FC2ブログ
ブランズタワー梅田 North - 大阪市の超高層ビル・タワーマンション

ブランズタワー梅田 North

  •   08, 2019 12:35
  •  0
  •  0
ブランズタワー梅田 Northは大阪府大阪市北区豊崎の地下鉄御堂筋線中津駅直上で建設中の50階建て、高さ168.44m、総戸数653戸の超高層タワーマンションで、建設地はかつて大阪の高級ホテル御三家に数えられた「東洋ホテル(ラマダホテル)」の跡地となっています。

住戸は4-14階がアーバンフロア、15-34階がラグジュアリーフロア、35-46階がエグゼクティブフロア、47-50階がプレミアムフロアと名付けられています。





◆過去の記事
→2016年11月7日投稿 (仮称)ブランズタワー梅田北プロジェクト
→2017年1月28日投稿 ブランズタワー梅田 North













■概要
・名称  ブランズタワー梅田 North
・計画名 (仮称)ブランズタワー梅田北プロジェクト
・name  Branz Tower Umeda North
・中文名 布兰兹塔楼梅田北
・所在地 大阪府大阪市北区豊崎三丁目21番1
・階数  地上50階、地下1階建て
・高さ  168.44m
・構造  鉄筋コンクリート造(制震構造)
・総戸数   653戸
・敷地面積 5,154.70㎡
・建築面積 2,390.82㎡
・延床面積 68,778.31㎡
・着工  2016年7月初旬
・竣工  2019年11月予定
・設計  大林組
・建築主 東急不動産、住友商事、住友不動産
・施工  大林組
・最寄駅 中津、梅田、大阪
(2018年12月31日撮影)





現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









南西側から見上げた建設中のブランズタワー梅田 Northの様子です。









南東側から見上げた建設中のブランズタワー梅田 Northの様子です。
ブランズタワー梅田 Northの外観デザインのコンセプトは「古典的建築から先鋭的建築への美しき昇華」となっており、重厚感あふれる基壇部から、光輝な印象を魅せる中・高層部にかけて、互いに組み込むように調和させた“3層の立体的なデザイン”となっていることが特徴です。









建物角には床から天井まである大型のコーナーサッシが採用され、庇の軒の出が幾重にも重なり合うデザインとなっています。








タワーマンションでは塗装で済まされてしまうことの多い外壁も、ブランズタワー梅田 Northではタイル貼りがなされています。








北東側から見上げた建設中のブランズタワー梅田 Northの様子です。









中津駅周辺は超高層マンションの建設ラッシュで西側にはザ・セントラルマークタワー (地上37階、高さ122.5m)が建ち、南側ではザ・ファインタワー梅田豊崎(45階建て、高さ151.6m)が竣工し、数字年前とは景色が一変しました。


整理番号B-0451-03
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment