・計画名 浜松サザンクロス地区再開発・name  Hamamatsu Southern Cross district redevelopment・中文名 滨松南十字区再开发・所在地 静岡県浜松市中区砂山町・階数  -...
  •  12, 2019 12:36
  •  0

伊勢原駅北口周辺地区整備計画(伊勢原駅北口再開発) #現地の様子

神奈川県伊勢原市の小田急小田原線伊勢原駅北口約1.4haでは過去に「伊勢原駅北口A街区第一種市街地再開発事業」という再開発事業が計画されていました。1990年9月に都市計画決定され、翌年2月に組合設立認可、その後、1994年9月に事業認可延伸がなされ、2000年3月に更に事業認可延伸、そして2004年3月に事業中止となりました。現在、中心市街地の拠点として駅北口周辺の商業・業務の集積、駅前広場や街路の整備、公共交通の乗り換...
  •  07, 2019 12:34
  •  2

大規模再開発への布石?解体された新宿スバルビル #現地の様子

新宿スバルビルは東京都新宿区西新宿1丁目の新宿駅西口駅前に建っていた1966年1月竣工の地上9階、地下5階建て、高さ52mの高層ビルです。新宿駅前のマクドナルドが地下に入っていた新宿スバルビルは、2018年7月17日から2019年4月30日にかけて解体されました。日刊建設工業新聞によると、将来的な新宿駅西口エリアの再編を視野に入れたプロジェクトの初弾工事で、今回は地上部分だけを取り壊すとのことです。◆参考資料、引用元日刊建...
  •  01, 2019 12:33
  •  0

国家戦略特区に追加提案がなされた「新宿駅西口地区」 #大規模再開発 #小田急 #現地の様子

2019年5月31日に開かれた内閣府の第26回東京圏国家戦略特別区域会議において、千代田区の「東池袋一丁目」、新宿区の「新宿駅西口」、千代田区の「内神田一丁目」、港区の「虎ノ門一丁目東」の4地区で行われる都市再生プロジェクトが国家戦略特区に追加提案されました。新宿駅西口地区の事業主体は小田急電鉄と東京メトロで、新宿駅は都施行の土地区画整理事業による再編整備が2020年以降に計画されています。再編整備に合わせ、...
  •  29, 2019 13:10
  •  2

北海道ボールパーク (仮称)建設工事 #現地の様子 #建設予定地 #建設状況201906

北海道ボールパーク (仮称)建設工事は北海道北広島市のきたひろしま総合運動公園で計画されている4階建て、延床面積約10万㎡、開閉式屋根と天然芝フィールドを有した北海道日本ハムファイターズのボールパークです。選手のパフォーマンスが最大限活かされる新球場を核に、国際競争力を有するライブ・エンターテイメント、として「世界がまだ見ぬボールパーク」を目指すものとされています。北広島市 ボールパーク構想推進の 経過と...
  •  16, 2019 12:34
  •  0

愛知県新体育館基本計画 #現地の様子 #計画地

愛知県新体育館基本計画は愛知県名古屋市北区名城の名城公園野球場、四季の園跡地に計画されている延床面積約43,000㎡を誇る大規模アリーナです。これは1964年に竣工した現在の愛知県体育館の約2.5倍もの面積となり、2026年アジア競技大会でも利用可能なものとなります。国際大会を開催するために必要な規模、機能を有することで、国際スポーツ大会などの誘致を可能とし、かつ大相撲名古屋場所の開催など現体育館が担ってきた伝統...
  •  15, 2019 07:17
  •  0

自由が丘1-29地区 再開発

東京都目黒区自由が丘の東急電鉄自由が丘駅北西側、駅正面口の駅前広場に面した約0.5haの区域では、「自由が丘1-29地区」として地域の活性化と区域内の建物の耐震化など防災性の向上を目的に、建物の共同建て替えに向けた検討が進められています。地権者は、再開発事業の準備組織として「自由が丘1-29地区再開発準備組合」を2017年5月11日に発足させているほか、隣接する区域面積1.4haの西地区や東口側、区域面積0.8haの東地区でも...
  •  14, 2019 19:57
  •  0

JR南船橋駅南口市有地活用事業 #現地の様子201905

JR南船橋駅南口市有地活用事業は千葉県船橋市の船橋競馬場とららぽーとTOKYO-BAYの最寄り駅である南船橋駅南口側で計画されている大規模なまちづくり・都市開発計画です。事業実施の方針は「賑わいの創出と回遊性向上  大規模な広場空間をはじめとした、賑わいの創出や回遊性の向上に資する機能導入」、「民間開発の誘導  民間開発を適切に誘導することを通じて、魅力あるまちづくりを実現」、「公的負担の最小化  施設整備段...
  •  09, 2019 19:15
  •  0

検討され始めた「新宿三丁目14-17街区」 #伊勢丹新宿本店建て替え #現地の様子

伊勢丹新宿本店のある東京都新宿区新宿三丁目でまちづくりに向けた勉強会が再開発に関して検討を進め始めています。勉強会は、明治通り、MOA (モア)5番街、新宿通り、靖国通りで囲まれた新宿3丁目14-17街区を対象としており、地区内には伊勢丹新宿本店、本館駐車場、伊勢丹メンズ館のほか、新宿ピカデリー、紀伊國屋書店新宿本店などが立地しています。今後、再開発として共同化するか、単独再開発として全て建て替えを進めるか、...
  •  02, 2019 19:45
  •  0

横浜市山下ふ頭 IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくり検討 #現地の様子201905

2018年7月20日に特定複合観光施設区域整備法(IR整備法)が成立し、大阪や長崎が有力な候補地として計画が進められていますが、首都圏では横浜を中心に誘致の検討がなされています。神奈川県横浜市の山下ふ頭では、IR(統合型リゾート)等誘致による新たな戦略的都市づくりが検討されており、中核施設としてはガジノなどの基幹施設のほかに国際会議など開催可能な「MICE施設」、日本の伝統文化・芸術など魅力を発信する「魅力増進...
  •  02, 2019 07:12
  •  0

まるで丸の内!?森ビルと横須賀市がまちづくり基本協定を締結!6区画を再開発し、大都会化が計画されている横須賀中央エリア整備構想 #現地の様子201905

神奈川県横須賀市の横須賀中央エリアでは、6つの再開発準備組織によってエリア全体の大規模な再開発計画が進められています。また、2019年4月1日から2024年3月31日までの5年間、横須賀市と森ビルがまちづくりに関する基本協定を結び、「横須賀再興プラン」に掲げる事項をもとにまちづくりについて連携・協力を行うこととされています。容積率などの規制を大胆に緩和、廃止し、横須賀中央エリアの再生に向けて、まちづくりしやすい...
  •  19, 2019 10:31
  •  0

亀山駅周辺2ブロック地区第一種市街地再開発事業 #現地の様子 #計画地状況201904

亀山駅周辺2ブロック地区第一種市街地再開発事業は三重県亀山市のJR関西本線、紀勢本線亀山駅前で計画されている再開発計画で、14階建て、総戸数50戸の高層マンションと地上4階、地下1階建ての市立図書館や商業施設、おもてなしプラザが入った複合施設が建設される計画です。国鉄開通以来、亀山市の玄関口としてに機能してきた亀山駅ですが、近年は商業機能の低下や空き家の増加等が問題となり、亀山駅周辺の都市機能の向上や交流...
  •  13, 2019 07:13
  •  4

ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾート #開業

ラグーナベイコート倶楽部 ホテル&スパリゾートは愛知県蒲郡市海陽町に建設された完全会員制リゾートホテルで、海岸線に沿って描かれた「波」のような曲線と、海に向かって大きく突き出たダイナミックなフォルムが印象的な外観となっています。2019年3月28日に開業し、「Futuristic Luxury」をデザインコンセプトに 、波のように美しい曲線で構成された近未来のオアシスで、客室は「ロイヤルスイート」、「ラグジュアリースイート...
  •  06, 2019 07:13
  •  0

コートヤード・バイ・マリオット名古屋 (読売名古屋栄開発プロジェクト)

コートヤード・バイ・マリオット名古屋は、計画名「読売名古屋栄開発プロジェクト」として、愛知県名古屋市中区栄で計画されている大規模高層ホテルで、現在は元々この地に建っていた「読売新聞中部支社」が解体されています。「コートヤード・バイ・マリオット」ブランドは、マリオット・インターナショナルの中規模のホテルを中心とした中価格ホテルブランドとして、世界50以上の国と地域に 1,100 軒以上のホテルを展開している...
  •  12, 2019 22:57
  •  2

久屋大通公園改修、リニューアル工事・栄噴水南バスターミナル広場整備

名古屋の繁華街、栄の中心を南北に貫く久屋大通公園が2020年4月まで再開発、リニューアル工事がなされています。北側のシドニー広場からリバーパーク、いこいの広場、ロサンゼルス広場、セントラルブリッジ、名古屋テレビ塔、もちのき広場に至るまで全て閉鎖され、改修、リニューアル工事がなされています。◆参考資料、引用元名古屋市(現在の位置)久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の利用の停止について(お知らせ)久屋...
  •  09, 2019 06:45
  •  0