FC2ブログ
シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー - 江東区の超高層ビル・タワーマンション

シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー

  •   07, 2019 18:30
  •  0
  •  0
シティタワーズ東京ベイは東京都江東区有明で建設中のトリプルタワーマンションで、規模は32~33階建て、高さ118.97m、総戸数は1,539戸となっています。
計画名称は「(仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)計画」で、隣接するB街区やC街区には大規模商業施設、ホテル、サービスアパート、ホールなどが入る計画で、(仮称)有明北3-1地区全体の約16.6haが国家戦略特区認定されています。

今回はシティタワーズ東京ベイの中でも西側に建設中のシティタワーズ東京ベイ ウエストタワーの様子を見ていきます。





◆過去の記事
→2017年10月11日投稿 シティータワーズ東京ベイ
→2018年7月23日投稿 シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー
→2018年11月22日投稿 シティタワーズ東京ベイ ウエストタワー












■概要
・名称  シティタワーズ東京ベイ
・計画名 (仮称)有明北3-1地区(3-1-A街区)
・name  City Towers Tokyo Bay
・中文名 城市塔东京湾
・所在地 東京都江東区有明二丁目1番219、234の一部、235
・階数  ウエストタワー:地上32階、地下1階建て
     セントラルタワー:地上33階建て
     イーストタワー:地上33階建て
・高さ  118.97m (軒高または建築物高さ:113.87m)
・構造  鉄筋コンクリート造(免震構造)
・総戸数 1,539戸
・敷地面積 32,627.38㎡(街区全体)
・建築面積 11,237.76㎡(街区全体)、(公式サイト:11,220.15㎡)
・延床面積 160,822.50㎡(街区全体)、(公式サイト:160,823.83㎡)
・着工  2016年10月中旬
・竣工  2019年10月中旬予定
・設計  前田建設工業
・建築主 住友不動産
・施工  前田建設工業
・最寄駅 有明、国際展示場
(2019年2月5日撮影)








南側から見上げた建設中のシティタワーズ東京ベイ ウエストタワーの様子です。
共用施設には、パーティーラウンジ、パーティールーム、ライブラリーラウンジ、キッズルーム&ペアレンツサロンなどが入ります。











シティタワーズ東京ベイ ウエストタワーの低層部分に設置されていたシートが外され、外観を確認できるようになってきました。
低層部分は一面ガラス張りのクールな外観デザインで、ウエストタワー2層吹抜けのエントランスホールと2階を結ぶエスカレーターが設けられます。








エントランスホールへ直結するペデストリアンデッキの建設も進みます。









ペデストリアンデッキは屋根付きの本格的なものです。









北西側から見上げた建設中のシティタワーズ東京ベイ ウエストタワーの様子です。
シティタワーズ東京ベイのコンクリート強度は1㎡あたり3,000t~7,000t、いわゆる設計基準強度としては約30N/m㎡~約70N/m㎡の強度があるコンクリートが使用されているほか、柱には溶接閉鎖型帯筋を用いることで粘り強さが増し、一般的な鉄筋コンクリート造の建物より耐震性が高まっているようです。

ちなみにシティタワーズ東京ベイは免震構造が採用されているため、建物本体と基礎が積層ゴムなどの免震装置により接続されているため、地震時の揺れは通常の耐震構造の建物より抑えられるとのことです。










南東側から見上げた建設中のシティタワーズ東京ベイ ウエストタワーの様子です。
途中の階からバルコニーの形状が変化しています。

タワーマンションは大抵の場合、低層階ほどバルコニー面積が多く作られているような気がしますが、ここは高層階のバルコニーが広くとられています。










建設中のシティタワーズ東京ベイ全景です。
日本国内ではあまり見かけないトリプルタワーのタワーマンションで、遠くから見るとデザインコードが統一されており、景観面で美しく感じられます。

また、シティタワーズ東京ベイ北側では有明ガーデンシティの商業施設が建設されています。
現在、タワークレーンが無数に立ち並び、圧倒されるインパクトある景色を望めます。


整理番号B-0548-w-04予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment