FC2ブログ
(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画 - 横浜市の超高層ビル・タワーマンション

(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画

  •   04, 2019 12:30
  •  4
  •  0
 (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画は神奈川県横浜市神奈川区のJR貨物東高島駅、コットンハーバータワーズ北西側で計画されている42階建て~52階建て、高さ165m~195mのトリプル超高層タワーマンション群で、約7.5haの東高島駅北地区土地区画整理事業地のうち約28,100㎡の敷地に3棟、延べ225,000㎡のタワーマンション群が2021年から2025年にかけて建設されます。




◆参考資料、引用元
横浜市 (仮称)東高島駅北地区 C地区棟計画に係る環境影響評価書
日刊建設工業新聞 JR貨物、三井不レジ/横浜市神奈川区に超高層マンション3棟建設/21年度にも着工 [2017年12月18日5面]




2019-03-03 (2)




■概要
・名称  (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画
・計画名  (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画
・name  (Tentative name) Higashi-Takashima Station North Region C District Building Plan
・中文名 (暂定名称)东高岛站北区C区建设计划
・所在地 神奈川県横浜市神奈川区星野町、神奈川1丁目
・階数  C-1地区:地上47階、地下2階建て
      C-2地区A棟地上42階、地下2階建て
      C-2地区B棟:地上52階、地下2階建て
・高さ  C-1地区:180m(建築物高さ:165m)
      C-2地区A棟:165m(建築物高さ:150m)
      C-2地区B棟:195m(建築物高さ:180m)
・構造   ---
・総戸数 ---
・敷地面積 C-1地区:約11,000㎡
        C-2地区:約17,100㎡
・建築面積 C-1地区:約4,300㎡
        C-2地区:約7,300㎡
・延床面積 C-1地区:約87,000㎡
        C-2地区:約138,000㎡
・着工  2021年度予定
・竣工  2025年度予定
・建築主 日本貨物鉄道、三井不動産レジデンシャル
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 東神奈川、京急東神奈川(仲木戸)
(2018年11月24日撮影)





参考資料から拝借した(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の平面計画図です。
2019-03-03.png





参考資料から拝借した(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の断面図です。
中高層部分は住戸となり、低層部分はロビーやエントランスホールのほか非住居部分として活用されます。
2019-03-03 (1)






北側から見た(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の計画地の現在の様子です。
運河が入り組んでいる埋め立て地ですが、一部の運河もさらに埋め立てられて区画整理がなされます。
奥に見えているタワーマンション群は「コットンハーバータワーズ」で、23階建て~38階建て、高さ75.5m~126.65m、5棟、総戸数926戸のタワーマンション群となっています。
20190303231252434.jpg






運河沿いには古びた倉庫や建物が点在しています。
鏡のように澄んだ運河の水面には、錆びた鉄の山留めや古びた倉庫が映りこんでいました。
20190303231256645.jpg





 (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の計画地内の様子です。
路地裏のようなちょっと怪しげな空間が広がります。
ここが数年後には、数多くの家族が生活する明るい街に生まれ変わります。
20190303231300144.jpg





南側から見た (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の計画地の様子です。
運河にはボートがいくつか泊められていました。
20190303231303675.jpg





計画地南側にはJR貨物東高島駅が隣接しています。
20190303231306682.jpg





横浜ランドマークタワーから見た(仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の計画地の様子です。
今は小さな倉庫や建物が建ち並んでいますね。
20190303231310413.jpg





少し引きで見ると、 (仮称) 東高島駅北地区 C地区棟計画の計画地すぐ右手にコットンハーバータワーズ、更に奥には東京都心の超高層ビル群も見えます。
20190303231314866.jpg

整理番号B-0759-01予約更新
スポンサーサイト
広告

4 Comment

おろろN  

おお、実際に計画が検討されているんですね!・・・て東海道貨物線は空港の下じゃなかった(汗)
出来たら旅客線は空港経由で実現できれば横浜中心部と羽田が直結できて利便性が高まるかと。

2019/03/06 (Wed) 21:41 | EDIT | REPLY |   

きりぼう  

Re:

皆さん、情報ありがとうございます!
今、愛知にいるので、また東京に戻って来週の休みに色々と廻ってみようと思います。
これからも新規情報ありましたら、ぜひどんどん投稿していただけると幸いです!

2019/03/06 (Wed) 00:02 | EDIT | REPLY |   

あい(大船民)  

横からで申し訳ありません。
>おろろN さんのおっしゃっているような路線計画は一応存在しています、東海道貨物支線貨客併用化整備検討協議会
というものです。ルートは以下をご参考に。

https://kakyaku.com/t_rootmap.html

2019/03/05 (Tue) 23:22 | EDIT | REPLY |   

おろろN  

JR東が東京都心各部と羽田を直通させる新線計画を正式に始めましたが、東高島駅に至る貨物線はその延長上に在り、そのままみなとみらいの地下を抜けていきます。すなわち東海道本線の東京~横浜間サブルートとして使えるわけで、横浜の旧工業地帯の再開発が他にも有り、沿線居住人口が増えれば貨物線を旅貨兼用に変える可能性も無きにしも非ずです。ただ大井ふ頭の東京貨物ターミナル~鶴見間は日本の物流の大動脈に一つなので難しいかもしれませんが。
因みにJRの羽田新線計画、実は新橋以南の敷地は羽田新駅を除いて既に存在します。羽田空港~東京貨物ターミナル間は空港敷地の真ん中を東海道貨物線が貫いていますが、東京貨物ターミナル以北は旧汐留駅に至る貨物線が大井町付近迄休止状態で残っております。

2019/03/04 (Mon) 21:50 | EDIT | REPLY |   

Post a comment