FC2ブログ
高架化事業・駅整備・既存路線新駅設置 - 1ページ目150 - 超高層ビル・都市開発研究所

原宿駅 新駅舎 駅改良工事 #現地の様子 #2019年10月建設状況

JR山手線原宿駅から明治通りにかけての約350mに若者向けのファッションやブティック、飲食の小規模な商店が建ち並ぶ竹下通りが有名な原宿の最寄り駅、JR山手線原宿駅では駅改良工事が行われています。現在、年始のみ使用している臨時ホームを外回り専用ホームとするほか、線路及びホーム上に2層の駅舎を新設し、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑緩和を図る計画となっています。また、エレベーターを増設し、明治神宮側に...
  •  02, 2019 21:21
  •  2

JR宇都宮線 粟宮新都心新駅設置計画 #2019年10月現地の様子

JR宇都宮線 粟宮新都心新駅設置計画は栃木県小山市南部で計画されている粟宮新都心計画計画地の中心駅となる新駅設置計画です。◆参考資料、引用元・小山市 粟宮新都心構想・小山市 粟宮新都心基本計画・日本建設新聞社 小山市粟宮新都心第一区画整理 7月に業務代行者選定 今年度末に組合設立へ出典:小山市■概要・名称   JR宇都宮線 粟宮新都心新駅設置計画・name   JR Utsunomiya Line Awanomiya Shintoshin New Station I...
  •  31, 2019 10:37
  •  0

御茶ノ水駅バリアフリー整備等工事 #現地の様子 #2019年9月建設状況

御茶ノ水駅バリアフリー整備等工事はJR中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)の御茶ノ水駅で行われている駅改良工事で、バリアフリー化改修と聖橋口の駅前広場機能整備が進められています。御茶ノ水駅の一日平均乗降客数は、21万1,780人とそこそこの利用者数の駅となっており、高台の擁壁と神田川の間に線路が敷かれていることから、ホームの幅が非常に狭く、更に広範囲にわたる地中埋設物の処理等の影響から、当初予定の2020年度...
  •  28, 2019 07:08
  •  0

折尾駅周辺連続立体交差事業 #現地の様子 #2019年8月建設状況

折尾駅周辺連続立体交差事業は北九州都市圏郊外の福岡県北九州市八幡西区に位置する折尾駅周辺、JR鹿児島本線、筑豊本線(若松線・福北ゆたか線)、短絡線の3線すべてを高架化する計画です。鹿児島本線は現位置で高架化し、筑豊本線、短絡線の2線を西側に約 300m移設・立体化することで、折尾駅が3線とも同じ高さで整備することができ、駅舎の統合、乗り換え利便性向上が期待されています。ちなみに折尾駅は高架の鹿児島線と、地上部...
  •  25, 2019 07:11
  •  0

名古屋市営地下鉄名城線 上前津駅リニューアル #2019年現地の様子

名古屋市営地下鉄名城線 上前津駅リニューアルは愛知県名古屋市中区の名城線と鶴舞線の乗換駅である上前津駅をリニューアルする計画で、改修形態における標準駅として、意匠、色彩、照明、天井、壁などのリニューアルに向けた各種検討を行うこととされています。また、駅ホームの冷房化に向けた検討も実施されるとのことです。◆参考資料、引用元・地方建設専門紙の会 【愛知】名古屋市 共同設計で 上前津駅の基本設計・建通新聞 ...
  •  16, 2019 10:10
  •  8

東京メトロ千代田線 二重橋前駅リニューアル、ホームドア設置

東京都千代田区丸の内の東京メトロ千代田線二重橋前駅では2016年度にリニューアル工事が完了しており、2018年11月3日にはホームドアの供用も開始されました。二重橋前駅はビジネスエリアの丸の内に位置していることから、2018年3月17日より副駅名称として「丸の内」が導入されています。また、リニューアル工事では「二重橋」に見られる洗練されたデザイン、緑やお堀といった豊かな自然、皇居や丸の内エリアの「品格」「歴史」「誇...
  •  13, 2019 18:58
  •  0

飯田橋駅改良工事 #現地の様子 #2019年9月建設状況

飯田橋駅改良工事は、東京都千代田区飯田橋にあるJR中央・総武線 (各駅停車)の駅で行われているホーム移設工事、西口駅舎の建替やバリアフリー設備の整備、駅前広場の整備で、2020年12月ごろに完了予定となっています。◆参考資料、引用元・JR東日本 駅改良・開発プロジェクト・日刊建設工業新聞 JR東日本/飯田橋駅改良本体工(東京都千代田区)/鉄建JVに、20年完成めざす出典:JR東日本 駅改良・開発プロジェクト■概要・名...
  •  01, 2019 19:28
  •  1

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業 #現地の様子 #2019年8月施工状況

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業は「一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業」という名称で、現在、名鉄瀬戸線と平面交差する国道302号線の他に瀬戸街道などの踏切で常時発生する渋滞や朝の通勤ラッシュ時間帯に起こる開かずの踏切を廃止するために計画されました。名古屋市の財務上の関係からか完成年度がずれ込み、2024年1月31日完了へと変更されています。◆参考資料、引用元・名古屋市 一...
  •  09, 2019 21:15
  •  0

小田急線登戸駅構内「ドラえもん」装飾

東京の新宿をターミナルとして、小田原や藤沢、多摩センター方面を結ぶ小田急電鉄では、川崎市 藤子・F・不二雄 ミュージアムの協力の下、2019年2月26日から小田急線登戸駅において、ドラえもんのキャラクターによる装飾が実施されています。小田急線登戸駅にて実施される今回の装飾は、「ドラえもんたちのいる すこしふしぎな駅」をコンセプトに、国内外で大人気である「ドラえもん」のまんがの世界に入り込んだような空間を演出...
  •  04, 2019 18:33
  •  0

相模鉄道 相鉄線海老名駅改良工事 #現地の様子201907

相模鉄道 相鉄線海老名駅改良工事は神奈川県海老名市の相鉄海老名駅で進められている新駅舎建設を含む駅改良工事で、新駅舎は地上3階建てとなるほか、商業施設や保育施設も整備されます。また、混雑の解消を図るため既存の改札口(1階南口)に加えホームの両端となる南北の2階部分に改札口がそれぞれ1カ所増設、ホームにはホームドア(可動式ホーム柵)が設置されます。◆参考資料、引用元・相鉄線海老名駅をリニューアル■概要・名称 ...
  •  29, 2019 12:36
  •  0

知立連続立体交差事業 #現地の様子 #建設状況201907

知立連続立体交差事業は正式名称、「西三河都市計画・都市高速鉄道 知立駅付近連続立体交差事業 名鉄名古屋本線・三河線」といい、知立駅周辺は、名鉄名古屋本線・三河線によって市街地が分断されています。知立駅の東の名古屋本線と三河線の接した踏切では、遮断されている時間が一日10時間50分ときわめて長い状況にあり、朝夕のラッシュ時は特に酷く「開かずの踏切り」と呼ばれているため、高架化する事になりました。◆参考資料...
  •  28, 2019 12:40
  •  2

JR新橋駅 改良工事 大屋根トラス スライド工事 #建設状況201907

JR新橋駅 改良工事 大屋根トラス スライド工事は東京都港区のJR新橋駅にて行われている大規模な改良工事です。「バリアフリー設備整備工事」としてのエレベーター設置と「耐震対策工事」としての東海道線の鉄筋コンクリート高架橋の耐震補強及び山手線・京浜東北線のレンガアーチ高架橋の補強・改築、「駅構内の混雑緩和工事 」がなされています。 ◆参考資料、引用元・JR新橋駅 大屋根スライド工事・東京2020大会に向けた駅改良の...
  •  25, 2019 12:35
  •  0

東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)連続立体交差事業 #現地の様子 #高架化状況201907

東武伊勢崎線(竹ノ塚駅付近)連続立体交差事業は、東武伊勢崎線竹ノ塚駅を中心とした約1.7kmの区間において鉄道を連続的に高架化する計画で、赤山街道など区道2か所の開かずの踏切」を除却することにより、踏切での慢性的な交通渋滞を解消することを目的として進められています。さらに、鉄道と交差する都市計画道路および駅前広場等をあわせて整備することにより、鉄道により隔てられていた東西地域を一体化するものとされています...
  •  04, 2019 12:33
  •  0

再整備が進められているSuicaのペンギン広場

2016年3月25日に開業した新宿駅南口の「Suicaのペンギン広場」では設備工事として再整備が進められています。東京五輪開催前の2020年6月頃まで続けられる見通しで、現在はデッキなどが撤去されて工事が進められています。■概要・名称  Suicaのペンギン広場設備工事・name   ---・中文名 ---・所在地  東京都新宿区・面積  約2,000㎡・着工  2019年3月初旬・開業  2020年6月頃・建築主 ---・設計  ---・施工  ---...
  •  30, 2019 12:34
  •  0

小田急小田原線 登戸~代々木上原間 連続立体交差化・複々線化事業 #完成

東京都心の新宿と小田原を結ぶ、小田急小田原線の登戸~代々木上原間では、連続立体交差化・複々線化事業が行われました。輸送需要に対応するため列車を増発し、朝のラッシュピーク時には、およそ2分に1本の割合で列車が運行されているほか、10両編成、各駅停車の8両編成化など列車の長編成化がなされました。しかし、従来の複線設備では輸送力に限界があることから、抜本的な輸送改善策として、東北沢~和泉多摩川間(10.4km)の複...
  •  26, 2019 12:21
  •  0