FC2ブログ
大自然の田園地帯にそびえたつ超高層マンション「スカイタワー41」を見てきた。 - ■ 風景写真

大自然の田園地帯にそびえたつ超高層マンション「スカイタワー41」を見てきた。

  •   31, 2017 07:41
  •  0
  •  0
早いもので2017年ももう終わりですね。
遂に大学生も終わりが近づいてきました。

ということで、今回はネット上に度々載せられ話題になる山形県の郊外、上山市にあるスカイタワー41を秋に見てきました。
天気は生憎の雨だったので、次回晴れの日に撮影した際に詳細情報も載せます。



まずは最寄り駅のかみのやま温泉駅で下車します。
住宅街と山々が連なる中にポツンと超高層マンションが見えますね。
これがスカイタワー41です。
DSC08576.jpg





とりあえず駅から徒歩で約30分。途中、雨でドロドロになったあぜ道を突き進んでいきます。
都会のセレブが好むようなタワーマンションとは程遠い立地環境で、表現や言葉は悪いですが、こんなところにタワーマンションなんてあるのかよと笑えてきます。
DSC08582.jpg




視界が開けると・・・
ありました!!これが41階建て、高さ133.95m、総戸数389戸の超高層タワーマンション「スカイタワー41」です。
なんということでしょう。
野山と荒れ地に囲まれた大自然の中のロケーションです。
DSC08583.jpg






自分がこのスカイタワー41を初めて知ったのは中学の頃に超高層ビルに興味を持ってすぐの時でした。
このブログを始めるきっかけともなりました「超高層マンション・超高層ビル」に掲載されていた下の記事を見たときです。
超高層マンション・超高層ビル スカイタワー41
DSC08589.jpg





付近は柿の木が植えられています。
本当に雨だったことが残念です。
実際は近くに上山バイパスが通っているほか、周囲は住宅地ですが、川を挟んでいるためこのような光景が望めます。
ちなみに山形市最高層、タワーマンションとしては東北地方で最高層となっています。
DSC08591.jpg





ネット上によく出てくるスカイタワー41の写真と同じ角度ですね。
この一角だけ、秋の美しい稲穂の田んぼが広がっていました。
自分はセレブ志向より、このような大自然が身近に感じられる郊外のタワーマンションに住んでみたいです。
野山に囲まれ、遠くまで見渡せて鳥の鳴き声も聞けるそんな場所のタワーマンションに住んでみたいですが、
できれば駅の近くが良いですね、ここまで来るのが大変でした。
DSC08598_20171231021352587.jpg





ちなみにこのマンションの開発・販売は、ユーカリが丘ニュータウン(千葉県佐倉市)の開発で知られる不動産デベロッパー、山万(東京都中央区)の関連会社、山万アーバンフロントによって行われ、仙台市郊外の錦ケ丘ニュータウンなど大規模開発を行なっていたものの、「アーバンフロント」「エヌ・エス・アール」と商号変更を繰り返した後、2014年1月31日に破産しています。
このスカイタワー41は1999年7月に竣工し、度重なる値引きを行い、2005年に完売していますが、スカイタワー41を建てたチャレンジャーな会社が倒産しているのは惜しいですね。
もう二度と、日本国内でこのような立地でタワーマンションを建てることはないかもしれません。
DSC08628_20171231021353907.jpg




元々、山万アーバンフロントは上山市と山形市にまたがる広大な山林や農地を宅地開発し、約3万人を定住させる計画でした。
しかしバブルも崩壊、計画はとん挫し、一足先に着工していたスカイタワーだけが残りました。とのことらしいです。
総戸数が389戸ということで、スカイタワー41だけで人口約1,000人規模を想定していたのでしょうか。
一体どれだけ巨大なニュータウン計画だったのか気になりますね。
DSC08631_20171231021355357.jpg




最後は柿畑?とスカイタワー41です。
純粋に住んでみたいなと思いました。
もしお金持ちだったら、別荘にしたいです。
DSC08639.jpg

整理番号整理番号P-0098-01
スポンサーサイト



広告

0 Comment

Post a comment