FC2ブログ
高架化事業・駅整備・既存路線新駅設置 - 1ページ目150 - 超高層ビル・都市開発研究所

供用再開されたJR常磐線 双葉駅

JR常磐線 双葉駅は福島県双葉町の玄関口となっている駅で、2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれに伴い発生した福島第一原子力発電所の事故によって営業を休止していました。不通となっていた富岡駅~浪江駅間を運転再開し、常磐線の全線開通ならび双葉駅周辺などの避難指示先行解除や2022年春ごろまでに住民の居住再開を目指すことから、2018年8月6日に双葉駅橋上化及び自由通路新設工事に着手されました。2020年3月14日の...
  •  18, 2020 10:57
  •  2

竣工したJR原宿駅 新駅舎 駅改良工事

JR山手線原宿駅から明治通りにかけての約350mに若者向けのファッションやブティック、飲食の小規模な商店が建ち並ぶ竹下通りが有名な原宿の最寄り駅、JR山手線原宿駅では駅改良工事が行われました。2020年3月21日より供用が開始されており、過去に年始のみ使用していた臨時ホームを外回り専用ホームとしたほか、線路及びホーム上に2層の橋上駅舎が建設され、コンコース、改札口、トイレを拡張して混雑緩和が図られています。また...
  •  22, 2020 08:09
  •  0

名鉄名古屋本線・三河線 知立連続立体交差事業(知立駅高架化) 2020年3月建設状況

知立連続立体交差事業は正式名称、「西三河都市計画・都市高速鉄道 知立駅付近連続立体交差事業 名鉄名古屋本線・三河線」といい、知立駅周辺は、名鉄名古屋本線・三河線によって市街地が分断されています。知立駅の東の名古屋本線と三河線の接した踏切では、遮断されている時間が一日10時間50分ときわめて長い状況にあり、朝夕のラッシュ時は特に酷く「開かずの踏切り」と呼ばれているため、高架化する事になりました。2020年3月...
  •  19, 2020 10:26
  •  0

東京メトロ日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅 2020年2月建設状況

東京メトロ日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅は日比谷線霞ケ関~神谷町駅間の東京都港区虎ノ門に建つ虎ノ門ヒルズに隣接する国道1号と環状第2号線の交差点直下で建設が進められている地下鉄新駅です。2020年6月30日暫定開業予定となっており、相対式2面ホーム構造となります。今回の暫定開業は2020年夏の東京五輪に向けて開業するもので、2023年3月の最終完成時に地下2階で隣接する再開発事業で整備される駅広場とつながり、地上と地下をス...
  •  03, 2020 19:10
  •  0

開業したJR山手線、京浜東北線 高輪ゲートウェイ駅 vol.3 駅舎、外観デザイン、新たに導入されたタッチしやすい自動改札機編

高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて2020年3月17日に新たに暫定開業した駅で、JR山手線、京浜東北線の新駅となっており、田町駅から約1.3 km、品川駅から約0.9 km付近の場所に位置しています。元々、約20haの東京総合高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて2020年3月17日に新たに暫定開業した駅で、JR山手線、京浜東北線の新駅となっており、田町駅...
  •  29, 2020 19:01
  •  0

開業したJR山手線、京浜東北線 高輪ゲートウェイ駅 vol.2 駅コンコース、折り紙がモチーフの木鋼ハイブリッド構造屋根

高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて2020年3月17日に新たに暫定開業した駅で、JR山手線、京浜東北線の新駅となっており、田町駅から約1.3 km、品川駅から約0.9 km付近の場所に位置しています。元々、約20haの東京総合高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて2020年3月17日に新たに暫定開業した駅で、JR山手線、京浜東北線の新駅となっており、田町駅...
  •  23, 2020 20:03
  •  0

開業したJR山手線、京浜東北線 高輪ゲートウェイ駅 vol.1 プラットホーム編

高輪ゲートウェイ駅は、2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせて2020年3月17日に新たに暫定開業した駅で、JR山手線、京浜東北線の新駅となっており、田町駅から約1.3 km、品川駅から約0.9 km付近の場所に位置しています。元々、約20haの東京総合車両センター田町センターが広がっていた場所ですが、設備や車両留置箇所の見直しによって創出された約13haを4棟の超高層ビル群から構成される「品川開発プロジェクト (第...
  •  20, 2020 07:42
  •  2

JR渋谷駅改良工事 2020年2月現地状況

JR渋谷駅改良工事は東京都渋谷区の渋谷駅で行われている駅改良工事で、現在は渋谷駅南側にある埼京線ホームを山手線と並列化する工事が進められています。埼京線ホームを北側へ約350m移設し、山手線ホームと並列の位置とし、乗換利便性の向上を図るほか、 1階部分と3階部分において、駅構内コンコースを拡充することで他社線との乗換動線の改善を図るものとされています。また、1階、3階コンコースと山手線・埼京線各ホームを結ぶ...
  •  12, 2020 07:10
  •  0

東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線 九段下駅駅改良工事、飯田橋駅~九段下駅間迂回路 2019年1月建設状況、現地の様子

東京都千代田区の東京メトロ東西線、半蔵門線、都営新宿線 九段下駅では、駅改良工事が行われているほか、東京メトロ東西線の飯田橋駅~九段下駅間では、ラッシュ時の混雑緩和を目指した折り返し運転増発用の迂回路の建設が進められています。九段下駅駅改良工事では、現在、地下3階に設置されている半蔵門線及び新宿線の既存改札口4か所を撤去するとともに、東京メトロ東西線の地下2階の改札口2か所を移設し、3線共通改札口として...
  •  21, 2020 18:43
  •  0

大阪メトロ御堂筋線 新大阪駅リニューアル工事 2020年1月施工状況、現地の様子

大阪メトロ御堂筋線 新大阪駅リニューアル工事は大阪府大阪市淀川区の大阪メトロ御堂筋線の新大阪駅にて行われているリニューアル工事です。2020年2月1日には、江坂方面寄りのホーム北側に「トレインビュースポット」が完成、壁面や天井面に木目調の化粧板を設置されるほか、一部では膜天井も採用され、明るい空間となります。◆参考資料、引用元・大阪メトロ 御堂筋線新大阪駅のホーム階に「トレインビュースポット」が出来ました...
  •  15, 2020 07:39
  •  0

名鉄犬山線布袋駅(ほていえき)付近鉄道高架事業 2020年1月施工状況、現地の様子

名鉄犬山線布袋駅(ほていえき)付近鉄道高架事業は名鉄犬山線の江南市、布袋(ほてい)駅付近にある国道155号線との平面交差におけるボトルネック踏切(開かずの踏切)の解消と、開かずの踏切により発生している市街地の分断を無くすために布袋駅付近1.4kmを高架化する計画です。布袋駅は名古屋都心の名鉄名古屋駅から急行で20分ほどの場所に位置し、布袋駅のある名鉄犬山線は名古屋駅、金山駅、直通の鶴舞線で伏見や丸の内などの名古...
  •  09, 2020 20:03
  •  2

南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業 2020年1月高架化状況、現地の様子

南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業は大阪府高石市の南海本線・高師浜線 羽衣駅~高石駅にかけての4.1km (南海本線:3.1km、高師浜線:1.0km)を高架化する計画です。高架化および側道の整備が行われ、13か所の踏切が除去され、羽衣駅と高石駅の両駅が高架となります。2016年5月14日に下り線(関西空港・和歌山市方面行き)が高架化され、現在は上り線の高架化工事が進められています。◆参考資料、引用元・南海本線・高...
  •  01, 2020 07:38
  •  0

銀座線渋谷駅改良工事、移設工事 2020年1月現地の様子

銀座線渋谷駅改良工事、移設工事は、渋谷駅街区基盤整備に合わせて行われている東京メトロ銀座線渋谷駅をリニューアルする工事です。2009年より駅移設工事が進められていましたが、2019年12月27日夜から2020年1月3日早朝にかけて3回目となる線路切替工事及びホーム移設工事が実施され、1月3日の始発から、新駅舎が供用開始されました。旧駅の位置から表参道方面へ約130m移設され、明治通り上空にホームは移転、新駅舎はホーム幅が...
  •  28, 2020 18:08
  •  0

名古屋市営地下鉄東山線、桜通線名古屋駅で行われている施設改良工事(エレベーター新設、延伸工事)

名古屋の一大ターミナル駅、名古屋駅の地下鉄東山線、桜通線名古屋駅では施設改良工事が行われています。東山線名古屋駅中改札口の地上行きエレベーターを桜通線ホームに直結している桜通線東改札口に延伸、中改札口から東山線ホームへエレベーターを新設し、バリアフリー化を図るものです。2018年8月27日着手、2020年3月末完了予定で施設改良工事が進められています。■概要・名称   名古屋市営地下鉄東山線、桜通線名古屋駅 施...
  •  23, 2020 07:13
  •  0

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業 2020年1月現地の様子

名鉄瀬戸線喜多山付近高架化事業は「一般国道302号及び都市計画道路守山本通線と名古屋鉄道瀬戸線との立体交差事業」という名称で、現在、名鉄瀬戸線と平面交差する国道302号線の他に瀬戸街道などの踏切で常時発生する渋滞や朝の通勤ラッシュ時間帯に起こる開かずの踏切を廃止するために計画されました。工区ごとに完成年度が異なりますが、完成年度は2024年1月31日完了予定となっています。2020年1月時点では、一部区間に高架躯体...
  •  16, 2020 18:46
  •  2