FC2ブログ
津田沼 ザ・タワー - ■千葉県の超高層ビル・タワーマンション

津田沼 ザ・タワー

  •   19, 2019 12:30
  •  0
  •  0
津田沼 ザ・タワーは千葉県習志野市谷津の津田沼駅南側の仲よし幼稚園跡地で建設中の44階建て、高さ161.04m、総戸数759戸の超高層タワーマンションで、総武線沿線で最大級かつ最高峰を売りに世界一高い樹木「ハイペリオン」をイメージした斬新なツリーアートをコンセプトに、足元には豊かな緑を抱きながら、 駅前の新しいランドマークとして建設が進みます。




◆参考資料、引用元
津田沼 ザ・タワー 公式サイト











■概要
・名称  津田沼 ザ・タワー
・計画名 (仮称)仲よし幼稚園跡地活用計画
・name  Tsudanuma The Tower
・中文名 津田沼塔楼
・所在地 千葉県習志野市谷津1丁目1340番15の一部・16の一部・24・25(地番)
・階数  地上44階、地下2階建て
・高さ  161.04m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(免震構造)
・総戸数 759戸 (他に中央管理室、集会室、キッズルーム、スタディルーム、ゲストルーム、スタジオ、シアタールーム、スカイサロン等共用施設、保育園、店舗、習志野市駐輪場等)
・敷地面積 8,050.23㎡
・建築面積 4,325.90㎡
・延床面積 87,905.86㎡
・着工  2016年12月1日 (準備工事:2018年11月2日)
・竣工  2020年4月下旬予定
・建築主 三菱地所レジデンス、三井不動産レジデンシャル、野村不動産
・設計  フジタ
・施工  フジタ
・最寄駅 津田沼、新津田沼
(2019年2月5日撮影)






現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。









北西側から見上げた建設中の津田沼 ザ・タワーの様子です。
津田沼 ザ・タワーは大規模タワーマンションという特徴を活かし、屋上にはパノラマデッキ、29階にはスカイサロン、低層部分にはゲストルーム、ライブラリー、キッズルーム、コンシェルジュカウンター、スタディルームなどの共用施設が入ります。








一部ではシートや足場が外され、外観が現れています。
外観デザインは建物四隅に足下から天井まである大型のサッシ、ガラスパネル手すりで覆われたバルコニーと透明感ある外観となっています。









南東側から見上げた建設中の津田沼 ザ・タワーの様子です。
津田沼 ザ・タワーは鉛プラグ入り積層ゴムを使用した免震構造のタワーマンションとなっており、大地震時の揺れを軽減する構造システムが採用されています。








仮囲いには完成予想図が貼り出されています。
津田沼 ザ・タワーはペデストリアンデッキによって津田沼駅まで直結されます。









共用施設についても貼り出されています。
共用施設は先ほどの内容の通りです。








津田沼駅のデッキから見た津田沼 ザ・タワーの様子です。
今はタワークレーンがちょこっとだけ見えます。


整理番号B-0728-01
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment