FC2ブログ
みなとみらい21中央地区53街区 - 横浜市の超高層ビル・タワーマンション

みなとみらい21中央地区53街区

  •   20, 2019 18:35
  •  0
  •  0
みなとみらい21中央地区53街区は神奈川県横浜市西区みなとみらいで計画されている28階建て、高さ153m、15階建て、高さ85.5mのツインビル形式の超高層ビルで、オフィスを中心に、商業施設、ホテル、にぎわい施設、オープンイノベーションスペースなど多様な空間が開発されます。

また、横浜駅からのペデストリアンデッキを「グランモール軸」まで延伸させる形で一体的に整備し、新たな人々の流れを創出することとされています。




◆参考資料、引用元
「みなとみらい21中央地区53街区」の事業予定者に選定されました 延べ面積約18万m²の大規模複合ビルを開発
横浜市 みなとみらい21中央地区53街区の事業予定者を決定しました












■概要
・名称  みなとみらい21中央地区53街区
・計画名 みなとみらい21中央地区53街区
・name  Minato Mirai 21 central district 53 block
・中文名 港未来 21中心区53区
・所在地 横浜市西区みなとみらい五丁目1番
・階数  WEST棟:地上28階階建て
     EAST棟:地上15階建て
・高さ  WEST棟:153m
     EAST棟:85.5m
・構造  ---
・敷地面積 20,620.33㎡
・建築面積 ---
・延床面積 182,825㎡
・着工  2020年12月
・竣工  2023年11月
・建築主 大林組、京浜急行電鉄、新日鉄興和不動産、ヤマハ
・設計  ---
・施工  ---
・最寄駅 新高島、横浜
(2019年1月30日撮影)






みなとみらい21中央地区53街区の計画地位置図です。
歩行者ネットワークとしてみなとみらい21中央地区の拠点となる駅や施設を結び、人々の多様な遊歩空間を形成している「グランモール軸」と「キング軸」が交差する結節点に位置しています。









西側から見たみなとみらい21中央地区53街区の計画地の様子です。
現在は更地となっており、着工は東京五輪終了後の2020年12月となります。









南東側から見たみなとみらい21中央地区53街区の様子です。
すぐ隣接して北側では19階建て、高さ99.5mの「横浜グランゲート」が建設中です。









東側から見たみなとみらい21中央地区53街区の計画地の様子です。
フロア構成は、WEST棟は1階に駐車場、店舗、オープンアトリウム、2階に店舗、オープンアトリウム、3階にカンファレンス、小ホール等にぎわい施設、4階に全体共用、5~8階に自社オフィス、9~24階に賃貸オフィス、25~28階にホテルが入ります。

EAST棟は1階に駐車場、店舗、2階に店舗、3階にオープンイノベーションスペース、オフィス、店舗、4~15階にオフィスが入る構成となっています。









参考資料から拝借したみなとみらい21中央地区53街区低層部分の完成予想パースです。
低層部分は大型のガラス張りが特徴的な外観となります。









参考資料から拝借したWEST棟とEAST棟の間に整備される大屋根空間やテラスの完成予想パースです。


整理番号B-0815-01予約更新
スポンサーサイト
広告

0 Comment

Post a comment