FC2ブログ
(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟 - 港区の超高層ビル・タワーマンション

(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟

  •   16, 2018 14:24
  •  0
  •  0
(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟は東京都港区海岸で建設中の26階建て、高さ120mの超高層ビルで、「JR東日本浜松町社宅」と「シーサイドホテル芝弥生」跡地の再開発となります。

建物全体は、歴史ある浜離宮恩賜庭園の豊かな緑、東京湾の海風等の自然環境を感じら れるテラスをまとった象徴的なデザインとし、竹芝エリアの新たな顔をつくることとされ、オフィス、商業施設、ホテル、そして劇場の入る複合施設となります。



◆参考資料、引用元
東日本旅客鉄道株式会社 竹芝ウォーターフロント開発計画について
日刊建設工業新聞 JR東日本/竹芝ウォーターフロント開発、先行地区の地下解体/清水建設で5月着手
竹芝ウォーターフロント開発計画の本体工事着手について




◆過去の記事
→2017年5月4日投稿 (仮称)竹芝ウォーターフロント開発計画













■概要
・名称  (仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟
・name  (Tentative name) Takeshiba waterfront development plan A building high-rise building
・中文名 (暂定名)竹芝海滨开发计划建筑物 埃建物 高层建筑
・所在地 東京都港区海岸1丁目22番1の一部、22番4
・階数  地上26階、地下2階建て
・高さ  120m
・構造  鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
・敷地面積 23,030㎡
・建築面積 14,260㎡(既存建物を含む面積:15,660㎡)
・延床面積 102,560㎡(既存建物を含む面積:105,560㎡)
・着工  2017年5月1日
・竣工  2020年6月30日予定
・建築主 東日本旅客鉄道
・設計  ジェイアール東日本建築設計事務所
・施工  清水建設
・最寄駅 竹芝、浜松町
(2018年12月9日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









参考資料から拝借した(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟の完成予想パースです。
建物の配置関係から、北側の浜離宮恩賜庭園から見た角度かと思われます。

A棟高層棟の外観デザインは庇が少しずつ出てくる特徴的なデザインとなるようです。









参考資料から拝借した(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟の配置図です。
敷地中央には劇場棟が建設され、6階建て、高さ45m、延床面積30,800㎡という規模の建物になる予定です。









建設中の(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟、低層部分の様子です。
中層~高層階は外壁のカーテンウォールが取り付けられ始めていますが、低層階は建設車両や資材を一時的に留置するためか構造のみできている形となっています。









北側から見上げた建設中の(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟の様子です。
取り付けられた外壁から、1フロアごとの梁が分厚く見えます。
実際はごく普通の鉄骨梁かと思いますが、外装材によって見え方が大きく変わりますね。









敷地中央付近、劇場棟の建設される場所です。
現在はこちらから建物躯体の確認はできませんでしたが、2020年には劇場ができ、賑わいが生まれていることでしょう。










西側から見上げた建設中の(仮称) 竹芝ウォーターフロント開発計画 A棟 高層棟の様子です。
そろそろ20階前後の鉄骨建方を行っている頃かと思います。


整理番号B-0524-02
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment