FC2ブログ
■東京都の超高層ビル・タワーマンション - 1ページ目24 - 超高層ビル・都市開発研究所

HARUMI FLAG PORT VILLAGE (ハルミフラッグ ポートヴィレッジ *賃貸棟) 東京五輪選手村第5-3街区・小中学校(選手村メインダイニング) 暫定竣工、2020年3月建設状況、現地の様子

HARUMI FLAG (晴海フラッグ)は晴海五丁目西地区第一種市街地再開発事業として、東京都中央区晴海で建設された東京オリンピック・パラリンピック選手村として使用される高層マンション群です。大会後に建設されるツインタワーの高層棟(50階建て、高さ179.60m)、選手村として使用される選手村棟(14~18階建て、高さ約50m~70m)の計24棟、総戸数5,632戸が計画、建設されています。HARUMI FLAG PORT VILLAGE (ハルミフラッグ ポートヴ...
  •  07, 2020 19:06
  •  0

the ARGYLE aoyama (ジ アーガイル青山/青山グランドホテル) 2020年3月建設状況、現地の様子

the ARGYLE aoyama (ジ アーガイル青山)は、計画名「(仮称)北青山二丁目計画」として東京都港区北青山で建設中の20階建て、高さ94.60mの超高層ビルです。地域のシンボルであり、建築家の黒川紀章氏が設計した「青山ベルコモンズ」の再開発となります。オフィス、ホテル、商業ゾーンからなる複合ビルへ建て替えられており、ホテルゾーンはPlan・Do・Seeが運営する「THE AOYAMA GRAND HOTEL(青山グランドホテル)」として2020年7月に...
  •  06, 2020 07:34
  •  0

渋谷フクラス (SHIBUYA FUKURAS)/東急プラザ渋谷

渋谷フクラス (SHIBUYA FUKURAS)/東急プラザ渋谷は旧 東急プラザ渋谷跡地の再開発として東京都渋谷区道玄坂に建設された19階建て、高さ103.31mの超高層ビルです。渋谷駅西口の顔、玄関口として機能するほか、「Warm Japan を、道玄坂一丁目から。」を開発ビジョンとし、国際競争力強化を目指しつつあたたかいおもてなしを提供できる施設となることが目指されています。正式名称は渋谷フクラス (SHIBUYA FUKURAS)に決定し、「渋谷フ...
  •  31, 2020 21:47
  •  0

港区立みなと科学館 気象科学館・気象庁虎ノ門庁舎 2020年2月建設状況、現地の様子

港区立みなと科学館 気象科学館・気象庁虎ノ門庁舎は東京都港区虎ノ門の東京ワールドゲート北側に建つ14階建て、高さ81.705mの高層ビルです。施設の設計、施工、維持管理、運営は、PFI事業を受託した大成建設を代表企業とするグループが担当し、民間事業者が施設を国に引き渡してから維持管理・運営を行うBTO方式のPFIという手法を採用しています。2009年時点で民間事業者の選定はなされていましたが、地権者との協議が難航し、事...
  •  28, 2020 07:30
  •  0

東池袋一丁目地区市街地再開発事業 2020年3月現地の様子

東池袋一丁目地区市街地再開発事業は東京都豊島区東池袋で計画されている30階建て、高さ180mの超高層ビルで、オフィスを中心とし、文化体験施設やイベントホールなども配置される施設構成となります。「国家戦略特区」による都市再生プロジェクトとして計画されており、2020年度内に都市計画決定予定、都市計画決定後、準備組合は本組合に移行する予定で、2022年度着工、2025年度竣工予定となっています。◆参考資料、引用元・建設...
  •  27, 2020 19:24
  •  0

(仮称)虎ノ門二丁目計画 2020年2月建設状況、現地の様子

(仮称)虎ノ門二丁目計画は東京都港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズステーションタワーの隣接地で建設中の17階建て、高さ97.05mの超高層ビルです。建築主は森ビルではなく、東洋海事工業、設計は山下設計、施工は大林組となっており、オフィスのほか、外国人就業者や居住者などのための情報・交流拠点の整備が行われる計画です。◆参考資料、引用元・森ビル 『虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業』着工 ・森ビル (仮称) 虎ノ門ヒル...
  •  25, 2020 07:50
  •  0

芝五丁目複合施設新築工事 2020年2月建設状況、現地の様子

芝五丁目複合施設新築工事は東京都港区芝で建設中の12階建て、高さ67.03mの高層ビルです。フロア構成は、1階にエントランス、2~3階に活用可能床、4~7階に新三田図書館 、8~11階に(仮称)港区立産業振興センターとなります。◆参考資料、引用元・港区 芝五丁目複合施設整備基本計画を策定しました■概要・名称  芝五丁目複合施設新築工事・計画名 芝五丁目複合施設新築工事・name  New construction of Shiba 5-chome complex...
  •  22, 2020 20:12
  •  0

