FC2ブログ
横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業 - 横浜市の超高層ビル・タワーマンション

横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業

  •   01, 2019 18:30
  •  0
  •  0
横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業は神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町で計画中の43階建て、高さ179.9mの超高層ビルで、住宅、ホテル、商業施設、多言語対応のメディカルモール・ 多言語対応コンシェルジュサービス・子育て支援施設の複合用途で構成される計画となっています。











■概要
・名称  横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
・計画名 横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業
・name  Yokohama station came Nishiguchi Tsuruya district first type city redevelopment project
・中文名 横滨站来了西口鹤屋地区第1次市再开发项目
・所在地 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町一丁目3番1
・階数  地上43階、地下2階建て
・高さ  179.9m
・構造  鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
・敷地面積 6,687㎡
・建築面積 4,980㎡
・延床面積 79,420㎡
・着工  2019年2月予定
・竣工  2022年3月予定
・建築主 横浜駅きた西口鶴屋地区市街地再開発組合(参加組合員:相鉄不動産、東京急行電鉄)
・設計  松田平田設計・UG都市建築・東急設計コンサルタント共同企業体
・施工  ---
・最寄駅 横浜
(2019年1月30日撮影)





現地に掲載されている建築計画の概要が書かれた板です。








西側から見た横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業計画地の様子です。
撮影時は暫定的に駐車場となっており、仮囲いのトラ柵で囲われていました。









着工は当初の計画から少しだけ延期され、2019年2月予定となっており、すでに着工されているものと思われます。









北側から見た横浜駅きた西口鶴屋地区第一種市街地再開発事業の計画地です。



整理番号B-0583-02予約更新

スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment