FC2ブログ
■ 鉄道 - 1ページ目109 - 超高層ビル・都市開発研究所

リニア中央新幹線 三重県駅は亀山に誘致! #現地の様子

2027年にリニア中央新幹線が品川ー名古屋間で開通します。その10年後の2037年には新大阪への延伸が計画されており、名古屋から新大阪までの中間駅として三重県駅と奈良県駅が計画されています。駅設置場所は三重県駅、奈良県駅共に未定となっていますが三重県駅は亀山市に誘致することが平成30年度リニア中央新幹線・JR複線電化推進亀山市民会議の総会によって決議されています。駅の詳細な建設予定地は決まっていないため不明で...
  •  17, 2019 07:05
  •  2

銀座線渋谷駅改良工事、移設工事 #現地の様子 #建設状況201905

銀座線渋谷駅改良工事、移設工事は渋谷駅街区基盤整備に合わせてリニューアルが進められており、現在の駅の位置から表参道方面へ約130m移設を行い、明治通り上空に「銀座線渋谷駅」を新設する工事です。現在は線路両側にホームがある対向式ホームで乗車用ホームと降車用ホームで異なりますが、新しい駅は島式ホームとなり、今までの乗車用と降車用の区別が無くなる計画となっています。また、ホーム幅を拡大することでホーム上の...
  •  14, 2019 08:40
  •  0

首都圏の鉄道各社新型通勤電車を一斉導入!!#小田急 #東京メトロ #JR東日本

東京を中心とした首都圏の鉄道総延長距離は約4,000km(パスモ、スイカ利用可能エリア)に及ぶとも言われており、世界一鉄道、地下鉄が充実している大都市圏でもあります。首都圏では通勤通学で鉄道を利用する比率が70~80%に達するとされており、地方都市圏の車通勤、自転車通学中心の社会環境とは全く異なる生活環境となっています。そのような首都圏の鉄道では、各社で新型の通勤電車の導入が計画されており、東京五輪の開催される...
  •  28, 2019 18:32
  •  0

名鉄犬山線布袋駅付近鉄道高架事業 #現地の様子 #建設状況2019.04

名鉄犬山線布袋駅(ほていえき)付近鉄道高架事業は名鉄犬山線の江南市、布袋(ほてい)駅付近にある国道155号線との平面交差におけるボトルネック踏切(開かずの踏切)の解消と、開かずの踏切により発生している市街地の分断を無くすために布袋駅付近1.4kmを高架化する計画です。布袋駅は名古屋都心の名鉄名古屋駅から急行で20分ほどの場所に位置し、布袋駅のある名鉄犬山線は名古屋駅、金山駅、直通の鶴舞線で伏見や丸の内などの名古...
  •  27, 2019 12:33
  •  0

東海道本線 御厨駅 (磐田新駅) (2019年4月の建設進捗状況、現地の様子)

御厨駅 (磐田新駅)はJR東海道本線の磐田駅と袋井駅の間、静岡県磐田市の磐田市新貝土地区画整理事業地隣接地で進められている新駅設置工事で、2019年度末開業を目指し、JR東海道本線と東海道新幹線をまたぐ自由通路を併設して建設が進められています。◆参考資料、引用元磐田市 JR東海道本線に新駅を設置■概要・名称   御厨駅 (磐田新駅)・name   Mikuriya Station (Iwata new Station)・中文名  御厨站 (磐田新站)・開発箇...
  •  16, 2019 18:45
  •  0

東北本線(宇都宮線) (仮) 南古河新駅設置計画 (建設予定地、現地の様子)

東北本線(宇都宮線) (仮) 南古河新駅設置計画は、茨城県古河市のJR宇都宮線(湘南新宿ライン)古河駅~栗橋駅間にて計画されている新駅設置計画です。(仮) 南古河新駅設置計画予定地周辺では、「大堤南部土地区画整理事業」が未着手、停滞しており、区画整理事業の再開を図ると同時に新駅設置計画の事業化を目指すものとされています。2027年度の新駅開業を想定し、周辺開発による人口増を見込み、一日平均乗降客数は2027年度で7,298...
  •  12, 2019 18:30
  •  0

アストラムライン新白島駅 駅デザイン

新白島駅は広島県広島市中区にあるJR山陽本線、可部線、アストラムラインの駅で、2015年3月14日に開業した新しい駅で、シーラカンスアンドアソシエイツと小嶋一浩氏、赤松佳珠子氏によって設計されています。一日平均乗降客数はJR新白島駅が9,698人、アストラムライン新白島駅が10,849人となっています。◆参考資料、引用元広島市 白島新駅設計者選定競技の当選者及び次点者を決定しました■概要・名称   新白島駅・name   Shin...
  •  08, 2019 20:00
  •  0

JR東海道線 村岡新駅

JR東海道線 村岡新駅は神奈川県藤沢市の武田薬品工業湘南研究所南東側の湘南貨物駅跡地に計画されているJR東海道本線と上野東京ライン、湘南新宿ラインの新駅で、駅周辺で行われる「村岡新駅周辺地区のまちづくり」と合わせて整備が計画されています。 試算では、設置には約160億円かかるとしれており、駅設置費用のうち神奈川県が全体の3割を負担し、藤沢市と鎌倉市が5割ずつ負担、残りはJRなどが負担する割合の合意が2018年12月2...
  •  05, 2019 12:30
  •  0

原宿駅 新駅舎 駅改良工事

JR山手線原宿駅から明治通りにかけての約350mに若者向けのファッションやブティック、飲食の小規模な商店が建ち並ぶ竹下通りが有名な原宿の最寄り駅、JR山手線原宿駅では駅改良工事が行われています。現在、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用ホームとするほか、線路及びホーム上に2層の駅舎を新設し、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑緩和を図る計画となっています。また、エレベーターを増設し、明治神宮側に...
  •  31, 2019 12:30
  •  3

名鉄名古屋駅地区再開発 名鉄名古屋駅4線化計画

愛知県名古屋市中村区名駅の名鉄名古屋駅直上、名鉄百貨店本店、近鉄パッセ、名鉄バスセンター・名鉄百貨店メンズ館、ヤマダ電機LABI名古屋(三井不動産所有ビルとの情報あり)、名鉄レジャック、日本生命笹島ビルの合計6棟、南北長さ約400mを再開発し、30階建て程度、高さ約180m、全長400mの超高層ビルに建て替える計画があります。それに伴い、名鉄名古屋駅を4線化する計画がなされており、名鉄名古屋駅地区再開発の直下に新たに...
  •  26, 2019 06:00
  •  0

名鉄こと、名古屋鉄道が新型通勤車両 9500 系を 16 両新造へ!!

2019年3月25日に、名鉄こと、名古屋鉄道が2019年度設備投資計画を発表しました。名鉄は一大ターミナルの名鉄名古屋駅を中心に、岐阜、豊橋、岡崎、一宮、犬山、江南、常滑、豊田、小牧、瀬戸など名古屋大都市圏の主要都市を20路線、総営業キロ数合計444.2 km、駅数は275駅で結ぶ鉄道会社で、その規模は非常に大きなものとなります。東京では、都心から東急や小田急、京王、西武など様々な路線が郊外へ延びていますが、名古屋の場合...
  •  26, 2019 00:43
  •  0

高輪ゲートウェイ駅

高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに合わせて暫定開業予定のJR山手線、京浜東北線の新駅で、田町駅から約1.3 km、品川駅から約0.9 km付近の位置で建設が進められています。元々、約20haの東京総合車両センター田町センターが広がっていた場所ですが、設備や車両留置箇所の見直しによって創出された約13haを再開発するため、新たに駅が設けられます。新駅名の「高輪ゲートウェイ」は、公募によって決定...
  •  23, 2019 12:30
  •  4

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業は「一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業」という名称で、現在、名鉄瀬戸線と平面交差する国道302号線の他に瀬戸街道などの踏切で常時発生する渋滞や朝の通勤ラッシュ時間帯に起こる開かずの踏切を廃止するために計画されました。名古屋市の財務上の関係からか完成年度がずれ込み、2024年1月31日完了へと変更されています。◆参考資料、引用元名古屋市 一般...
  •  18, 2019 12:45
  •  0

春日部駅付近連続立体交差事業

春日部駅付近連続立体交差事業は埼玉県春日部市の東武伊勢崎線(スカイツリーライン)と東武野田線(アーバンパークライン)の春日部駅周辺を高架化する計画で、2018年度に春日部市が春日部駅付近連続立体交差事業及び関連する都市計画について、都市計画決定に向けた手続きに着手しています。また、2005年度に国から着工準備採択を受けています。着工準備採択とは、連続立体交差事業など特に大規模な事業において、事業化の前段階とし...
  •  15, 2019 18:30
  •  0

名古屋市営地下鉄東山線柳橋駅 新設計画

名古屋市営地下鉄東山線柳橋駅 新設計画は、地下鉄東山線の名古屋駅~伏見駅間で計画されている新駅設置計画で、1957年の東山線開業時にも設置が検討されていたことから、一部構造物が準備されており、名古屋高速の支柱や基礎などの障害物もありますが、保護しながら建設可能となっています。今後は名古屋市住宅都市局と名古屋市交通局によって調整が進められ、柳橋駅建設着手に向け、調整がなされます。◆参考資料、引用元建通新聞...
  •  13, 2019 06:45
  •  4