(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区) 2020年2月建設状況、現地の様子

(仮称)虎ノ門一・二丁目地区計画A-3街区 (虎ノ門ヒルズステーションタワー A-3街区)は東京都港区虎ノ門で進められている再開発の「虎ノ門ヒルズステーションタワー」のA-3街区として建設中の12階建て、高さ59.00mの高層ビルです。A-3街区のフロア構成は、低層部分に商業施設、中層部分に住宅、高層部分に事務所(オフィス)が入る構成となります。◆参考資料、引用元・ 森ビル (仮称) 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー ・森ビル 国際...
  •  20, 2020 19:01
  •  0

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟 2020年3月建設状況、現地の様子

虎ノ門二丁目地区第一種市街地再開発事業 業務棟は東京都港区虎ノ門の「旧虎の門病院」跡地で建設中の38階建て、高さ184.935mの超高層ビルです。国際都市にふさわしい高度医療に対応した新病院をはじめ、防災・災害対応機能、緑道や広場を備えた複合市街地を整備する計画とされています。また、建築主と保留床取得者は別となっており、建築主は「独立行政法人都市再生機構」と「国家公務員共済組合連合会」、保留床取得者は代表者...
  •  19, 2020 07:08
  •  0

(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 2020年2月建設状況、現地の様子

(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワーは東京都港区虎ノ門の虎ノ門ヒルズ西側で建設の進む再開発事業である計画名「虎ノ門一・二丁目地区第一種市街地再開発事業」にて建設される超高層ビルです。A-1街区には49階建て、高さ265.75mの超高層ビルが建設されるほか、北側のB街区には17階建て、高さ98.00m、A-3街区には12階建て、高さ59.00mの高層ビルも建設されます。東京メトロ日比谷線虎ノ門新駅である虎ノ門ヒルズ駅直上に、国際...
  •  14, 2020 07:45
  •  3

(仮称)東京三田再開発プロジェクト 2020年2月建設状況、現地の様子[国家戦略特区認定]

(仮称)東京三田再開発プロジェクトは計画名「(仮称)三田三・四丁目地区第一種市街地再開発事業」として、東京都港区三田で建設中の42階建て、高さ215mの超高層ビルを含む4棟のビル群が建設される大規模再開発事業です。内閣府の国家戦略特区認定事業として再開発が進められ、新たにバリアフリー化した歩道橋や歩行者デッキなどを新設し地区と周辺市街地を繋ぐ安全で快適な歩行者ネットワークを形成するほか、隣接街区と一体の緑豊...
  •  10, 2020 09:56
  •  0

(仮称) 南町田グランベリーパーク駅前マンション 計画 2020年3月建設状況、現地の様子

(仮称) 南町田グランベリーパーク駅前マンション 計画は東京都町田市鶴間の東急田園都市線南町田グランベリーパーク駅南東側で計画されている34階建て、高さ120.00mの超高層タワーマンションです。南町田グランベリーパーク ステーションコート東側で「商業、住みかえ住宅複合ゾーン」とされていた暫定駐車場跡地に建設されます。東京都町田市では、30階建て、高さ96.25mの「東急ドエルサウスフロントタワー町田ウィング」の高さを...
  •  05, 2020 07:12
  •  0

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワー 2020年2月建設状況、現地の様子

虎ノ門ヒルズ レジデンシャルタワーは東京都港区愛宕で建設中の54階建て、高さ221.55m、総戸数547戸の超高層タワーマンションで、森ビルが展開する高級住宅ブランド「MORI LIVING」シリーズの最高峰となる住宅を整備、外国人の滞在者も想定した国際的な居住機能が導入されます。長期滞在型の分譲・賃貸住宅を中心に、4~11階に短・中期滞在型の外国人向けサービスアパートメントが配置され、多様な滞在ニーズに応え、1~3階には25m...
  •  04, 2020 08:44
  •  0

(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)/(仮称) 北品川5丁目計画 2020年2月建設状況、現地の様子

(仮称)住友不動産 大崎東プロジェクト(ソニー旧本社跡地開発)は東京都品川区北品川で建設中の19階建て、高さ90mの超高層ビルです。2007年までソニーが本社として使用していた「NSビル」や「4号館」が建っていた跡地で、2014年に住友不動産が2棟の土地・建物を取得、国土交通省の民間都市再生事業計画に認定され、再開発が進められています。◆参考資料、引用元・オフィスビルの急速な供給が進む山手線南半球の主要なビジネスエリ...
  •  03, 2020 07:07
  •  0

東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業 2020年2月建設状況、現地の様子

東京都市計画事業泉岳寺駅地区第二種市街地再開発事業は東京都港区高輪で計画されている30階建て、高さ145mの超高層ビルで、住宅と事務所、店舗、子育て支援施設、地下鉄駅施設が整備されます。東側隣接地では、高輪ゲートウェイ駅前の大規模都市開発事業である「品川開発プロジェクト (第Ⅰ期) (Tokyo Yard Project)」も進み、更に西側隣接地では、「泉岳寺周辺地区市街地再開発」も計画されており、高輪ゲートウェイ駅界隈では一...
  •  02, 2020 20:13
  •  0